サンディスクのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに サンディスク について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 9件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 45.1 29.7 43.9
平均給与(万円/年) 768.0 440.2 67.5
有給休暇消化率 72.5 50.1 56.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。サンディスクの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

優秀な人でも残業が少ないと評価されない雰囲気。

voice

月80時間以上の残業は珍しくありませんが、出勤簿に虚偽の申告をして、休日出勤や深夜割増賃金を得られないようにしている人も少なからずいます。

voice

上司は頼りないし理不尽だし、無理なのに「残業80時間に減らせ」と言われるだけ。

voice

部署によっては、半年以上連続で100時間以上の残業をしているところもあります。

voice

評価制度は裁量制ですが、残業が多い人は何となく頑張っているように見えてしまい、実態が反映されていないのが実情です。

voice

みなし残業は年俸に含まれているので、何十時間もの残業代は支給されません。

voice

深刻な問題がない限り、出勤日や呼び出しはありません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。サンディスクの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

入社以来、毎年コンスタントに給料が上がっています。

voice

給与は年俸制を採用しており、普通に働いていれば毎年昇給します。

voice

月収(年12回の分割払い)はかなり良いと思いますが、ボーナスが1回あることを考えると、そこまで高いとは感じません。

voice

補助金や手当を考慮すると、給与体系はそれほど高くない。

voice

大体、各レベルごとに10~20%のボーナス目標があります。

voice

基本給の昇給は部署や役職によって異なり、勤務先によっては中途入社者の昇給率が新人よりも低い場合もあります。

voice

入社から一定期間経過後に株式を受け取ることができ、基本給以上の収入を得ることができる制度があります。

voice

ボーナスは年2回ありますが、会社の業績に連動しているため、年によって金額が全く異なります。

voice

ボーナスは、あらかじめ設定した社内目標の達成度に応じて、年度に応じて支給されます。そのため、ボーナスがほとんど支給されない年もあります。

voice

業績が良ければ、かなりの額のボーナスが支給されます。

voice

手取りの多い年俸制だが、残業代(夜10時以降の深夜手当)がない、退職金(会社出資の401k積立)がない、住宅補助などの福利厚生がないなど、大手製造業と比べても劣ると言われている。

voice

株式付与を含めたボーナスは、会社の業績が良く、個人の評価が良ければかなりの額が支給されますが、個人の評価は上司の判断で決まるものです。

voice

住宅手当はありませんので、家賃は全額支払わなければなりませんが、それは給料に上乗せされていると思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年間休日は125日、年間10日以上の有給休暇があり、国内外への旅行も無制限に楽しめます。

voice

希望すれば比較的自由に休暇を取ることができるので、休暇の予定を立てやすいです。

voice

勤務時間の融通が利き、年間休日125日+有給休暇10日以上と、育児環境は良好のようです。

voice

機器を使用するには製造部門の許可が必要で、許可を得るための書類を提出するのが非常に面倒で官僚的です。

voice

相手のカレンダーに合わせて休みが多いのですが、その分の有給休暇率は40%くらいだと聞いたことがあります。

voice

ゴールデンウィークやお盆休みなどの有給休暇を上手に活用して、1週間の連休にすることで、海外旅行に行くことができます。

voice

勤務時間の融通が利くので、比較的自由に出勤できるので、有給休暇を使って用事を済ませてから出勤するということもありません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。サンディスクはどうでしょうか。

voice

個人的には、深い内容をあまり理解せず、奴隷のようにルーチンワークをこなしている人が多いような気がします。

voice

亡くなる直前まで普通に仕事をしていたそうなので、日頃から精神的な負担が蓄積されていたのだと思います。

voice

最近では残業が厳しくなり、オンタイムデーなどの制度は導入されているものの、スケルトン化しており、定時退社は珍しい。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

復帰時期も自分の裁量で決めることができ、早退して叱られることもなかったので、プライベートも充実していました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

新卒で入社した当初の年収は高く感じますが、家賃補助や退職金、残業代(年俸に含まれる)などがないことを考えると、少しはマシかと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。