INA新建築研究所のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに INA新建築研究所 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 6件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 29.5 29.7 50.1
平均給与(万円/年) 401.7 440.2 47.9
有給休暇消化率 57.0 50.1 52.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。INA新建築研究所の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

私が在籍していた頃は物件数が多く、2年目の社員でも一度に2~3件の物件を担当していたので、残業時間が長く、土日出勤がほとんどでした。

voice

その結果、平日の深夜労働や土日出勤が当たり前になり、心身ともに故障している人が多い。

voice

日々の仕事ではどうしても長時間労働になってしまい、夜遅くまで仕事をしなければならないこともしばしばありました。

voice

当時は残業を強要されているように感じた時期もありましたが、どちらかというと自分の財産を作っているような気がします。

voice

残業時間は、ご自身の裁量である程度調整することができます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

ゴールデンウィークやシルバーウィーク、年末年始などの大型連休には、有給休暇を利用した長期休暇が取りやすかった。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。INA新建築研究所の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスなどの福利厚生は例年より増加傾向にあり、十分な生活水準を確保できる年収となっています。

voice

魅力を感じたのは、デザインという職種と給与・ボーナスですが、入社してからのギャップはありませんでした。

voice

経営が回復しても基本給が戻るわけではないので、そこが不満点。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

自宅での面接では好印象でしたが、入社後は体育会系で中途採用が多いせいか、上司との人間関係が厳しかったです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。