日本コンベンションサービスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本コンベンションサービス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 31件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 61.1 29.7 37.5
平均給与(万円/年) 453.2 440.2 50.7
有給休暇消化率 29.2 50.1 44.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本コンベンションサービスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料が上がるのではなく、むしろ下がるのではないかという懸念が強い。

voice

給料面で文句を言うわけではありませんが、このようなモチベーションの低さに問題があると思います。

voice

個人的にはボーナスも給料もカット。

voice

MBOを実施しており、個人の評価がボーナスに反映されます。

voice

定期的に昇給があるわけではありませんが、経営者に認められるとその都度昇給の話が出てくるので、いかに経営者に認められているかが重要だったのだと思います。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本コンベンションサービスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

繁忙期には残業が多かったようです。

voice

とにかく残業時間は長いが、残業代は出ない。

voice

(残業120時間でも20時間でも給与は同じ)。

voice

引越し前は日勤でしたが、引越し後は午後から深夜までの勤務となりました。

voice

土日や残業はもちろんのこと、徹夜で体調を崩して救急搬送された時には、次の日には代わりの人がいないので出勤しました。

voice

プロジェクトが切羽詰って追い込まれた時には、毎日終業後まで残業して休日出勤するのが当たり前になっています。

voice

当時は残業が多かったので、ライフワークバランスを取りたい方には難しいと思います。

voice

出産・育児などでは、労働時間が長く、繁忙期には夜遅くまでかかることもあり、女性にとって妻と仕事の両立はまだまだ大きな課題があると言わざるを得ません。

voice

1時間あたりの仕事量が多く、いくら残業しても終わらないのではないかと思えるほどです。

voice

私は2002年から2004年まで勤めていたので、今とは職場環境は違うかもしれませんが、残業が多く、ほぼ毎日終電で帰宅していました。

voice

準備段階(特に本番直前)では、かなりの作業量があり、徹夜も珍しくありません。

voice

あまりにも重労働で、仕事のバランスをコントロールする管理者がいなかった。

voice

管理側の仕事をしていると、休日出勤もあるので、仕事量の割には大変だと思います。

voice

残業や深夜労働、イベント時の土日出勤などもあり、結婚や妊娠などの事情の変化に応じて、自然と退職を希望する人も多いようです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

数年勤続すれば大量の休暇が与えられますが、それをきちんと消化できる管理職以外の人はほとんどいません。

voice

オフシーズンは有給休暇が取りやすい環境のようで、忙しいオフを満喫している人もいるようです。

voice

仕事さえしっかりやれば、有給休暇をどう使うかとか、何をしているかとか気にしなくてもいい雰囲気があるので、その点では楽だと思います。

voice

リフレッシュ休暇もありますが、指導はなく、忙しくて取得できなかったら終わりです。

voice

休みたいと思っても、誰も相手にしてくれないので実質的には休めず、仕事が山積みで翌日にひっくり返ってしまって帰れなくなってしまう。

voice

WLBとは少し違いますが、休みをたくさん取って海外旅行などに行く人もいます。

voice

良い点としては、事務職と違って、準備&根回しさえしっかりすれば、大量の休みを取ることができることです。

voice

休暇制度については、土日はどうしても仕事が忙しく、かなり不規則でしたが、その代わり、仕事の合間に休みを取りやすい風土があったと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本コンベンションサービスはどうでしょうか。

voice

仕事に時間をかけすぎて体を壊し、精神的に仕事をしなくなるなんてことはあり得ません。

voice

仕事自体は面白いのですが、やらないと病気になるか精神的に参ってしまうので、非常に厳しい環境です。

voice

定時は17時半で、自分次第では早く帰ることもできた。

voice

フレックスなどの制度はありますが、時間通りに帰るのが難しい雰囲気がありました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

翻訳部は女の社会、裏ではいじめられている恐ろしい社会です。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

気に入らないことがあるとすぐに怒鳴ったり罵ったりするので、お客さんではなく社長をトップにして仕事をしています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

マルチタスクでプロジェクトを進めるための根性と地力が身につくと思います。

voice

完全に国内企業であり、政治的(おべんちゃら)な世界である。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

それを見て見ぬふりをしていることに疑問を感じ、退職を決意しました。

voice

仕事は嫌いではなかったのですが、他の社員からの嫌がらせや、流産した人の話を聞いて退職を決意しました。

voice

仕事は大変だし、定年退職者も多いが、中には経験豊富なタフな人もいる。

voice

15年以上前に大阪支店で働いていましたが、雰囲気が悪く離職率が高いため引き継ぎが難しく、1人が1年半で辞めてしまいました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。