株式会社ニスコのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社ニスコ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 8件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 北海道平均 偏差値
平均残業時間(月) 47.9 29.4 43.5
平均給与(万円/年) 278.8 357.3 43.5
有給休暇消化率 3.9 42.2 39.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある北海道のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社ニスコの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業代...。というか、残業という概念がありません。

voice

まず、支払うべき残業代が支払われていない(残業自体はかなり多い)。

voice

仕事が終わってからの指導や会議で拘束され、夜遅くに帰宅することが多かったです。

voice

自分のやりたいことは比較的自由だと思うのですが、単純に人手不足で自転車操業なので、授業の消化や事務処理(それすらも終わらないのでサービス残業か持ち帰り残業)が大半を占めています。

voice

長時間労働の可能性があり、残業代は支給されません。

voice

早朝からチラシ配りの営業活動があり、午後からの勤務もありますが、実際の勤務時間は不規則です。

voice

チラシ配布やポスティングなど、会議や屋外での長時間拘束時間があります。

voice

残業が多すぎて私生活が維持できなかったが、それに見合った昇給や昇進の可能性がなく、将来性を感じずに退職した。

voice

土日や研修中は12時間労働に近く、残業代も出ないので、給与は全く仕事量に見合っていない。

voice

学生のために働くのが仕事だからといって、残業代のことを考え始めるのはやめたほうがいいでしょう。

voice

残業代や残業代はありません。

voice

休日出勤や残業代はありませんでした。

voice

学校にありがちなサービス残業がほとんどなかったのはとてもありがたかったです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の申請方法を教えてくれないので申請できず、連休に勝手に有給休暇を使わされています。

voice

有給休暇は自由に使えるわけではなく、GWなどの長期休暇に使われています(就業規則を見てもらえなかったので、規定があるかどうかはわかりませんが)。

voice

札幌や大きいところでは、まともな休みが取れたのかもしれませんが...。

voice

平日休みがあると、病院に行ったり買い物に行ったりするのが楽になる。

voice

コース期間中は曜日を問わず働くので、最悪の場合、夏期講習中に3週間休みなく働くことになることもあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社ニスコの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

それだけ働いても昇給は低く、離職率も高い。

voice

勤続年数が短いせいもあると思いますが(求人広告と違って)、ボーナス(1回分)は1ヶ月分の給料にも満たないし、昇給は3000円にもなりません。

voice

1vs.2以上のハードさによって給料が変わるのは素晴らしいと思います。

voice

給料はもらっていますが、一人の社員の愚痴を聞いただけで研修を受けていたのが不満です。

voice

それに加えて、給料が低かったので、時間的にも金銭的にもプライベートを充実させるのは難しいと感じました。

voice

毎年4月に入社式を兼ねた懇親会があるのに、その費用が毎月社員の給料から天引きされているのは、いまだに謎です。

voice

生徒数が多ければ多いほど給料も高く、成績が上がれば評価されます。

voice

昇給は多少ありますが、同業他社と比べると少ないですが、北海道の中小企業で働くと考えれば、待遇はまともだと言えます。

voice

欠席した学生には待機手当がなく、仕事の成果によって給料が左右されるわけではないので、能力や仕事への取り組み方にかなりの差があります。現在の状況.

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社ニスコはどうでしょうか。

voice

そもそも会社はタイムカードを作らず、出勤簿に通常の勤務時間(14時~22時)をすべて押印させています。

voice

ブラック企業の取り締まりが強化されていく中で、この手法がどこまで通用するかは疑問があると思います。

voice

塾には正社員(塾長)が一人しかおらず、土日祝日も働いていたので、正社員として働くには厳しい環境だと思います。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

女性だからといって女性が不利になることはないと思いますが、女性には根性がないとか、学生に嫌われているという話が多いのも事実なので、女性にとっては居心地の良い会社ではないかもしれません(会社は根性があって学生に嫌われていない人を求めているようです)。).。

voice

ノルマが厳しく、社長の機嫌を損ねてクビになった社員もいました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

明らかに退職者はこの労働環境に苦しみ、退職していくのですが、会社側は「自分たちだけではどうにもならない」という言い訳で対策を放棄しているので、なかなか改善されないのです。

voice

残された人材が退職者の代替わりに使われることで、さらに労働条件が悪化するという悪循環に陥っていました。

voice

すでにトップポジションの一部は埋まっており、会社が拡大しなければ昇進のチャンスはないと思われていたが、退職者が多く、それもありえないと思われた。

voice

退職者が多いので、会社としては慣れているのかもしれませんが、配置転換や異動の提案はありません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。