三菱UFJ証券ホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 三菱UFJ証券ホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 33件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 37.6 29.7 46.9
平均給与(万円/年) 551.0 440.2 55.9
有給休暇消化率 58.0 50.1 52.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

三菱UFJ証券ホールディングスに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、三菱UFJ証券ホールディングスと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

前期(4月~9月)と後期(10月~3月)には連続5日間の休暇があります。

voice

有給休暇などの休暇も取りやすく、事前に申請すれば希望の日にちを取得することができます。

voice

病気や祝い事以外で有給休暇を取得している人を見たことがありません。

voice

有給休暇を申請する前に旅行を予約していたのに、休ませてもらえずキャンセルしたという話を先輩からよく聞いていたので、暗黙のうちに休むなと言われていたのだと理解していました。

voice

現在勤務している支店では、誰も産休を取得したことがありません。

voice

有給休暇も支店によって異なりますが、月に1回は有給休暇を取るように指導されていますので、かなり良い休暇を取ることができます。

voice

休むことが悪いことになっている会社なので、少なくとも営業職であれば、有給休暇を体調不良以外で使うことはないでしょう。

voice

個人や支店の人数にもよりますが、副支店長以上の方は土日出勤や長期休暇が取りづらかったです。

voice

年に2回連続で5日の休みを取らなければならない制度だったので、それはそれで良かったと思っています。

voice

部署によっては長期休暇が取りにくいところもありますので、その点は徹底しておきましょう。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。三菱UFJ証券ホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

労働時間については、残業はもちろんありますが、営業は結果を出さなければならないので、残業せざるを得ないと思います。

voice

残業時間が長いので、平日に予定が立てられない。

voice

長時間の残業が発生した場合は、人事部に確認してもらう。

voice

契約時間を超えて残業することが多くなり、ついに残業削減の声が聞こえてきました。

voice

朝礼があるので、始業時間より20~30分ほど早く出勤しますが、その分の残業代は支給されますし、残業代は以前よりはマシになっていると思います。

voice

残業はあまりなかったと思います。

voice

残業代がしっかり出ているところは良いのですが、それを理由に残業しようとする社員もいます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職金が思っていた以上に支払われたことがとても良かった。

voice

若い頃はそれで良かったのですが、課長クラスになってもノルマに追われる現実に嫌気がさし、退職してしまいました。

voice

昨年の早期退職は、どうしてもやめて欲しかった管理部門がやめないという格好で、営業部門はかなり手を投げ出していた。

voice

合併などで会社の将来の見通しが立たなくなったときに、転職の誘いを受け(正確には職種が変わったのではなく、会社が変わっただけ)、条件が満足できるレベルになったので退職することにした。

voice

私が働いていたところは、上司以外は全員が早期退職制度を利用していたという前代未聞の状況でした。

voice

早期退職のため、営業から本社部門に異動できる可能性は以前よりも低くなっている。

voice

これでいいと思って入社を決めたのですが、私の場合は毎日数字に追われる日々に嫌気がさし、営業の仕事が嫌で辞めてしまいました。

voice

資格取得のためのサポート体制が手厚く、退職後、自分がいかに恵まれた環境にあったかを実感しました。

voice

仕事内容や福利厚生に不満があったわけではありませんが、今後のキャリア形成に疑問を感じたことと、他の業界に興味があったことから退職しました。

voice

早期退職を実施した後、営業マンの数が不足していたため、年の途中から新たに入社した営業マンを採用しました。

voice

早期退職者を募り、業績は以前よりも反映されるようになりましたが、給与面では独立系の同業他社には太刀打ちできません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。三菱UFJ証券ホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

私のトップクラスの仲間(営業)は、まだボーナスも数十万は貰っていたので(200年度だったかもしれません)、年収には100万の開きがあると思います。

voice

頑張りたい方には、キャリアアップに応じて給与やボーナスが支給されるので、ぴったりの職場です。

voice

支店長クラスは、今期はボーナスがないところまで追い込まれています。

voice

他の証券会社に比べて、市場が良いときにはボーナスが少ない。

voice

頑張れる人は悪くないと思いますが、相場が悪いので頑張ってもボーナスはあまり出ません。

voice

残業はあまりなく、長く続けていればある程度のお給料はもらえます。

voice

その中で、上層部からは、業績悪化でボーナスを実質200万以上(入社祝いなので少ない)減額してもらった方が良いとのコメントがあり(赤字なので)、モチベーションがかなり下がってしまいました。

voice

今は退職しましたが、元同僚の話によると、株価も上がってきたし、夏冬合わせて9ヶ月分くらいボーナスが出るらしいので、景気が良くなればすぐにお給料に反映される業界だと思います。

voice

ボーナスの金額は、そこでのあなたの評価によって異なります。

voice

総合職は地方職よりも基本給が高く(転勤なし)、業績の悪い総合職は業績の良い地方職よりも年収が高い。

voice

風通しの良い社風で、福利厚生も考慮すると良い会社だと思います(業績が悪くてもボーナスは期待できません)。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。三菱UFJ証券ホールディングスはどうでしょうか。

voice

今で言うブラック企業で、営業成績のために支店内の全員が上から目線で詰められていたのだと思います。

voice

入社後のギャップは、ノルマが重すぎる無知な顧客から手数料を搾取する営業が横行していること。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

女性から見ればセクハラやパワハラとも言える行動が多く、精神的に疲れる職場でした。

voice

セクハラやパワハラなど、知られずに相談できる制度が充実しています。

voice

厳しいノルマ、上司からの嫌がらせなど。

voice

証券会社はパワハラ業界でしたが、今はだいぶ落ち着いてきて、女性を大切にしてくれるようになりました。

voice

銀行系ということもあり、当時の証券業界では珍しい福利厚生やハラスメント研修を率先して導入していた。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

上司に嫌われたら、どんなに頑張っても、仕事をしても、出世できない。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

軍事的な企業文化のため、プライベートが全くない。

voice

会社の赤字はひどいもので、それに伴って売上ノルマも上がってしまい、本当に顧客中心の営業なんてありえない。

voice

開発した顧客に対する社内ノルマのため、明らかに赤字になっている商品を売らなければならなくなり、自分と折り合いがつかずに退職した。

voice

例えば、メーカーの商品と違って、投資という将来が不透明な商品を売り、その商品が失敗した時には、お客様に言い訳をしながらも、自分のノルマを達成するために、再度お客様に売り込んでいました。なくなってしまった。

voice

上司の下で反抗せず、根性で仕事をすれば認めてくれる良い会社です。

voice

本部からのノルマ数は支店長によって異なります。

voice

ノルマはありましたが、毎月のノルマさえクリアできれば、少しはサボってもいいという雰囲気でした。

voice

ノルマを達成することに集中できるようになるので、営業マンとして成長できます。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

(もちろん、リスクなどの要件を説明しているので、法律違反ではありません)。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。