三菱電機インフォメーションネットワークのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 三菱電機インフォメーションネットワーク について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 39件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 29.4 29.7 50.1
平均給与(万円/年) 481.9 440.2 52.2
有給休暇消化率 55.0 50.1 51.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

三菱電機インフォメーションネットワークに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、三菱電機インフォメーションネットワークと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。三菱電機インフォメーションネットワークの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

昔は自己申告制で残業管理が疑問視されていましたが、今はタイムカードシステムで記録され、残業代もしっかり支払われるようになりました。

voice

残業を控えるように指導され、お金を稼ぐのが難しくなっている。

voice

各セクションにムラがあり、忙しいセクションの女性でも夜遅くまで働いていることがあります。

voice

残業が多かったのですが、残業代は出ていましたので、不満はありません。

voice

夜勤や日勤、休日出勤などで体調管理をしっかりしておかないと、年を取ってから苦労することになります。

voice

数ヶ月間45時間を超える残業をした場合は、産業医との面談が必要になりますので注意してください。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

休暇は基本的に申請すれば取得できます。

voice

私がいた部署では、有給休暇の取得がかなり自由にできました。

voice

部署にもよると思いますが、私が働いていた部署では、有給休暇は比較的取りやすかったです。

voice

休暇の申請が難しくて申請できませんでした。

voice

残業代の申請も簡単だったので、月給の総額に不満はありませんでした。

voice

近年、残業規制が厳しくなり、月45時間以上の残業を希望する場合は、事前に申請して上司の許可を得なければならなくなりました。

voice

社員のモチベーション向上のための取り組みとして、有給休暇を比較的取りやすい環境を作っていると感じました。

voice

急なお休みにも対応してくれるので、お子さんの急な病気にも無理なく対応できます。

voice

部署にもよると思いますが、私の部署では上司や同僚も月に一度は有給休暇を取得していました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。三菱電機インフォメーションネットワークの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給は低めですが、残業代は全額支給されるので、自分の部署で残業が多ければ比較的稼げます。

voice

2年ほど働いて、昇給はほとんどなく、転職先では+100万。

voice

年功序列なので、頑張って営業成績を上げてもボーナスなどにはあまり反映されません。

voice

業界の一部の方に比べれば悪くないと思いますが、担当レベルではありますが、残業なしで家族を養えるほどの給料ではありません。

voice

IT企業にしては悪くない給料をもらっていると思います。

voice

ボーナスについては、景気の影響で管理職以上はかなりの削減を余儀なくされているが、一般社員はあまり影響なく支給されているのも納得できる。

voice

社内資格が上がれば、給料のベースも上がる。

voice

残業、深夜勤、休日出勤の嵐でしたが、その分の残業代を出してくれたので、それなりに稼げました。

voice

同業他社に比べてボーナスは低いと思いましたが、それは仕事の難しさで相殺されています。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。三菱電機インフォメーションネットワークはどうでしょうか。

voice

それをもって、主治医の先生にも「本当に怪我をしたのか」と激怒されたので、もしそうなら労災ではなく、通院障害として扱ってください、と陳述したところです。

voice

仕事をしていても、転職のための研修中だったので労災ではないと言われました。

voice

人には限りがあるので、できること、できないことを明確にして対応を決めないと、いつまでたっても奴隷になってしまいます。

voice

部署によって残業が多い部署もあれば、ほぼ定時で帰宅する部署もありますが、大半の部署は前者です。

voice

私の部署は出張が多かったのですが、取引先の大手ネットワーク会社に振り回されて、出張のスケジュールが全く定まっていないこともありました(前営業日の定時を過ぎてから出張に行くように言われたこともありました)。

voice

定時で帰れるので、自己研鑽でスキルアップしたり、プライベートの時間を充実させることができます。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

男性から男性へのパワハラなどもあるように感じますが、コミュニケーションだと思っている部分もあります。

voice

とてものんびりした会社で、パワハラもなく良い会社です。

voice

地方支店では、人間関係が悪く、モラルハラスメントやパワハラと言われるような扱いを受けている社員がいます。

voice

個人主義の人が多い一方で、お酒を飲ませられたり、イベントでパワハラともいえるようなことを強要されたりと、悪い風習が受け継がれていることもあるので、配属された部署にもよりますが......。

voice

財閥系メーカーの子会社なので、良い人が多く、パワハラなどもなく、落ち着いた環境で働けます。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

ほとんどの案件が企業のものだったので、理不尽なクレームや変なクレームはありませんでした。

voice

私は合併前のメルコムサービスに勤務していましたが、研修センターのPC組立で研修機器を使った研修中に別の新入社員がケーブルを折ってしまった時、研修担当者が「機器を壊すな!」と怒鳴って居残りをさせたことがありました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

基本的には男社会、体育会系の文化で、人格者と呼べる管理職は少ない印象だったので、配属される部署(運)や立ち居振る舞いによって待遇やモチベーションに差が出てくると思います。

voice

ノルマなどの個人の責任はそれほど厳しくないので、ある程度安定した環境で働きたい方にはお勧めですが、一人で頑張りたい方にはお勧めできません。

voice

業務は提携業務に限定されているため、いわゆる体育会系というよりは技術系のグループです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

よほどのことがない限り、降格人事はないと思います。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

主治医が激怒して、仕事で怪我をしたのに労災ではなく人身事故で処分してくれと言うのはおかしいと言っていました。

voice

いくら新人の頃に練習していたとはいえ、怪我をしてもまだ従業員ではないので労災の対象にはならないと判断されたのです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。