オークローンマーケティングのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに オークローンマーケティング について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 50件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 愛知県平均 偏差値
平均残業時間(月) 18.1 29.7 54.6
平均給与(万円/年) 514.2 398.3 58.3
有給休暇消化率 72.0 45.2 57.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある愛知県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。オークローンマーケティングの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与については、固定給+インセンティブですが、会社の状況に応じてインセンティブ制度が頻繁に変わります。

voice

給与面では、男女差はなく、女性でもかなりの高給を狙えると思います。

voice

夏季ボーナスや冬季ボーナスはなく、業績連動ボーナスはあるが、業績が悪いと支給されない。

voice

新入社員には手厚い待遇があるが、数年後には補助金が減り、手取りが減る。

voice

経営判断でシステムがハングアップした際には、ボーナスがカットされ、さらに残業が禁止されました。

voice

数年前から経営者にボーナスが支払われておらず、経営が安定していない。

voice

給料が少し低いので、東京で働くのは大変そうです。

voice

休暇や給料の面では、とても理想的だと思います。

voice

新卒でキャリアマインドの強い人は、3年目、4年目で手取りがキャリア初期の頃よりも少なくなるので、転職を考えると思います。

voice

実力主義、頑張れば給料は上がるが、仕事量は他の人の数倍になる。

voice

ボーナスは年1回の業績連動型のため、上場企業に比べて支給額はやや少なめだが、制度改正に積極的に取り組んでいるため、短期間で改善する可能性は十分にある。

voice

本業はテレビショッピングだったので、ヒット商品(ヒット商品)が売れた時は会社としては非常に利益が出て、会社は金銭的なボーナスという形で社員に還元していたのですが、浮き沈みが激しく、年によって収入に大きなばらつきがありました。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。オークローンマーケティングの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

忙しさは部署によって異なり、残業時間が長い部署もあれば、そうでない部署もあります。

voice

管理職の方は残業が多い印象がありました。

voice

残業は他社に比べてあまりないと思います。

voice

部署や上司にもよりますが、基本的には急な病気や家族の都合で柔軟に休むことができ、残業もあまりしない傾向にあったので、ワークライフバランスは良かったと思います。

voice

人手が足りない場合は、残業や早出、休日出勤などを求められますが、それに応じるかどうかは自分で決めることができます。

voice

専門知識のない人が多く、その人たちが長く働いているので、無駄な残業が多い。

voice

30代後半になってから辞めざるを得なくなり、遅番や夜更かしで体調管理が難しくなってきました。

voice

私の部署では残業はほとんどありませんでした。

voice

深夜勤務のため、若くない人には体力的にきついかもしれませんが、私の深夜勤務の希望を可能な限り受け入れてくれて、職場に偏りがないように配慮してくれました。

voice

残業時間の長さも評価(相対評価)ではかなり重要で、デメリットになります。

voice

残業が多かった人は、上司を通じて、あるいは人事部が直接面接したケースもあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

部署にもよると思いますが、有給休暇の取得率は高いのではないでしょうか。

voice

日数は法律に沿ったものですが、他の会社に比べればかなり楽な環境だと思います。

voice

有給休暇や休暇も取りやすく、仕事さえしっかりすれば、ワークライフバランスが取りやすい環境です。

voice

新卒1年目から10日間連続で有給休暇を取得でき、(部署や忙しさにもよりますが)好きな時に休むことができます。

voice

部署によって違うと思いますが、私が働いていた部署では、明日私用で休もうと思えば前日に休むことができました。

voice

シフト勤務のため1ヶ月前までに連絡が必要ですが)全社的に有給休暇の取得率が非常に高いと聞いています。

voice

旅行のために休みが必要な方、お子さんがいる主婦の方、介護が必要な方、持病のために通院が必要な方など、状況に応じて休みを取ることができます。

voice

有給休暇のほか、年間3日(?)の家族支援休暇を取得できます。

voice

有給休暇は役割にもよると思いますが、多くの人が好き勝手に取得しているようです。

voice

有給休暇もそれなりに取れますし、フレックスタイム制なので、極端に言えば週120時間の勤務も可能なので、とても働きやすい環境だと思います。

voice

残業もほとんどなく、有給休暇も取りやすい会社です。

voice

有給休暇もその日のうちに取得できるので、働きやすさに関しては申し分ないと思います!また、生理休暇も早めに取得できます。また、欠勤や生理休暇の早退も可能です。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。オークローンマーケティングはどうでしょうか。

voice

私が幸せだったのは、自分の管轄下の部署を担当している上司がいて、その上司も自分で考えて行動してくれた時だけで、それ以外の時はただの居座りタヌキで惨めだった。

voice

ラッシュ時の通勤時間帯を避けて通勤できるので、精神的にも肉体的にも負担を感じることはありません。

voice

どうやってやっているのかはわかりませんが、某男性コムはほぼ100%定時退社でジャストタイムで退社することさえできます。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

仕事を依頼した際に、陰口を言われたり、失礼なことを言われたりするのをよく耳にしていたので、ビジネスマナーが悪いのではないかと思いました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

それなのに、同じ職場で同じ契約条件で同じ仕事をしている従業員が同じ仕事をしていて、Aさんはインセンティブをもらっていて、Bさんはもらっていない、というのは不合理でしょうか?

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

受注に特化していたので、アクセサリー受注のノルマはありましたが、それを達成していないから問題があったのではなく、単純にインセンティブがなかっただけです。

voice

社長や会長、親会社、官僚との物々交換など、利益が保証されていないのに政治のせいでやらざるを得ない仕事もあり、いつも特定の人にくっついていて、本当に嫌な気分になります。

voice

ノルマはありましたが、特に厳しくはなく、守らなければなりませんでした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

勤続年数が数ヶ月で、もらえる退職金が同じ会社経験の人の2倍くらい違っていたので、そこが不満です。

voice

良い年に在籍していれば問題ありませんが、外れた年の場合はリストラで難しいかもしれません。

voice

名古屋営業所では、約50名が一斉に人員削減され、会社都合で退職金が上乗せされていました。

voice

私は新規事業部に配属されましたが、激務の中で頑張りすぎて体調不良で残念ながら退職しましたが、社風や雰囲気は良いです。

voice

給料が激減したので退職を考えています。

voice

利益が出ていないため、早期退職を求めて再建を図っている。

voice

東京への移転に伴い、結婚して子供を持つ女性が大量に退職しましたが、それは仕方ないことだと思います。

voice

本社を名古屋から東京に移転すると同時に早期退職制度を実施。

voice

2ヶ月ほど前に退職説明会を受けましたが、人によって伝わり方や受け止め方が違う個別の説明だったので、退職を決意するまではとても不安でした。

voice

130名のオペレーターが会社都合で解雇されたが、福利厚生や有給休暇の取得など年末まで面倒を見てくれた。

voice

制度がどんどんなくなってきていて、同じ仕事量でも以前よりインセンティブが低くなっていたので辞めました。

voice

中途入社で前の会社から転職した人は、早期に仕事を諦めている人が多いです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。