個別指導塾スタンダードのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 個別指導塾スタンダード について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 121件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 福岡県平均 偏差値
平均残業時間(月) 30.5 30.6 50.0
平均給与(万円/年) 324.9 361.6 47.0
有給休暇消化率 21.1 40.1 44.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある福岡県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。個別指導塾スタンダードの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

仕事の関係で夜遅くに帰宅するのが心配な方もいらっしゃると思います。

voice

固定残業時間を超えるとマイナス評価となりますので、勤務時間内に仕事を終わらせることを意識する必要があります。

voice

残業が多く、毎日終電で帰ること、仕事量が多いこと、部署異動が多いこと、キャリアを重ねるごとに労働時間が長くなっていくことに不満を感じ、退職を考えました。

voice

当時は「教室長の給料には残業代が含まれている」というルールだったので、月末になると自動的に残業代がゼロになる勤怠システムに書いても、最後まで残業しても特に収入が増えることはありませんでした。

voice

残業をすると人事評価が下がるので、サービス残業をするしかない。

voice

結婚したら残業や休日出勤が多くて辞める人が多い。

voice

教室の規模が大きくなればなるほど仕事量が増えるため、残業や休日出勤を自主的に行っている生徒もいます。

voice

講師不足のため、教室長が授業に出ることが多く、授業後に仕事をしなければならない場合は、残業時間がかなり長い。

voice

小規模な教室(50人以下)であれば、比較的働きやすく、残業もほとんどありません。

voice

一定の質を確保するために、生徒がいる時間を生徒指導や教員研修に充てているため、その他の事務作業は残業時間内に行われている。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇を取得している人もいれば、病気で休む人もいますが、基本的には休んでいる間に自分の仕事を後回しにしなければならないので、学校の休み以外で休むのは難しいです。

voice

年間休日が100日も取れないし、有給休暇もほとんど取れないので、厳しい環境だと思います。

voice

4月、5月の有給休暇は比較的取りやすいようですが、代わりの人がいないと取らせてくれません。

voice

現役時代は有給休暇を使う余裕がなかったのですが、退職時に溜まっていた分はなんとか使っていました。

voice

有給休暇を取ろうとしても、休んだ日にも教室の運営を補う人がいないため、自由に取得できない社員がほとんどです。

voice

有給休暇を使いたくても、あまり認めてくれないこともあるようです。

voice

繁忙期(夏期講習・冬期講習)は原則として有給休暇を取得できないことを経営者から知らされていたため、社員が萎縮している。

voice

有給休暇制度はありますが、自由に使えるわけではなく、会社の裁量で使いますが、休日出勤した日を有給休暇として使うので、有給休暇とは言えません。

voice

有給休暇は申請すれば取得できますが、繁忙期は人が少ないので通らないこともあるようです。

voice

日曜と月曜が休みなので、塾業界の中では1日でも休めると思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。個別指導塾スタンダードの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

昇給がないため、3.4年で辞める人が多い。

voice

労働時間が給料に見合っているとは思えない。

voice

真面目に仕事をしていても、ボーナスはほとんど出ません。

voice

福利厚生や基本給が何度も変わっているので、とても心配です。

voice

3年目以降は店長として複数の拠点を持つことになりますので、それに応じて給与も上がっていきます。

voice

人事考課でまぁまぁの評価を受けても、一ヶ月分の給料にもならない。

voice

地域手当もあるので、生活に困ることはなさそうです。

voice

給料が上がらないので、モチベーションを維持するのが難しい。

voice

売上達成率や教室の規模によってボーナスが決まるが、数字によっては年間で1ヶ月分以下になることもある。

voice

一定期間で基準を満たさないと、全国で働くことができなくなり、必然的に給料が下がってしまいます。

voice

生徒数の少ない教室では、良い結果が当たり前のようにボーナスが少なく、生徒数の多い教室では、膨大な量の審査をする価値がありません。

voice

分の報酬がないので、生徒が増えれば増えるほど業務はタイトになります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。個別指導塾スタンダードはどうでしょうか。

voice

やれと言われても、この過酷な労働条件ではついていけません。

voice

正社員はかなり厳しい生活をしていました。

voice

教育業界に内在するブラックさを覚悟しておいた方がいい。

voice

定時制は最後の授業が終わってすぐなのですが、実際は子供やアルバイトの学生が帰ってからなので、遅刻してしまいます。

voice

どのような職業でもそうですが、ホームページに掲載されている時間通りに仕事を終わらせることができるとは限りません。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、個別指導塾スタンダードではどのような現状でしょうか

voice

落ち込んだ社員には運動会でお笑いネタを見せ場としてやってもらっています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

セクハラ、パワハラ、モラハラは挨拶代わりで、元々は相手がどれだけストレスに耐えられるかの指標として使われていましたが、それを真似した新参者は自分の不満を解消するための手段に過ぎなくなっています。

voice

運動会の方が面白いからと無断で2日開催し、2日目は無給で強制的に参加させたこと、法に抵触しないように参加させるために労働者が加担していたこと、上層部の不誠実さ、セクハラや障害者虐待にも似た全社会議の見世物。

voice

常務がパワハラ事件を起こしていたこともあり、上場するのは難しいでしょう。

voice

私の大学では、この会社から内定をもらった学生が嫌がらせを受けて内定辞退に追い込まれたと就職課から警告を受けました。

voice

パワハラ等の事例が少なく、同業他社に比べて若手社員が多い。

voice

数年前までは九州で働きたい企業の上位にランクインしていたが、昨年の専務の新卒嫌がらせ事件以降、離職者や内定辞退者が増え、人手不足が慢性化しており、会社に未来はない。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

ハウススタディやスタネットと呼ばれるサービスを強制的に契約させられ、お金を取られているという苦情を聞いており、改善すべきだと考えています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

周りには若い人が多いので、体育会系の雰囲気があり、そういうのが得意な人には居心地の良い会社かもしれません。

voice

新規契約者数に比例して講師数が増えていない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

12月の調査では、部門長に退職理由を聞く予定なので、不満があるときには言いやすくなるだろう。

voice

退職を決めた理由は、給料などの待遇が少なく、仕事に見合っていなかったことと、ボーナスがなかったことです。

voice

退職してからしばらく経っているので、今はどうなっているのかわかりませんが、当時は準備期間が足りないまま初対面の生徒さんと会っていたので、結果的にコースの価値を確認することすらできませんでした。

voice

火災事件の影響で大量の退職者が出たため、その穴を埋めることができず、1人の職員が2~3教室を運営するのが当たり前になっています。

voice

以前は1教室につき1名の教室長が常時配置されていましたが、職員の退職者が多く、その状況を維持できなくなってしまいました。

voice

幹部が現場を理解しておらず、従業員を軽視しすぎていると感じ、退職した。

voice

その結果、人手不足と一人当たりの仕事量が増え、その結果、離職者が増えて人手不足と一人当たりの仕事量が増えるという悪循環に陥っています。

voice

売上目標があり、生徒や保護者との面談では、必要以上に授業を受けさせられたり、使っていない教材を買わされたりと、教育者として違和感を感じ、退職を決意しました。

voice

会社での打ち合わせの時以外はほとんど教室で自分のペースで仕事ができたので自分でまとめていくスタイルが好きだったし、カウンター営業のスタイルや仕事内容も好きだったのですが、方針や労働条件が大きく変わったことや、進路が決まらなかったことが理由で退職してしまいました。

voice

退職者のカバーや新規出店など、現場の現状を知らずにスタッフを配置しているため、明らかに仕事が間に合わなかったり、一人の能力の範囲内に収まっていなかったりします。

voice

組織改編により、生徒の現状が理解できなくなり、適切な教育を考えることができなくなったため、辞職しました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

目の前に生徒がいるからこそ、仕事を続けられたのですが、人材不足でそうはいかなくなってしまいました。

voice

塾と聞くと、何かを教えるのが仕事のような印象を持たれがちです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。