日本コンピュータシステムのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本コンピュータシステム について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 10件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.7 29.7 48.4
平均給与(万円/年) 444.0 440.2 50.2
有給休暇消化率 53.1 50.1 50.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

日本コンピュータシステムに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本コンピュータシステムと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本コンピュータシステムの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

20時間の予定残業があったにもかかわらず、50時間の残業があり、20時間を過ぎても残業代が支払われなかった(2011年)。

voice

みなし残業で100時間分の残業代が出ない。

voice

残業20時間分の技術手当はありますが、残業代は出ません。

voice

有給休暇は、休日出勤した場合、振休が休日出勤手当よりも優先されるため、多忙な案件には使用できません。

voice

同時期に入社した他の人は残業がほとんどない常駐社員で、2年目以降は残業代が出ないと聞いていたので、プロジェクトの切り替え時期に合わせて退職しました。

voice

その結果、全体の残業時間は減少傾向にあります。

voice

2015年頃には、ワークライフバランスを推進するため、管理職の評価ポイントに残業時間や有給休暇の取得が追加されました。

voice

クライアントの事務所で正社員として働いていたのですが、クライアントの予算削減によりプロジェクトの人数が激減し、約半年間、月100時間以上の残業をしていました。

voice

残業も同様で、関わるプロジェクトによって異なりますので、忙しい時もあれば、空いている時もあります。

voice

残業も同様で、関わるプロジェクトによって異なりますので、忙しい時もあれば、空いている時もあります。

voice

インフラの場合、クライアントは時給換算で180時間以上の仕事を請求できるが、会社は残業代を支払わず、これが改善されないと、仕事ができないインフラエンジニアだけが残り、仕事ができるエンジニアは退社し続け、人材の流出が続くことになる。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇などは、現場の状況にもよりますが、比較的取得しやすいです。

voice

有給休暇や旅費などの各種申請は、エクセルを使った申請書を提出するのが面倒ですが、最小限に抑えています。

voice

休暇制度については、20日の有給休暇が付与されており、お客様との調整ができれば比較的取りやすい環境でした。

voice

外部研修の多くは、人のスキルアップを目的としたもので、誰でも申し込むことができます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本コンピュータシステムの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

貰ってないけど、年収の上限が低いのと、昇給が少ないのが気になる。

voice

残業代やボーナスを計算する際に不利になっていたと思います。

voice

面接時に提示された金額は一生上がることはありませんので、最初に提示された金額に満足しているのであれば検討してみてください。

voice

資格手当などの待遇は明確で、業界の一般的な平均的な給与水準と考えられる給与表に沿ったものとなっています。

voice

平均残業時間は10億のプレシリーズや10億以上のPJリードをやっていた時の60時間残業だったが、給料は手元に20万以上あった。

voice

給料もかなり低いので、それは覚悟しておいた方がいいでしょう。

voice

給与は大卒の一般的な初任給程度でしたが、入社後に給与の内訳を知らされ(入社時の給与総額のみ)、各種手当で昇給され、基本給が意外と低かったことにショックを受けました。

voice

中途採用で入社しましたが、入社3ヶ月で給与改定と技術者手当(月5万)がありました。

voice

残業が多いプロジェクトに取り組んでいた時期に昇格したため、給与総額が下がってしまった。

voice

ボーナスは利益が少ないのに頑張ってお金を集めてきたが、リーマンショック以降は年々減っている。

voice

リーマンショック後、事業が大きく落ち込み、キャンセル待ちやボーナスの削減に追われ、悲惨な状況の中、ようやく新規顧客の獲得や部門間の営業調整、新規事業について真剣に考え始めたという印象を受けました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本コンピュータシステムはどうでしょうか。

voice

IT企業は労働環境が悪いという印象がありますが、この会社はブラックとは全く違います。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、日本コンピュータシステムではどのような現状でしょうか

voice

2ヶ月以上仕事を休んでも解雇されないことが多いということでしょうか。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

開発系が中心の会社なので、体育会系の営業には向いていない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

転職先が決まってから退職願を出したり、辞めたりするのは難しいかもしれません。

voice

景気が悪いせいもあったのかもしれませんが、私よりキャリアの長い人の話を聞いても、あまり気分が上がらないことがわかったので、辞めることにしました。

voice

転職先の仕事内容を聞いたところ、過去の経験などを考慮しない180度の変更だったため、退職を決意しました。

voice

私は派遣社員でしたが、契約を更新せずに円満に退職しました。

voice

会社は開発がメインで、その関係でそこに大きなコネクションがあるので、私の経験ではあまりアウトライアーは描かなかったのですが、最後に描いたアウトライアーは、次の職場が億単位のプロジェクトリーダー、定年間近の肉体労働者、ITとは全く関係のない派遣社員でした。のDBデータ情報の現行/新比較をするという途方もない仕事だった。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。