ジーフットのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ジーフット について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 83件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.9 29.7 52.7
平均給与(万円/年) 366.9 440.2 46.1
有給休暇消化率 38.3 50.1 46.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

ジーフットに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ジーフットと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ジーフットの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤怠管理もわかりやすく、PC管理でサービス残業もありません。

voice

イオンの店舗に入る場合は、専門店なので比較的ホワイトなので、23時以降の残業はありません。

voice

労働時間についても36協定を厳守するように言われています。

voice

シフト制なので、勤務時間は日によって異なり、夜遅くまで残業することはありません。

voice

残業時間は6協定を遵守しており、月45時間、年間360時間を上限としています。

voice

休日出勤も、新規オープンや人手不足の店舗を除き、残業としてカウントされます。

voice

労働時間はタイムシフト制で、残業代は5分単位で支給されます。

voice

関西圏では残業や休日出勤が多いと聞いたことがありますが、関東圏ではそうでもないようです...。ただ、営業やチラシの準備などで忙しく、定時で帰れないことは想定しておいた方がいいでしょう。

voice

残業は繁忙期にはたまにしかなく、勤務時間内に仕事をすることができました。

voice

仕事量を計画的にこなせれば、残業時間はほぼゼロに近い社員もいます。

voice

シフト制で、決められた日にきっちり休むことはできませんが、休日出勤するまでは誰も働いていないようでした。

voice

アルバイトスタッフが多いので、きちんと仕事を割り振って一緒に仕事をすれば、残業も少なく、プライベートの時間も確保できます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

近年では、有給休暇の取得を推進しており、有給休暇を取得しやすい環境を整えている。

voice

有給休暇や連休などの休みが取りづらかった。

voice

なぜか有給休暇は年4回までしか取れないと言われ、仕事のスケジュールを見てみると、休みのところで勝手に有給休暇が使われていました。

voice

繁忙期でなければ、ほぼ100%消化できる。

voice

他のレビューサイトでは、毎年消化できる店もあるようですが。

voice

店舗スタッフが複数名いるので、よっぽどのことがない限り、スムーズに病休を取得することができました。

voice

有給休暇とある程度の時間があれば、保険などの福利厚生も充実しています。

voice

フレックス社員...10日間の有給休暇を取得できます。

voice

定年後の有給休暇取得についての説明がなく、その部分が残念でした。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ジーフットの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業は常に給料に反映されていたので、全く問題ありませんでした。

voice

ある程度の資格になると、給料を出すのが難しくなります。

voice

出勤しても残業代が出るので不満はなかったのですが、管理職以上は残業代が出ないので、月に3.4日の休みが取れました。

voice

基本給が低いため、残業削減が激しい地域は給与にも影響します。

voice

販売規模手当や役職手当がないため、担当業務が増えても入社時とほぼ変わらない。

voice

若くして店長に昇格するのは大変だと思います。

voice

資格を取ると給料はどんどん上がっていきますが、一生管理職になる人もいると思います。

voice

アルバイトの店長や副店長の場合、ボーナスが出ることもありますが、3~5万円程度です。

voice

アルバイトの昇給はありますが、もう少し時給を上げた方がスタッフのモチベーションが上がると思います。

voice

年功序列はないので、昇給は自分で資格を取った場合のみ。

voice

どんなにきれいな売り場でも、いくら売上があっても、給料やボーナスに反映されないので、仕事へのモチベーションを維持するのが大変でした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ジーフットはどうでしょうか。

voice

各店舗の人手不足が深刻な中、急な指示やイベント開催を余儀なくされ、残業や連続勤務は大変です。

voice

この仕事をしていて一番感じるのは、店舗によって違いますが、大きな店舗になるほど、商品が入ってきたり、セールの準備をしたりするので、体力的な疲労が大きいという印象です。

voice

女性スタッフといえども、開梱や商品整理などの肉体労働が意外と多く、接客やレジ業務だけではありません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

イオンにはパワハラの相談窓口があるので、ひどい上下関係が精神を蝕む可能性は低いと思います。

voice

イオングループなので、セクハラには厳しく、パワハラはありません。

voice

セクハラ対策は万全ですのでご安心ください。

voice

セクハラなどのコンプライアンス面も急速に改善されています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

精神的にも強くないと厳しい会社でした。

voice

スタッフは20代が多く、各支店の支店長は比較的若くて体育会系の方が多く、新人には適当に接したり、怒鳴ったりすることもありました。

voice

年に数回、よくわからないキャンペーンがあったり、会社がノルマに厳しくないのか、数字が強いと言われるのはこの時だけかもしれません。

voice

OJTはなく、見て聞いて覚えるという体育会系の伝統があります。

voice

今は制服もあり、ABCマートになりつつある感じですが、相変わらず非正規にはノルマはないようですし、アパレルのバイトをしたいなら楽でいいですね。

voice

お店全体の個人ノルマがないので、販売に関するギクシャクした人間関係はありません。

voice

人間関係も悪くなく、ノルマもなく、気持ちよく働くことができました。

voice

(繁忙期などは仕方ないですね)また、ノルマなどはないと聞いていましたが、実際にはキャンペーン期間中に個人予算が設定されていて、ほぼノルマのようなものでした。

voice

1日100万以上の売り上げで忙しいところもありますが、基本的にノルマはなく、私がいた頃は私服で仕事をしていました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

迷惑な居残りやパワハラなどはありませんでした。

voice

退職理由は、社内環境ではなく、自分の家庭の事情によるものでしたが、直属の上司、マネージャー、当時の部長などが、私のことを応援してくれていました。

voice

仕事自体はやりがいがあって楽しかったのですが、どんなに頑張っても店長やエリアマネージャーになってしまうので、将来に不安を感じて退職しました。

voice

本社で働いている人は世の中忙しいのはわかるのですが、退職手続きに必要な書類がギリギリで届き、記入して返すのが大変でした......。記入して返すのが大変でした。

voice

年明けに結婚して子供ができた人も結構いましたが、退職というよりは仕事を続けている人が多いようです。

voice

働きやすく、雰囲気も良かったのですが、4年近く営業をしていて、他の業種を経験してみたいと思い、退職を考え、会社と相談して退職しました。

voice

退職金制度の詳細がわかりにくいのをどうにかした方がいいのではないでしょうか。

voice

以前住んでいた場所から離れた場所に配属されたことと、店長をしていたため長期休暇が取れず、ワークライフバランスが取れなかったため退職を考えています。

voice

上司の中には、嫌味を言って辞めるのを我慢している人もいて、あまり気持ちの良いものではありませんでした。

voice

私が退職したときは、組合員でも非組合員でも同じように扱われました。

voice

退職の書類も大雑把なものしか書かれておらず、ここから人事に連絡しないとわからない。

voice

福利厚生を利用する人が少ないからなのか、忙しいからなのか、結婚や出産を機に退職した人や、店舗で働くアルバイトになった人が多かった。

voice

私が独身の頃はせいぜいでしたが、結婚して子供ができてからは、退職する人の割合が格段に高くなりました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。