ベネッセコーポレーションのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ベネッセコーポレーション について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 269件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 岡山県平均 偏差値
平均残業時間(月) 35.9 29.2 47.4
平均給与(万円/年) 640.1 364.4 71.7
有給休暇消化率 50.6 39.8 53.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある岡山県のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

ベネッセコーポレーションに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ベネッセコーポレーションと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

更新時期が近づいてくると、無理なシフトを要求されて退職するように言われました。

voice

当時は諦めていた部分もありましたが、途中で退職することになり、有給休暇を取らせてもらえなかったので、その後はちょっと困ったことになりました。

voice

辞めた理由は、上司とのミスマッチ。

voice

私が退職した理由の一つに、この会社では今の自分のやりたいことをやるのが難しいと感じたことがあります。

voice

退職を考えていた時に人事の方に相談したのですが、ほとんど理解してもらえなかったのが少し残念でした。

voice

会社を辞めてしばらくしてから再度面接を受けましたが、その時は不採用でした。

voice

過去には上場のタイミングで多くの退職者が出ており、30代前半の次の年は40代の歴史があります。

voice

退職するまでは、上下関係もなく、自由に意見を言える雰囲気でした。

voice

入社した当初は、仕事に意欲的に取り組んでいましたが、だんだんと疲れがたまってきて、もう一回やってみようと思えなくなり、退職しました。

voice

このような正社員登用に必要な要素が高いため、退職しました。

voice

大きな組織の中で働いているような気がして、今後のキャリア形成に不安を感じたのが退職理由ですが、社員の方々はフレンドリーで、毎日楽しく働けていました。

voice

派遣社員として働いていたため、契約終了時には辞職せざるを得なかった。

voice

元同僚から聞いた話では、流出後、会社の将来への不安が大きく、退職者が続出したそうです。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ベネッセコーポレーションの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間と勤務地が大きな要因となります。

voice

平日の昼間は通常の営業活動をして、夕方には会社に戻って打ち合わせをしなければならないので、残業時間が非常に長かったです。

voice

標準的な勤務時間は7時間で、残業も多く、残業代もしっかり支給されるので、手取りは比較的高いです。

voice

昨年までは、残業代の代わりに他の勤務日の時間調整がありましたが、今年はそれがなくなりサービス残業となりました。

voice

労働時間は不規則で、残業も多く、心身の不調に悩む人も少なくありませんでした。

voice

部署単位のノー残業デーは形式的なものであり、もっと徹底した呼びかけと執行が必要だと思います。

voice

平均的なママでも、家に持ち帰ってサービス残業をしないと社員の仕事量をこなすことができないのが現実問題。

voice

残業は職種にもよりますが、私の場合は非正規社員ということもあり、残業はほとんどありませんでした。

voice

仕事量が多く、9時過ぎまで残業していたので、若い頃はプライベートとの両立が大変でした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇はあまり取得することはありませんでしたが、積極的に取得しようという雰囲気があり、やむを得ず仕事が忙しくなる繁忙期以外はとても使いやすかったです。

voice

女性のための有給休暇の取得やワークライフバランスに積極的に取り組んでいます。

voice

事前申請、事後申請、時間申請、休憩申請、旅費申請、経費申請、一日の作業報告など、すべて別の申請で行う必要があり、予定時間内に作業が終わらないのが実情です。

voice

会社では会議が多く、繁忙期には会議が続き、その準備に追われてなかなか休みが取れませんが、計画的に計画を立てれば年間を通して有給休暇が取りやすいです。

voice

有給休暇などは比較的取りやすかったが、残業は手厚い印象。

voice

そもそも消化できるかどうかの規定にもよるので、それを満たしていないと消化するのが大変でした。

voice

管理能力の高い人は、仕事量や進捗をコントロールしやすく、長期休暇を取得することでワークライフバランスを調整しやすい。

voice

ワークライフバランスの観点から、月に最低12日の有給休暇を取得し、5年に1度5日の特別休暇(数万円で取得可能)を設け、全社員にリフレッシュのための休暇を与えている。

voice

振り替え休日や有給休暇の申請は、自分の仕事との調整ができれば簡単にできます。

voice

社内のイントラネットサイトから簡単にアクセスして応募することができます。

voice

有給休暇も契約満了前に取得することができました。

voice

子持ちの社員も多く、教育関連、緊急時の休暇、妻の健康問題による臨時休暇など、子どものための有給休暇は非常に取得しやすいです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ベネッセコーポレーションの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業もきちんとしていて、ボーナスもあり、正社員になれたらかなり安心できる会社だと感じました。

voice

残業代はやった分だけ全額支給されますし、若いうちは給料が出やすいので、自分の年齢層よりも高いと思います。

voice

年収や福利厚生が悪化しても、教育に携わるということにこだわりを持っている人も多いようです。

voice

2015年からは成果主義のボーナスはありませんでしたが、2年目からは基本給の3ヶ月分くらいはもらえるので、海外の長期休暇に行く仲間も多かったです。

voice

基本給はあまり高くないし、退職金も年度末に一部分割されるので、老後はあまり期待できないので、自分のお金をしっかり貯めて運用しておかないと、退職後に困ることになります。

voice

給料がそれなりに高いので、ネガティブなレビューを気にする人はいません。

voice

仕事ができればできるほど、若者の育成を任され、それが給料に反映される。

voice

給与、ボーナス、福利厚生、その他諸々に大変満足しています。

voice

給与については特に不満はなかったのですが、数字が出なかった人はその分だけボーナスに影響が出ると聞いていました。

voice

給料は安い方だったかもしれませんが、金額は規定通りだったので、入社前の給料とのギャップは特にありませんでした。

voice

ANAのグループ会社なので、給料に不満はありませんでした。

voice

ボーナスも含めて給料が高いので、仕事は厳しく忙しいが、自分の趣味などにお金をかける余裕がある。

voice

昇給は全くなく、年休もほとんど取れませんでした。

voice

基本給18万円+勤務手当10万円で何時間でも働いていただきます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ベネッセコーポレーションはどうでしょうか。

voice

もちろん部署によって違いはありますが、それでも一般の方ほどブラックではないと思います。

voice

打ち合わせが異常に多いため、個人的な仕事をする時間はいつも定時後から。

voice

転職が当たり前になり、精神的な負担が大きい。

voice

派遣社員やアルバイトの方は、基本的に定時に帰宅することができます。

voice

営業部門に関しては、ライフワークバランスはほとんど存在しないと言っていいでしょう。

voice

キャリアアップしたい人には良いのですが、ワークライフバランスが仕事に傾いているので、体力的にも精神的にも大変です。

voice

子供が小さいので仕事を持ち帰らなければならないのは大変ですし、時間通りに帰ろうとすると仕事が溢れてしまいます。

voice

若い頃から早くから権限を委譲されていて、やりがいのある仕事でしたが、ライフワークバランスが取れていなかったように思います。

voice

派遣社員の間には、部署によっては定時退社を許可する部署と許可しない部署があり、大きな差があります。

voice

情報システム子会社も岡山に常駐しているため、打ち合わせなどの出張が多く、日帰りなので体力的にも精神的にもきついです。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、ベネッセコーポレーションではどのような現状でしょうか

voice

残業は天井だから、やればやるほど給料は上がるけど、精神的に弱い人は休職して辞めてしまう...。

voice

ノイローゼになった後輩をさらに追い込む。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

中には陰湿なことをして休む人もいました。休む前に、私の前に立って泣きながら「休むことを許してください」と言ってくれた人がいて、遠方の部署なのにゾッとしました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

ハラスメントに厳しい会社なので、働きやすい職場だと思います。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

私は運が良かったのか、周りの社員の多くが仕事を投げかけてきて、ミスをしたら叱責していたような気がします。

voice

当時はかなりの数の非正規社員がいましたが、正規社員からの無理な要求はなく、仕事の成果を認めてもらえました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

パワハラやセクハラ、残業が多く、日常的に精神的なダメージを受けています。

voice

もう少ししっかりとしたブランドイメージを体現している人が近くにいると心強いのですが、年齢層は各部ともしっかりしていて、ある意味では体育会系です。

voice

病気になったり、精神的に病んだりする人は必ず一定数いる。

voice

メンタルブレイク率はかなり高いので、合わない人は個人差があると思います。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

子どもたちの将来の力になれると思うと励みになります。

voice

学閥も表向きは存在しないと公言しているが、実際には横行しており、一部の大卒者だけが優遇されていることが多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。