東建コーポレーションのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 東建コーポレーション について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 98件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 愛知県平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.7 29.7 48.4
平均給与(万円/年) 477.0 398.3 55.6
有給休暇消化率 40.9 45.2 48.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある愛知県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

東建コーポレーションに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、東建コーポレーションと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇や土日祝もきちんと休みが取れるので、子育て中のご夫婦にも優しい会社です。

voice

有給休暇は非常に厳しい環境であり、私は病気によるもの以外はほとんど取得できないと感じています。

voice

有給休暇が取りやすいので、事前に計画を立てておくと良いでしょう。

voice

時間外労働の請求ごとに、終了予定時刻と理由を添えて、事前承認と事後承認が必要です。

voice

入社6ヶ月後に有給休暇を取得することができます。

voice

休暇制度は、有給休暇とは別に、勤続年数に応じて別途休暇を取得することができます。

voice

インセンティブは申請書を提出することで支給されるので、年々の収入のバランスが取りやすくなっています。

voice

休みの日でも、支店長や営業チームのリーダーから成果の問い合わせがあります。

voice

一度契約してしまえば、ノルマを忘れて有給休暇や有給休暇を取得でき、普通の会社では手に入らない海外旅行に行く人もいるほどの高額な収入を得ることができます。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。東建コーポレーションの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

定額以上の残業をした場合、別途残業代を申請する手間がかかるので、タイムカードなしで休日出勤するのが普通でした。

voice

残業は極力避け、本社からの指示時間を厳守しています。

voice

営業職以外の人に残業代がきちんと支払われていたことは評価できるが、みなし労働制の下では営業職にサービス残業が蔓延している。

voice

私が入社した7年ほど前は、休日出勤が当たり前で、場合によっては12時に残業することもありましたが、1年ほど前に労基署から是正勧告を受けてからは、会社全体できちんと休むように指導され、今では日・月・祝はいつでも休めるようになりました。

voice

定時については、22時以降は残業できない制度があったので、過度な残業はありませんでした。

voice

基本的に残業がない日はないので、子育て中の女性は家を空けることが多いので、一人で働くのは難しいですね。

voice

時期によっては残業が多いですが、しっかり仕事をしていれば大丈夫です。

voice

残業はせいぜい月10時間以内で、上司の理解があれば積極的に休むことができます。

voice

残業もほとんどなく、とても良い環境でした。

voice

会社からは残業するように指示されているが、実際には上司の采配次第。

voice

いつも夜遅くまで仕事をしていたので、残業が多くて疲れました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。東建コーポレーションの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

成果が出ていない社員にも少額のボーナスが出ると思っています。

voice

年1回の契約かどうかで給与やボーナスがかなり変わります。

voice

半年以上先の見通しが立たないと罵倒されそうだが、それに耐えられるだけの精神力があれば給料はもらえるだろう。

voice

1年契約しないと給料が少し下がるという噂は聞いたことがありますが、練習で1年続けた人はほとんど見たことがありません。

voice

ボーナスがないという人も多いです。

voice

最初の3ヶ月間は、預金として5万円ほどのお小遣いがありました。

voice

良い結果を出すことができれば、お給料にも反映されるので、しっかり稼げるようになります。

voice

年齢の割には給料が良いので、辞めたくないと思っていました。

voice

基本給は少ない方だと思いますが、歩合給の割合は高いです。

voice

インセンティブは良かったのですが、基本給が非常に低く設定されていて、調整や各種手当もありました。

voice

1件の契約が取れれば稼げますが、その1件の契約は大変な仕事で、平均給料は非常に高いのですが、700万円の給料を得るためには平均2件以上の契約が必要ですが、初年度に2件の契約が取れる人が20人いても1人しか取れず、ほとんどの人が1件も取れずに辞めてしまいます。平均して、新入社員の約5人に1人が契約を乗り切る。

voice

私の年収は13万円、残業代10万円、ガソリン代5000円、役職手当0円、能力手当4万円の合計約27万5000円で、最初の半年は無職フロアにいるので。

voice

どんどん受注していけばお給料にきちんと反映されていくので、本気で稼ぎたい方にはぴったりの会社です。

voice

建物の価値の2.1%程度の給料が貰えるなら、お小遣いも嬉しい。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

些細なミスでも2時間の説教があります。

voice

契約書や契約書がないと、ぼったくられてしまいます。

voice

自社施工のマンションの稼働率が下がると、厳しい叱責があり、他の物件に目を向けなくなります。

voice

7年ほどマンションの施工管理をしていたが、売上不振のため、案件がほとんどなくなり、建築部門から営業部門への異動を余儀なくされた。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。東建コーポレーションはどうでしょうか。

voice

私は比較的優遇されていたので、どこかのサイトのように自分がブラックだとは感じませんでした。

voice

これを当たり前とする企業文化があり、根本的にブラックなのです。

voice

いや、社員はこの会社のように若い頃から異業種から転職してきた、いわゆる使い捨ての営業マンと、夢や目標を持っていて、そのためにお金を稼ぎたいと思っているので、そこにたどり着くまでの一時的なその場しのぎの仕事だと思っている人とに分かれます。私はやりがいを感じず、自分のやりたい仕事を精一杯楽しんでいます。

voice

労務管理の面では典型的なブラックです。

voice

いわゆる「使い捨て営業」の仕事をしていたので、ブラック企業のブラックさには慣れていましたが(笑)、入社してすぐに感じたのは、業界大手で東証一部上場企業であるにも関わらず、教育レベルがかなり低いということでした。

voice

タイムカードはなく、定刻には閉まるが、夜の訪問があり、帰宅時間はバラバラ。

voice

年収600万は当たり前、年収800万以上はあるが、過酷な仕事とプレッシャーに耐えられるかどうかが肝心だ。

voice

トイレなどもあるので、女性にはかなり厳しいです。

voice

お客様との打ち合わせに時間がかかってしまうと、他社で働いていて時間通りに起きている友人が22時などに起きてしまうこともあり、ついていくのが大変になってしまう気がします。

voice

決められた時間内に仕事が終わるのは嬉しいのですが、予定が詰まってしまい、仕事を持ち帰らなければならない日が多々ありました。

voice

休日や定時に関係なく出勤している営業の方が多かったです。

voice

夜間に入居者から緊急の電話がかかってくる可能性もあり、管理者にとっては精神的な苦痛となることもあります。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、東建コーポレーションではどのような現状でしょうか

voice

社内の人間関係が疲弊して鬱病の人が何人か在籍していたのを覚えています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

昔と違って、心配したほどのパワハラ、モラルハラスメント、セクハラはなく、社内では聞いたことがありません。

voice

営業の仕事なので、工程のノルマや納期はありますが、パワハラに敏感な会社なので、無茶なプレッシャーはありません。ただ、提案内容が高額なので、本気で取り組んでいてもなかなかご縁がないこともあります。

voice

残念ながら、パワハラが多く、営業手法に問題がある人が多いようです。

voice

ノルマは厳しく、パワハラもあり、いわゆるブラックの要素もあるので、入社時にはそれを覚悟しておいた方が良いでしょう。

voice

パワハラや労働環境はだいぶ改善されてきましたが、目に見えないパワハラや労働はまだまだ続いているのが実情です。

voice

パワハラやセクハラが厳罰化されることはほとんどないと言っていいと思います。

voice

パワハラやセクハラはないが、やはり営業なのだから、女性でも結果が出なければ追及されるのは当たり前。

voice

面接では、上場企業らしく礼儀正しく、挨拶も丁寧で好感が持てましたが、入社後は一部の管理職のパワハラがかなりのものでした。

voice

上司の気分にもよりますが、1日1時間から4時間ほどパワハラ的な指導を受けていました。

voice

扱う商品が「マンション・アパート」であるため、単価が数千万単位になるため契約までに期間がかかり、その間に繰り返されるパワハラやセクハラに耐え、モチベーションを維持しなければなりません。

voice

一時期、命令を受けられない社員は上司の圧力で休日出勤を余儀なくされていましたが、パワハラ対策として本社からの指導により改善されています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

上下関係は厳しいですが、数年前にパワハラ問題があったので、今の方が昔よりは働きやすいのではないでしょうか?全く契約が取れない場合は3年後に退職勧奨がありますが、基本的には真面目に働いていれば3年間は契約が取れないことはないので、真面目に粘り強く働いていれば、とても良い会社だと思います。

voice

ストレスを溜め込まない姿勢と自己管理、根気と運があれば、高収入を得ることができます。

voice

ベタベタな先輩や性格の悪い上司がいっぱいいて、その人たちが体育会系の役回りをしていて、とてもクセのある会社です。

voice

365日打数が増え続けるスカウトはブラックな練習という印象が強いので、今でもやっているということは、組織的にも経営的なビジョン的にも昭和の一軍に似ているとは思えない。

voice

代休はなかなか取れないし、今でも上司に精神的な指導を受けて振り回されています。

voice

上昇志向、協調性、積極性、そして鈍感なメンタリティがなければ、営業職にはなれません。

voice

最初のうちは男性社員ばかりで、体育会系の雰囲気だったので慣れるまでに時間がかかりました。

voice

知名度が高いので不動産が好きな人にはいいかもしれませんが、体育会系でない人には厳しいかもしれませんね。

voice

今でも体育会系の営業手法を使っていて、過去の先輩の話を聞かされますが、現状とはかけ離れているので、改善した方がいいと思いました。

voice

日焼けやボディタッチを気にしない体育会系女子であれば、知識が豊富なので仕事には向いているかもしれませんね。

voice

本当に体育会系の会社なので、ノリについていける人はいいですが、中途入社でもノリについていける人、自信がない人はやめたほうがいいですよ。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職の理由は、お金だけでは充実した人生を送ることはできないということを実感したからです。

voice

辞める理由はいろいろあると思いますが、私の場合は24ヶ月分の未発注案件があったことと、最後の最後に賭けていた案件をSハウスに取られてしまったことが原因でした。

voice

従業員を切り捨てたり、判断が早く、転勤や自主退社を余儀なくされたりする。

voice

たくさん稼いですぐに退職してしまう社員が非常に多い。

voice

営業力は必要だが、物件の地域性を考慮していないという社風に惹かれ、退職を決意した。

voice

以前は、契約が取れないと会社に残れず、辞めていく人が多かった時代もありましたが、今では、誰も辞めないように丁寧な教育と育成に力を入れているそうです。

voice

オーナーとしての立場を考えると、大きな投資をしているから長く付き合っていけるのかな?結婚して引退するのかな?といった不安要素があったと思います。

voice

仕事量が年々増えており、退職者も多く、バランスを取るのが難しいため、退職を検討している。

voice

早期退職を防ぐために、新卒者はより稼げる支店に配属される可能性が高くなっています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。