カービューのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに カービュー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 17件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 41.3 29.7 45.4
平均給与(万円/年) 451.9 440.2 50.6
有給休暇消化率 60.7 50.1 53.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

カービューに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、カービューと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

必要に応じて、有給休暇や午前・午後の休みを取ることができました。

voice

上司が率先して有給休暇を取得してくれたので、有給休暇を取得しやすかったです。

voice

有給休暇も使いやすいですし、夏には計画的に年休として5日休みを取っていますし、10日くらい連続で海外旅行に行くことでワークライフバランスも取りやすいと思います。

voice

退職時には、約8割の人が残りの有給休暇を全て消化して退職しています。

voice

有給休暇に関しては、部署や人の問題も大きいですが、取得している人はたくさんいました。

voice

有給休暇はとても取りやすく、みんなかなり自由に休めました。

voice

ヤフーグループの子会社になってからは、有給休暇の取得が容易になり、バックオフィス以外の営業職も休みが取りやすくなった。

voice

有給休暇は最初に使い切れずに消えてしまい、使ってしまうと、事前に周知されていた日にもかかわらず、平気で詰め込まれてしまう。

voice

基本的に休みを取ったからといって責められるような雰囲気はありませんが、最後には忙しさにかまけて休みを取ると自分の首を絞めることになりかねません。

voice

土日祝日はお休みですが、数が揃わないと働けないということはないので、オンとオフのメリハリをつけて働けると思います。

voice

土曜日が祝日だったり、前日の金曜日が休日だったりすると、同業他社と比較しても年間の休日量はかなり多いと思います。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。カービューの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

労働時間はそれほど厳しくはありませんが、無駄な残業が多いように感じます。

voice

裁量で勤務時間を調整できるとはいえ、ネット企業なので女性が長く働くのは難しく、また、若い社員が多く遅い時間からのスタートが多く、全体的に残業が多いのが難点でした。

voice

部署にもよると思いますが、休日出勤や残業が月40時間弱とタイトなスケジュールでした。

voice

残業時間は個人の裁量に委ねられている部分もありますので、強制的なものではありません。

voice

新人でも気兼ねなく有給休暇を取ることができますし、21時頃には会社に残っている社員も数名いるので、それほど大変ではないと思います。

voice

管理職の残業代が出るのは、22時以降の残業に対する深夜手当だけ。

voice

会社の業績がかなり悪く、毎月何人もの人が辞めていくので、きちんと仕事を渡さずに仕事を渡されてしまい、残業が増えて悪循環が続いているように感じます。

voice

インターンシップで掛け持ちしていたので、基本残業なしの非正社員でしたが、色々な意見を出してもらえて、やりがいを感じました。

voice

残業=評価なので、早く改善されるといいですね。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。カービューの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

合理的に優れたパフォーマンスを発揮しなければ、一気に昇給することはありません。

voice

仕事量ではなく、時間に応じて大幅な減給を受けることになります。

voice

固定給が安く、目標を達成しても給料は増えません。

voice

営業成績を上げている人と上げていない人では、ボーナスには反映されますが、あまり差はありません)。

voice

評価者によって評価の仕方にムラがあるので、上司によって昇給額やボーナス額が異なる。

voice

技術制作部にいましたが、給料は良くありません。

voice

リーダークラスにならなければ、ボーナスはあまり出ません。

voice

中小企業の経営者の中には、社員に還元せずに泥臭い仕事を押し付けられて、給料をもらって嫌気がさしている人もいるようです。

voice

上司は辞めませんが、メンバーだけが辞めてしまうので、組織として成長しないのも給料が上がらない理由の一つだと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。カービューはどうでしょうか。

voice

ジョブローテーションを採用しているようで、ホワイトだった部署が上司によっては急にブラックになることもあるようです。

voice

外国人社員は比較的多く、定時で帰る習慣やイメージが身についていれば、それは仕方ないのですが、頑張った分だけ報酬に反映されるわけではないので、損をするかどうかはその人の性格によります。

voice

社風が古く、出勤時間が遅くても残業を強いられるなど、生産性がないと感じることが多々ありました。

voice

その日に仕事があるメンバーは定時で帰宅することもあるので、その日の課題を明確にしておくといいと思いました。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、カービューではどのような現状でしょうか

voice

理由があれば、時間短縮や休職の相談にも真剣に乗ってくれました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

新入社員は自分のやりたいことばかりやって、会社の仕事に力を入れず、特にリーダーや管理職になると、何でもかんでも他人に押し付けたり、周りの人の悪口を言ったりします。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

セクハラをした社員が処罰されるはずなのに、降格や減給がなかったことを考えると、かなり甘いと思います。

voice

営業や企画の男性社員のモラルが低いため、セクハラやパワハラが蔓延しています。

voice

今はわかりませんが、当時は男性社員のセクハラがかなり問題になっていました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

自由に過ごしている人が多いと書きましたが、中には本当にやりたい放題やっている人もいましたし、中には他の社員やお客さんの悪口を大声で言っている人もいました。

voice

向上心のある方であれば、ある程度は良い環境にあるかもしれません(無理な残業を求められることもありますが。

voice

オフィスでのマシンガントークがうるさくてうるさいという印象をよく受けました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

人によっては、営業志向が強く、体育会系、執拗な講義で女の子が泣かされたり、技術職や管理職が見下されたり、良くない事件があったりと、問題もありました。

voice

IT企業とはいえ、実質的には営業会社であり、当時の社長は、とても体育会系でユーモアのある人でした。

voice

基本的には「根性と根性」で乗り切るのが基本姿勢なので、商談での「しかし」を皮切りに、数時間の粘り強さを教えてもらっています。

voice

お酒の量も多く、ちょっとした体育会系なので、できない人にはきついかもしれません。

voice

とりあえず数字とno1とno2が持っているその人のイメージでしかないので、数字と政治的な面で頑張れば給料は高くなるだろう。

voice

若くて元気な社員が多く、上下関係を超えた仲間意識があります。

voice

基本的には販売会社なので、経営者からすればノルマをこなすことばかりで、一般社員からすれば結果を出すことばかりを推奨されているので、モチベーションを維持するのが難しい。

voice

ノルマも達成してないのに早退するなよ」って感じですね。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職の意思を伝えると、スムーズに手続きを進めてくれて、快く送り出してくれたので、心に残る良いメンバーでした。

voice

私は数年ここで働いていましたが、自分の努力が彼らの職務怠慢の言い訳に使われていることを知り、ここで結果を出すために働いても意味がないと判断し、退職することにしました。

voice

退職者に花束を用意したり、ボランティアで集めて記念品を渡したり、最後にはきれいに送り出す雰囲気があるので、退職後のギスギスした雰囲気はあまりありません。

voice

私が退職したのは、会社のトップダウンのやり方に疑問を感じたからです。

voice

上司と合わなくて仕事を辞めたけど、そういう人にはいいんじゃないかな、動く!?

voice

彼が退職するのとほぼ同時に、会社を支えてきた役員が辞任し、他人に仕事を押し付けて逃げ回る社員が後を絶ちませんでした。

voice

責任は私にあるのですが、その責任を取った上で、皆が辞めてしまったために、私が責任者になってしまったのです。

voice

上司が優しくて尊敬できる人なので、退職後も交流ができます。

voice

営業に時間がかかると、一軍、二軍、三軍というシステムを作り、三軍はテレ朝の部隊(引退を促すために設定されている)に過ぎなかった。

voice

定年後もつながっている方が多く、その絆の強さを聞きました。

voice

若い退職者が増えている一方で、何もせずにじっとしているだけの高齢者も多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。