株式会社イプサのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社イプサ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 25件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 13.7 29.7 56.4
平均給与(万円/年) 357.1 440.2 45.6
有給休暇消化率 56.3 50.1 51.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

株式会社イプサに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社イプサと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社イプサの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

時間通りであっても、店頭が混雑していると閉店まで残業しなければならないことが多い。

voice

残業時間は店舗によって異なりますが、平均的には月10時間未満です。

voice

残業が多い月は、14時出勤など8時間以内の勤務を心がけ、有給休暇を減らす。

voice

残業時間は、少ない人では月に2~3時間程度、多い人では月に10時間未満。

voice

年間休日は126日ほど取れるので、休みが多いと思いますが、出勤した日は残業やデパートでの勤務で帰宅が遅くなることが多く、仕事が終わってからの習い事などができないことが多いです。

voice

部署にもよりますが、本社はかなり残業が多く、22時頃でもかなりの人がいます。

voice

残業はほとんどなく、各デパートの忙しさにもよると思いますが、残業があっても大体1時間以内なので、スムーズに帰れると思います。

voice

残業は店舗によって多少のばらつきはありますが、多くはありませんでした。

voice

当時は残業が多く、終電で帰ることもあったので大変でした。

voice

百貨店によって閉店時間は違うと思いますが、他の化粧品ブランドと比べると残業は多いと思います。

voice

残業は月に10時間以下で、土日の休みはあまりありませんでしたが、休みが多かったのでとても働きやすかったです。

voice

現場が忙しく、乗務員が不足していたため、残業が当たり前になっていました。

voice

配属先にもよりますが、新商品やキットの発売時期は忙しく、休憩や残業ができないこともしばしば。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

営業や直属の上司に相談しないと休職を認めてもらえず、有給休暇が消滅した後に首を切られてしまうので注意が必要です。

voice

月のシフトでは、有給休暇が勝手に付与され、申請もしていないのに無駄に使われていました。

voice

それは主に唯一の連続休暇で、法定の有給休暇を使っていなかったことになります。

voice

店舗によって違いはありますが、関東圏の人間関係は比較的穏やかで働きやすいですが、土日の休みや長期休暇の申請には注意が必要です。

voice

シフト制なので、月に2日の休みを希望することができます。

voice

新入社員でも有給休暇の取得率が良く、親が安心していたのを今でも覚えています。

voice

私がいた頃はリフレッシュ休暇があり、年に一度は連続して一週間の休みがありました。

voice

当時は素晴らしい制度だと思っていましたが、後になって有給休暇だけだったことを知りました。

voice

年に一度のリフレッシュ休暇として一週間の休みを取ることができ、海外旅行を楽しむことができました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社イプサの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給が低く、残業時間も少ないため、月給は低かった。

voice

月給に関しては、一般的な美容師よりは良かったと思いますが、決して高くはありませんでした。

voice

残業代は必ず給料に反映されるので、とても良かったです。

voice

ボーナスもそれなりに出ていたし、私が働いていた頃は基本給が年3ヶ月分くらいだったように記憶しています。

voice

美容部の他の会社と比較して、年収の割にはボーナスが高いように感じます。

voice

ボーナスもしっかり出ているので、比較的余裕のある生活ができています。

voice

ボーナスもしっかり出ているので、同業他社と比較しても年収は良いと思います。

voice

ノルマや仕事量に大きな差がある割には、給料に不満がありました。

voice

ボーナスの割合が高く、月給もそれほど高くないので、日々の生活費のランニングコストを考えると、もう少しバランスが取れているのではないかと思います。

voice

中途採用でしたが、給料が高かったので満足しています。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社イプサはどうでしょうか。

voice

長時間労働、肉体労働が多い割には、昇進の額は無視できるほどのものでした。

voice

残業はほとんどなく定時で帰れますが、繁忙期には残業があります。

voice

休みが多く、ライフワークバランスが取りやすい。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、株式会社イプサではどのような現状でしょうか

voice

体調不良で辞めたのですが、後になって休職や傷病手当金のことがわかり、意思確認の際に言われたかった。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

いつも食材を覚えるのは嫌だけど、覚えないとイジメのターゲットになってしまう。

voice

みんな有名大学卒だからかもしれませんが、まともな人が多いですし、THE女性の職場ですが、目立ったいじめはあまり聞きませんでしたし、私自身もそんな問題はありませんでした。

voice

どこの会社でもそうですが、人間関係がギスギスしていて、一人の上司とは仲良くなれませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

どこも同じかもしれませんが、体育会系の中学の部活のような会社は見たことがありません。

voice

体育会系の社風なので、上下関係がはっきりしています。

voice

基本的に女性社員が中心の会社なので、ある程度の忍耐力が必要です。

voice

体育館内には明確な上下関係があり、結果を出すことを決意して頑張る姿勢を持っている人は、先輩から尊敬されます。

voice

大型店だったので、雑用、雑用、個別作業、ノルマなどで苦労していました。

voice

配属された店舗によって雰囲気は違うと思いますが、私がいた店舗では上下関係がはっきりしていて、ミスをすると先輩から厳しく注意されることが多かったです。

voice

上下関係が厳しいため、新人の仕事は新人の仕事という風習があり、最初は雑用や気配りが多いです。

voice

月間の接客数は目標数で設定されているため、ノルマがあります。

voice

ノルマはありませんが、目標があり、その結果も評価の対象になりますが、数字だけではなく、主観的な判断が必要です。

voice

大手のお客様もいたので、ノルマがあったので、指名してもらえれば大きく売れるのはありがたかったです。

voice

ノルマはありませんが、月ごとにトータルの接客や売上の目標があり、それが評価の対象になるので、好きなメイクやスキンケアだけではやっていけないのが現実です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職理由はカウンセリングに力を入れているからですが、入社してから時間が経てば経つほど、型にはまるのが苦痛になってきます。

voice

退職をお考えの方は、資生堂の保険の冊子を読んで、ゆっくり考えて休職されることをお勧めします。

voice

メイクアップアドバイザーの資格を取らずに現地スタッフとして残れば、収入も安定していますし、営業ノルマもないので、定年まで長く居られる会社だと思います。

voice

地域によっては、有給休暇を取得せずに辞めるのが通例となっており、退職時に揉め事が発生することもあります。

voice

私がいた頃は、結婚したり子供ができたりして退職する人がほとんどでした。

voice

それでも、再度上の方に相談して短くしてもらい、4ヶ月後に辞職しました。

voice

安定性や教育面でとても良い会社だったので、何度も考えましたが、私生活を優先したいと思い退職しました。

voice

百貨店や上司にもよると思いますが、勤務時間が百貨店の営業時間と同じなので、他の人やパートナーとは生活リズムが違うことが多く、結婚や出産を機に退職することが多いようです。

voice

昔は結婚や出産を機に退職する人が多かったのですが、出産後も仕事をしていて夕方にはシフトが終わる人が増えています。

voice

人間関係はとても良好で居心地が良かったのですが、メイクアップアドバイザーの資格を取った途端、月の半分が旅行や仕事に追われ、精神的にも肉体的にも辛くなったので辞めてしまいました。

voice

化粧品業界では資生堂に負けず劣らず待遇が良く、ボーナスも含めて給料も良いので、よほどのことがない限りは辞めない方が良いと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。