メディサイエンスプラニングのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに メディサイエンスプラニング について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 26件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 18.1 29.7 54.6
平均給与(万円/年) 470.5 440.2 51.6
有給休暇消化率 61.4 50.1 53.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。メディサイエンスプラニングの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年功序列の賃金体系だったので、年々給料が上がっていきました。

voice

ボーナスや昇給も一定ラインまではしっかりしているので、給与面ではホワイト企業だと思いますし、周りに文句を言っている社員はあまりいませんでした。

voice

会社の景気が良くてもボーナスには反映されない。

voice

給与水準は他のCROと比較して高水準に分類されるが、負担が大きい(業務量が多い、評価が厳しい等)ため、あまり高くはない。

voice

良し悪しは関係なく、2年目まではフラットな評価なので、院卒であれば自動的に基本給26万円くらいまで上がります。

voice

基本給はCRO業界でもトップクラスの高水準とされています。

voice

ボーナスはその頃には年収70万円×2くらいになるので、それなりの年収になるので、入社してからしばらくは安心ですね。

voice

他の人がCROから派遣されている中、私はCSOの部署から派遣されていたので、当時は派遣と派遣のダブルの外勤手当があったのは、給料が安かったので助かりました。

voice

ボーナスも毎年上がっていて、業界の中では良い方だと思います。

voice

給料を上げないと辞めてしまうという脅しに屈したプロジェクトリーダーもいて、同じチームで点数を出した人の中には、平均以下の評価を受けた人もいると聞いています。

voice

エムスリーの子会社になってからはボーナスが大幅に増え、社内CROの中でもトップクラスと言われています。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。メディサイエンスプラニングの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間も100時間を超えるなど極端で、産業医との面談の連絡はあるものの、そんな時間があれば仕事をしなければならないほどひどい。

voice

環境に恵まれ、やりがいもありましたが、担当したプロジェクトの数が多く、半年近くは残業が50時間近くありました。

voice

残業を減らす努力は良い傾向だと思います。

voice

毎日定時に退社するプロジェクトもあれば、夜遅くまで仕事をしなければならないプロジェクトもあります。

voice

無駄な残業が多すぎて話にならない。

voice

残業した分だけ正確に残業代が支払われるのは良かったが、住宅手当などの手当はほとんどない。

voice

仕事を怠って残業代をもらっている人の方が評価されていると思うのであれば、転職を検討してみてはいかがでしょうか。

voice

フレックス勤務制度で調整がしやすいのですが、仕事量が多くて残業が発生することが多いです。

voice

私は定時で上がれるチームなのですが、隣の部署は残業が多いと聞いたことがあります。

voice

代休取得条件が悪い(休日出勤7.5時間以上で1日分の代休を取得。

voice

プロジェクトによっては、仕事量が多く、土日祝日に残業することを上司が暗黙のうちに推奨している場合もあります。

voice

突然姿を消したPLや、月に100時間近い残業をしたルーキーなど、伝説には事欠かなかった。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

いじめを相談しても、安全配慮義務を無視して辞職に追い込む。

voice

待遇改善を要求するといじめにつながる。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

配属先にもよりますが、有給休暇は取りやすいと思います。

voice

有給休暇はいつでも好きな時に取れるわけではありませんが、比較的ゆっくりとした時期や上司などとの調整が必要な時には、なかなか休むことができません。

voice

有給休暇の取得には前向きな雰囲気があったが、休むとどうしても他の人の負担が増えてしまうので、病気でもない限りは使いづらい。

voice

福利厚生が比較的充実しており、時期にもよりますが、有給休暇や休暇も取りやすいです。

voice

有給休暇も取りやすく、仕事をきちんと管理していれば、休むことに困ることはありません。

voice

有給休暇はプロジェクトの合間に非常に取りやすいので、女性が長く薄く働くには良い会社だと思います。

voice

有給休暇を取得できるのは、仕事が忙しくない時期に限られています。

voice

周りの人との関係が良好であれば、お互いに消化し合うことができます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。メディサイエンスプラニングはどうでしょうか。

voice

このような流れになってしまったために、どうしても新しい企画のメンバーが集まってしまうという悲惨な状況を目の当たりにしたことがありますが......。

voice

私は社会勉強と考えており、ここでの不健康な経験を今後のブラック企業の見極めに役立てていきたいと思っています。

voice

他の会社では朝早くから夜遅くまでホテルで研修をしているところもあると思いますが、当社は朝9時から夕方6時までの定時で研修を終えて帰宅しています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

ハラスメントなどの事件は滅多に起こらないが、指導力が不足している。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職理由は、派遣先での別プロジェクトへの異動があったため、会社とのトラブルで退職したわけではありません。

voice

退職についても遠慮することなく、スムーズに対応してくれました。

voice

新卒で入社した後、非常に使い捨てのように人が出入りしているのを見て、この会社に将来性がないと感じたからです。

voice

勤続年数が短いことが気になりましたが、モニターという職種柄、ライフイベントによる転職や離職が多く、離職率が高い印象を受けました。

voice

退社を考えた理由は、帰宅が遅い日が多かったからです。

voice

私の個人的な意見ですが、仕事以外での従業員や管理職との関係で満足しているのは、辞める人はまともな人で、残る人は職場の安全のための注意義務を乱す人だということです。

voice

CSO業なので、2年ごとにキャリアを積み上げてスキルアップできると思ってコントラクトを選んだのですが、実際に働いてみるとコントラクトは派遣事業で、派遣先によって待遇が違うので、早く働ける仕事を探していました。検閲は可能性がありますし、何となく心配なところもあります。

voice

いわゆる負のスパイラルが始まり、退職者や求職者が急増。

voice

企業年金も住宅手当もないし、長く働いても退職金は期待できないと思います。

voice

女性の場合は、定年退職に追い込むのが得意です。

voice

近年の新卒採用は非常に多かったが、受験生の管理職になる前に辞めていく人が多く、中間管理職が少ない。

voice

働けない人でも、干される風潮が少ないため、強制的に退職させられる可能性は低い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。