京都府のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 京都府 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 25件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 京都府平均 偏差値
平均残業時間(月) 24.1 30.1 52.3
平均給与(万円/年) 433.0 397.2 52.4
有給休暇消化率 46.3 43.2 50.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある京都府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

京都府に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、京都府と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。京都府の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業がないところもあれば、残業が多いところもあります。

voice

役所にタイムカードがないのは、無制限の残業をさせるためだと聞いたことがあります。

voice

残業はサービス残業がほとんどで、特に不夜城と呼ばれていた本社では、1日4時間睡眠など精神疾患を抱えた人たちが働いていました。

voice

メインオフィスの一部の部署では残業が当たり前になっていることに注意が必要です。

voice

残業はほとんどありませんので、お子様がいる方やお仕事が忙しくない方にはオススメの職場です。

voice

逮捕者にはノルマがあり、ノルマを達成できなければ休日出勤して逮捕まで毎日働く。

voice

残業も民間企業に比べて少ないのではないでしょうか。

voice

休暇や有給休暇については、給与は低いですが、頼めば取れますが、100時間以上の残業がある中で、なかなか取れないのが現状です。

voice

残業や有給休暇は、部署や役職、その時の担当業務によって大きく異なりますが、調整がしやすいです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇や夏季休暇が比較的取りやすいのも、数少ない良いところかもしれません。

voice

夏季休暇4日、病気休暇3日も付与されます。

voice

ゴールデンウィークや夏休み、年末年始には有給休暇の取得を促す通知が届くので、取り方次第では海外旅行に行けるかもしれません。

voice

部署にもよりますが、仕事の進み具合によっては有給休暇が取りやすいと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。京都府の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年々給料は確実に上がり、ボーナスも確実に出ますが、逆に言えばそれ以上は出ません。

voice

よほどのことがない限り、基本的には条例に基づいて毎年昇給しているので、給与面では安心しています。

voice

公務員なので、ボーナスや給料は景気に左右されないが、頑張ろうというインセンティブがない。

voice

完全な年功序列で、仕事ができるからといって給料が上がることはありません。

voice

給料はかなり良い、公安の公務員だから当たり前。

voice

評価制度については、数年前から導入されており、評価することで昇給やボーナスが多くなるため、早い段階で高評価を得た人と遅い段階で高評価を得た人では、生涯年収に若干の差がある。

voice

給料も安定しているので、仕事に集中できます。

voice

民間企業は景気の影響でボーナスを動かしているが、給料が出ない心配はない。

voice

民間企業に就職した同級生と比べると、ボーナスに差が出ると思います。

voice

公務員のいいところは、土日はあまり働かなくてもいいのですが、残業がない平日でも基本給しかもらえず、大手民間企業に比べて見劣りしてしまうことです。

voice

昇給については、あまり差がないので、評価制度はあるものの、きちんと機能しているとは言えないようです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。京都府はどうでしょうか。

voice

多くはないが、公務員なので、過酷なサービス残業を除けば、原則としてコンプライアンスはガタガタにならない。

voice

公務員なので、ライフワークバランスが取りやすいと思います。

voice

正社員には、真面目に働く人と定時で帰る人の2つのタイプがあります。

voice

残業代は支給されますが、部署の予算に大きく左右されるため、定時での帰宅を前提としています。

voice

出先機関は比較的ゆったりとしていて、定時で帰れるのが子育て世代には魅力的だと思います。

voice

確かに部署によっては定時で帰れるところもあります。

voice

警察学校は肉体的にも精神的にもかなり厳しい。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、京都府ではどのような現状でしょうか

voice

京都府庁は過労でうつ病になった人たちの巣窟であり、本庁の敷地内では年間5~9人が飛び降り自殺をしている。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

やはり、体育会系の人が多く、指導も体育会系特有のものになりがちなので、苦手な人は大変かもしれません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職後に他の部署に応募したりしていたら有利になると思います。

voice

メンタルヘルス不調で出勤できなくなっても、すぐに解雇されることはなく、管理職が声をかけて職場復帰を促していました。

voice

東日本大震災の頃には採用人数が減り、団塊の世代が定年退職したため、現場では人手が不足していました。

voice

私が働いていた部署は、派遣社員やアルバイト、退職後に再雇用された元正社員の方が多かったので、余計にそう感じたのかもしれませんが、休んでも定時退社して、テキパキと仕事をこなしている印象を受けました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

3ヶ月間の怪我で引退しましたが、怪我さえなければ残っていたと思います。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

よっぽど悪いこと(犯罪とか)をしない限り、クビにはならない。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。