ボストン・コンサルティング・グループのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ボストン・コンサルティング・グループ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 27件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 51.0 29.7 41.5
平均給与(万円/年) 813.6 440.2 70.0
有給休暇消化率 67.8 50.1 55.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

ボストン・コンサルティング・グループに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ボストン・コンサルティング・グループと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ボストン・コンサルティング・グループの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

急に仕事が入って遅くなる日もありましたが、どの日が忙しくなるのかを事前に把握する余裕があったので、予測しやすかったと思います。

voice

プロジェクトによって異なりますが、基本的には夜遅くまでかかってしまうことが多いので、ワークライフバランスはあまり良くありません(ハードな場合は毎日4時や5時が定時になってしまいます)。

voice

毎週金曜日にワークライフバランスに関するアンケート調査を実施するなど改善策に取り組んでいるが、現実には長時間労働は避けられない。

voice

年々改善されてきているとはいえ、事業会社と比較すると長時間労働が当たり前になっています。

voice

長時間労働にならないように改善しています、時間の問題ではなく、パフォーマンスの問題だと言われていますが、能力を向上させるためには時間のリスクもありますし、よほど体力がない限りは長時間労働になります。

voice

コンサルティング業なので、9時から18時までの勤務は当然ながら、徹夜で働く必要はありませんでしたが、徹夜をすることもなく、給料も比較的良かったです。

voice

むしろ、むやみに留まると理不尽な残業を疑われてしまうので、みんなさっさと帰ってしまいました。

voice

土日はお金の面では自由ですが、案件によっては潰れることもありますし、土日でも数時間から半日程度の勤務が多いです。

voice

過去にも週末出勤はあったと思いますが、基本的には会社・チームで土日を休みにして仕事をしています。

voice

仕事がないわけではありませんが、そもそも日中に仕事ができるように日々の仕事の進め方を非常に厳しく指示されていますし、残業は事前に上司に報告して説得する必要があります。

voice

例外的に優秀で這い上がる準備ができている人や、何日も徹夜しても文句を言わずに頑張る人など、一部の人には上司が目を光らせて育ててくれますが、普通の人だとその通りになってしまいます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

プロジェクトの合間に有給休暇を取ることもできます。

voice

年次休暇はありますが、プロジェクトの合間以外に有給休暇を取得できる可能性は低いでしょう。

voice

転職当初は有給休暇の日数が限られているので、使い方には注意が必要です。

voice

計画的に仕事を進めていけば問題なく休みが取れますし、有給休暇の取得も奨励しています。

voice

当時は、休暇が取りやすくなっていました(一時期は本当にきつくて取りにくかったのですが、ある時からコストとして有給休暇の取得を奨励するようになりました)。

voice

休暇は自由に取れず、原則としてプロジェクト間での取得を余儀なくされます。

voice

年末年始など、他社がほとんど仕事をしない時期を除いて、事前に休暇の計画を立てるのはかなり大変だと思います。

voice

様々な活動の基本となるワークライフバランスを重視しています。上司が率先して有給休暇を取得することが求められています。そういう意味では、働きやすい会社の一つだと思いますが、実際には、すべての社員が有給休暇を取得できるわけではありません。

voice

1ヶ月近くの長期休暇を取る人も珍しくありません。

voice

プロジェクトの合間に長期休暇を取ることも多く、年に4~5回は海外旅行に行く気があれば可能です。

voice

プロジェクト終了後は、数日の休みを取ることができ、週末を利用して旅行に行く人も多い。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ボストン・コンサルティング・グループの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

3年目以降は昇進すると給料が2倍になるので、費用対効果が高いです。

voice

ボーナス比率は、近辺の役職まではボーナス比率が高く固定されているので、年収はおおむね理解できる。

voice

事務職は給料が高い(というか安い)のが普通なので、「なんでこんなに働かないといけないんだろう」という気持ちになります。

voice

週平均80時間以上の長時間労働なので、給料が高いとは感じられません。

voice

精神的に病んだり辞めたりする寸前の仕事を常に求められているのだから、給料が高いと感じるはずがない。

voice

日中は忙しく、プレッシャーのかかる職場の割には、給料が少ないように感じました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ボストン・コンサルティング・グループはどうでしょうか。

voice

トップが全て良いとは限らないし、無理な仕事をさせるプロジェクトリーダーに当たってしまうと悲惨なことになる。

voice

当然、仕事の種類的には重労働が求められますが、トップはブラックさを是認するつもりはなく、むしろ徹底した効率化と無能さは相容れないと考えていたのではないでしょうか。

voice

基本的に定時という概念はなく、上司やチームとの打ち合わせやクライアントとの打ち合わせに合わせて朝に出社するので、ある程度の信頼関係を築いてから出社時間を自由に決めることができます。

voice

ライフワークバランスは難しいですが、投資銀行よりは人間らしい生活ができると思います。

voice

普通のケースに配属されると、基本的にはタクシーでの帰宅になるので、かなり毎日疲れます。

voice

この傾向は今後も続くと思われますが、需要に見合うだけの人材が不足しており、労働環境はますます厳しくなってきており、タレントタンオーバーはますます高くなる傾向にあると思われます。

voice

定時で帰れるわけではありませんので、転職前にそれなりの準備をしておくのが一番だと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

精神疾患が原因で辞める人が多く、パワハラは隠蔽されることが多い。

voice

昇進時のセクハラ、パワハラ、差別はなく、機会均等のために逆差別も認められていた。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

ビジネス的には成功していたものの、自分の目指す方向性にギャップを感じ、退職を決意しました。

voice

私のわがままかもしれませんが、子供の頃からのコピーライターになりたいという夢を認めてくれている良い会社だと思います。

voice

退職後も当時仲の良かった同僚とは親交があり、その後も仕事で協力することもあるという。

voice

人間関係については、裏方の仕事でも早退する人が多い。

voice

最初は声を出していても目立ってしまうような優秀な人でも、そういう状況になってしまうので、徐々に声を出さなくなって引退するか、黙々と黙々と仕事をするだけの人になってしまうのではないでしょうか。

voice

女性が男性と同じように過酷な労働環境に放り込まれたり、病気になって知らない間に仕事を辞めてしまったりするケースもあります。

voice

退職を考えた理由の一つに、特定の分野で特定のスキルを蓄積してきたため、キャリアパスの汎用性に欠けていると感じたことが挙げられます。

voice

退職する際には、金融や医薬品以外では、よほどのことがない限り、給料が下がる可能性が高いということを頭に入れておく必要があります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。