サンエー・インターナショナルのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに サンエー・インターナショナル について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 27件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 15.5 29.7 55.7
平均給与(万円/年) 349.2 440.2 45.1
有給休暇消化率 50.5 50.1 50.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

サンエー・インターナショナルに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、サンエー・インターナショナルと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。サンエー・インターナショナルの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

配属先にもよりますが、繁忙期でも百貨店で月に15時間程度の残業をしていました。

voice

今は違うかもしれませんが、当時はセールでの残業はタイムカードを先に押してくれたのでサービス残業でした。

voice

残業は申請できる残業時間が決まっていて、それ以上働いても申請させてもらえず、申請書を書き直さなければなりませんでした。

voice

大手企業なので、公休も取得でき、残業もあまりありませんでした。

voice

深夜・休日出勤の社員もいれば、定時で帰宅する社員もいます。

voice

有給休暇は年に十数日、残業は終電近くまで年に数回程度。

voice

営業シーズンや繁忙期には夜遅くまで仕事をしなければならず、休憩時間には事務作業をしなければならず、体力的にも大変でした。

voice

もちろん展示会などの前に死ぬこともありますが、上場企業なので残業禁止の風潮が強く、早く帰れることが多いです。

voice

店舗によるのかもしれませんが...。ただ、みなし残業扱いだったので、一日中(開店から閉店まで)仕事をした日はサービス残業のように感じました。

voice

残業代や打ち合わせ代も出してくれたので、その点では信頼できると思います。

voice

福利厚生が充実しており、時期によっては残業もありますが、週2回の残業日はないので、早く帰ることができます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。サンエー・インターナショナルの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

月給は比較的低いと思います。

voice

給料が全く上がらず、一人暮らしが難しいほどの低賃金。

voice

仕事がうまくいっていれば、言葉ではそれなりに評価されますが、給与やボーナスには特に反映されませんでした。

voice

基本給1ヶ月分(残業手当なし)をベースに、会社業績、部門業績、店舗業績、個人評価に会社業績の歩合を乗じて計算しています。

voice

ボーナスも売上に左右されるので、多少のカットは覚悟しておきましょう。

voice

この手の業界ではよくあることですが、やはり給料が厳しく、一人暮らしで生計を立てていくことの辛さを感じたので、退職を決意しました。

voice

当時のデザイナーの給料は、「役職手当」という仕事内容でアシスタントやアシスタントとして採用されたデザイナーの場合、月給10万円だったので、初めて昇格した時は驚いたのを覚えています。

voice

私が勤めていたブランドは実績があり、月収はそれほど多くはありませんでしたが、ボーナスはとても良かったのですが、残念ながら残業代が出なかったので、トータルで見ると、ハードな働き方の割には給料はあまり高くないように感じましたが、福利厚生やスタッフの方はフレンドリーで働きやすかったです。

voice

お客さんが年々減っていて、予算が達成できないので、ボーナスが少ない。

voice

給与はブランドの業績に左右されるため、配属先のブランドによって給与や仕事量は異なります。

voice

実家暮らしなら給料で普通に生活できると思いますが、一人暮らしだと給料のほとんどが日々の生活費で吹っ飛んでしまい、貯金はおろか、好きなものや欲しいものを買うこともできませんでした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

ブランドによって雰囲気はかなり異なりますが、全体的には一息つきやすいですね。

voice

会社全体で有給休暇の取得を奨励しており、取得しやすい環境が整っています。

voice

連休を取るのはほぼ不可能で、病気などの理由で休まなければならない場合、代わりのスタッフを確保しなければならないのが不便です。

voice

有給休暇や休暇が取りやすい雰囲気だったので、子供が病気になっても安心して休むことができます。

voice

会社としては、有給休暇の取得を奨励しているので、店舗によっては何日も一度に取得している人もいました。

voice

2007年頃は有給休暇がほとんどなく、上司次第でしたが、それ以降は積極的に有給休暇を取得するようになりました。

voice

有給休暇も使いやすくなったし、お店がスムーズならワークライフバランスも取りやすくなったと聞いたことがあります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。サンエー・インターナショナルはどうでしょうか。

voice

デザイナーは使い捨てですね。

voice

定時終了後1時間以内であればほぼ確実に退社できますし、時短勤務のママであれば定時より1時間ほど早く退社することも可能です。

voice

同業他社(ファーストリテイリングを除く)と比較すると、労働基準法を無視した悲惨な給与体系ではないので、多少はマシになっているが、業界自体の給与がかなり低いため、健康で文明的な生活ができるレベルではない。

voice

長期雇用の観点からは、定時退社や産休取得はデメリットがあります。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、サンエー・インターナショナルではどのような現状でしょうか

voice

療養のために退職しましたが、退職前に「休職制度」の利用を促進するなど、いろいろと配慮してくれました。

voice

心の痛みではなく、単純に身体の痛みだと思います。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

若いブランドの方がいじめや怖い指導が多いと聞いたことがあります。

voice

上司に気に入られなければ、いじめっ子扱いされます。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

嫌がらせ的な上司はいません(店舗によって異なります)、かわいい服に囲まれて、適度な接客で、楽しく働ける環境です。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

ヒステリックな上司がいて、その人はもう会社を辞めたと聞いたので改善したのかもしれませんが、毎回ターゲットを変えて理不尽な押し付けをしてきます。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

心の健康にも気を配ってくれる環境にいました。

voice

かなり体育会系の会社なので、上司に好かれることが出世の秘訣です。

voice

入社後、会社のシステムが体育会系であることに驚きましたし、接客に関しても気軽にできない雰囲気があり、機械的に仕事をしているような感覚になりました。

voice

比較的体育会系ですが、人間関係があれば雰囲気もいいし、意見を言う人も多いと感じました。

voice

最近は体育会系の社風も良くなり、働きやすい会社になったと思います。

voice

営業職は本当に女の世界で、上下関係がきつい。

voice

店長やエリアマネージャーに好かれる人は、元気でハコモノで体育会系の人が多かったような気がします。

voice

軍事的なシステムだったので、正社員になりたいアルバイトや派遣社員はあまりいませんでした。

voice

それでも「ここでは自分の方が優しい」と言われ、まるで洗脳されているかのようでした。

voice

体育会系の職場なので、好きなブランドに配属されないと、かなり厳しい環境かもしれません。

voice

店長と副店長の関係は、売り上げを競い合ったり、会議で罵り合ったりと非常に悪く、当然のことながら店内の雰囲気は最悪でした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

先輩が辞めると同時に部下が辞めることもありました。

voice

契約満了を機に、自分で退職することにしました。

voice

当時は上司に「お前は苦労するぞ」と言う意味がわからなかったのですが、退職を考えるようになってからは理解できるようになりました。

voice

仕事のやりがいはありましたが、営業職から事務職や企画営業への転職は無理だと思ったのが退職の理由です。

voice

営業の仕事が好きだったのですが、会社に不満を感じて退職しました。

voice

そのような人たちに何度も騙されて、一つのことを言ったりして、精神的にも金銭的にもきつくなってきたので、退職しました。

voice

新卒で入社したため、希望するブランドにたどり着けないことが多く、私の場合は希望するブランドに配属されず、上記のような環境だったため、退社を決意しました。

voice

私は店長と仲が悪く、店長がご主人様に事情を伝えられるほど状況が悪く、しかもご主人様と店長は仲が良かったので、店長の言うことを全て鵜呑みにしていました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。