アイフラッグのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アイフラッグ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 102件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 38.2 29.7 46.6
平均給与(万円/年) 385.2 440.2 47.1
有給休暇消化率 47.1 50.1 49.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

アイフラッグに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、アイフラッグと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アイフラッグの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

昔に比べれば随分とまともな会社になったが、それに見合うだけの給料。

voice

入社時の給料から昇給するのが難しかった。

voice

ボーナスはどんどんカットされていくので、給料はアルバイトと変わらない。

voice

いきなり業績ボーナスになってしまったので、会社の目標が達成されるまでボーナスは支給されません。

voice

みなし残業は毎日20時まで計算され、基本給が大幅に下がる代わりにみなし残業代が支給されるイメージです。

voice

賃金体系変更後の残業代・ボーナス。

voice

少しでも成績を維持できれば月給も上がりやすいので、自分に合っていれば働きやすい会社だと思います。

voice

ここ数年ボーナスをもらっていないので、ボーナスがあるともっと嬉しいですね。

voice

役職が上がると給料は上がるけど、土曜日はほとんど働かないといけないようなので、しっかり働きたい人にはいいと思いました。

voice

給料は最初に言われていたよりも高く、期間限定で補填されていましたが。

voice

同級生や私の周りの人たちは、給料が少なくて福利厚生がないから、既婚者の生活は大変だといつも文句を言っていました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

不安を感じていた時に、たまたま次の会社を紹介されて辞めました。

voice

退職金や福利厚生もなく、将来性もなく、多くの社員が高給取りのために転職していた時代です。

voice

営業職以外はなかなか給料が上がらないため、将来の給料に不安を感じての退職が多いようです。

voice

確かに、営業で働いた分のお金は返ってきますが、ボーナスも退職金もないので、長く働くには良い職場ではないと思います。

voice

社長が交代し、会社が衰退していく中で、私も多くの人と一緒に退職を余儀なくされました。

voice

関連会社に適応する動きがあった時に退職したので、今は評価制度がどうなっているのかわかりませんが、関連会社に適応すると給料が下がるので、当時はあまり安くはなかったです。

voice

退職してから時間が経っているので、あまり参考にならないかもしれません。

voice

当時は男女ともに離職率が高かったのですが、女性の退職率も他社に比べて高かったように思います。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アイフラッグの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤務時間はありますが、支店の場合は遠方に行って夜遅くに帰宅することもあります。

voice

労働時間にはみなし残業代がついているため、上司に残業を強要することになります。

voice

長時間労働(月100時間以上の残業)を強いられていましたが、周りの人たちはとてもやる気があって魅力的でした。

voice

固定残業代が含まれているので、45時間いないと残業代が出ません。

voice

20時退社と言われていましたが、月末はムラがあり、遅い日は11時頃になることが多かったです。

voice

以前は労働時間が非常に長く、ほとんど休めない会社でしたが、今は社内制度が充実しており、残業自体がほとんどありません。

voice

休日出勤や残業は気にしない性格で、自己管理のために必要なことならOKなのですが、今はどうかわかりませんが、彼が働いていた頃は、みんな当たり前のように残業や休日出勤をしていました。

voice

過剰な残業やみなし残業がなければ、とても良い会社だと思います。

voice

良い点もありますが、残業時間が多く、小さい子供がいる家庭には厳しいかもしれません。

voice

給与にはすでに40時間分のみなし残業代が含まれているので、基本的には残業代は発生しません。

voice

残業が多い、土曜日出勤が当たり前、予算が高すぎる、歩合制がほとんどない、ボーナスがない、福利厚生がない。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は営業職には取りにくい雰囲気がありますが、営業職以外の方は有給休暇を多く取得しているようです。

voice

部署にもよりますが、有給休暇は比較的取りやすい環境だと思います。

voice

勤怠管理が計画的に行われているため、有給休暇などの申請はしやすいのですが、周りの雰囲気や仕事量の多さから、営業マンが休みをあきらめることはほぼありません。

voice

働きやすい環境と有給休暇が充実しています。

voice

にもかかわらず、有給休暇は年間10~15日程度(私が入社した時は10日でしたが、年に1日ずつ増えていきます)。

voice

よほどの事情がない限り、休暇は取れませんでした。

voice

祝日のある土曜日に勤務しているので、他の会社に比べて休みの日数は少ないですが、有給休暇はほとんどの管理部門が1日休んでいます。

voice

アルバイトの方でも、希望する有給休暇を取得できる制度があり、とても良い環境でした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。アイフラッグはどうでしょうか。

voice

営業が厳しい会社だったので、私が入社した頃は営業マンは使い捨てのように扱われていましたが、私が退職する頃にはだいぶマシになっていたと思います。

voice

昔ほどではありませんが、使い捨ての営業やマーケティングの文化が残っていました。

voice

一度、車で事故を起こした時に「うちには労災がない」ととんでもないことを言われたことがあります。

voice

入社直前に労務課から指導を受けていたので、定時(22時~22時)に出勤することができました。

voice

研修や会議は定時後に行われることが多いです。

voice

通常の営業時間は、営業部門は19時、非営業部門は18時30分となっています。

voice

個人的な仕事の効率にもよりますが、時間通りに帰ることが多かったです。

voice

営業部門は毎日のように数字を追いかけているので、デフォルトでは20時を超えていますが、管理部門は自信を持って計画を立てれば定時で降りることができます。

voice

仕事は大変でしたが、若いうちから厳しい環境で働きたいと思っていましたし、逆にそういう環境を求めていた人には良い職場でした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

他の企業と同様に内部通報制度を設けており、セクハラや業務上の違反行為に対しては厳しい姿勢で臨んでいます。

voice

上にいる人の中には、言葉がきつくてパワハラにしか聞こえない人もいます。

voice

差別 セクハラのような自作自演が指導者に横行している 差別は実はメディアにも存在している。

voice

私が入社した2006年~2007年は、パワハラ上司が多く、倒れるまで働かされるようなブラック企業でした。

voice

パワハラや給与などの相談は、どこに行けばいいのか迷っています。

voice

男女の違いは、ちょっとしたエロトーク(セクハラと呼ばれています)くらいですが、女性の特権で売り上げに貢献できれば、優秀な社員として見られます。そして、経営陣の目に留まれば、決断を迫られるかもしれません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

女性でも数字が上がれば管理職を任されるので、体育会系の営業のノリについていければ生き残れる可能性は十分にあります。

voice

働きやすい会社だと感じながらも、前の体育会系次期よりも明らかに働きやすい会社であることに変わりはない。

voice

社長はジムの気候が気に入らないと言っていますが、とても体育会系なんですよ(笑)。

voice

経営陣が交代したことで社風が一変し、体育会系ではない普通の会社になりました。

voice

やはり根性論が基本だと思います。

voice

電話営業のメンタルが強くないと、頭がおかしくなってしまうのではないでしょうか。

voice

営業職と管理職の関係は典型的な体育会系の関係なので、合う人と合わない人の区別がはっきりしていると思います。

voice

営業部門では、ノルマが厳しく、昔ながらのやり方でやらなければならないので、万人受けはしないと思います。

voice

面接の時に体育会系な会社だと感じましたが、思っていた以上に体育会系でした。

voice

体育会系の会社なので、努力が評価されず、結果が全てと考えてしまいがちです。

voice

基本的には体育会系の方で、営業で戦闘力を高めたい方にはお勧めです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

他の会社ではありえないような高圧的な態度の上司がたくさんいます。

voice

その無理難題に辟易する機会はあまりありませんでした。

voice

指標をやっていないからといって叱責する文化が強く、例のように叱責するなど体育会系の演説に従わないと離れていきやすい。

voice

高額な月額料金を払っているのに、ホームページ上では効果のない商材を無理矢理勧めてくることもある。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

テレウェイブ時代の借金や、当時の取締役が逮捕されたインサイダースキャンダルにより、社名変更後、その借金を解消するために全社的に評価制度の変更を繰り返していた時期がありました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。