ゲスタンプ・ホットスタンピング・ジャパンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ゲスタンプ・ホットスタンピング・ジャパン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 17件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 三重県平均 偏差値
平均残業時間(月) 41.9 30.2 45.6
平均給与(万円/年) 349.9 380.0 47.7
有給休暇消化率 6.6 41.4 40.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある三重県のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ゲスタンプ・ホットスタンピング・ジャパンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間も調整できるので、平日は自分の時間を持てるようになりました。

voice

平日は少し残業がありますが、それでも2時間程度です。

voice

独身で稼ぎたい人には残業が少ないだけでは物足りない。

voice

残業が多いと既婚女性には厳しいですね。

voice

残業は必要ですが、毎日そんなに働く必要はありません。

voice

私生活はそれに専念して休日を楽しむことができますが、週末の月曜日はまだ少し不安です。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

引き継ぐ人がいないので、有給休暇の申請がしにくい雰囲気があります。

voice

有給休暇は取得しやすいです。

voice

欧州メーカー製の部品もあるため、日本からの調達が困難な部分もありました。

voice

研修を受けるには外部に行くしかないので、そこに申し込むしかありません。

voice

なんとか消化できるので、そんなに悪くない気がします。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ゲスタンプ・ホットスタンピング・ジャパンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業で変動すると毎月の給料が計算しづらい。

voice

まさか、こんな低賃金で働いているのに、固定残業代でごまかしているなんて......。

voice

福利厚生を含めて交渉しないと、年収が多くても他の福利厚生で差し引かれてしまうと、そんなに充実していないと思います。

voice

自分で老後資金を積み立てる必要があるので、毎月の給料から天引きされることになります。

voice

福利厚生がない分、年収の交渉は非常に重要なポイントになります。

voice

退職金制度はほとんどありませんが、毎月の基本給の3%が確定拠出年金に加算されるだけなので、非常に小さいです。

voice

最初の給与交渉が重要です。

voice

家族手当や住宅手当はありませんので、年収が全てです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

体調が悪くなってきたので退職を検討したい。

voice

退職者が多いため、比較的退職の意思を伝えやすい。

voice

定年退職者が続出すれば、自分がいなくなった時に補填できるという考え。

voice

ご自身の老後資金を積み立てて運用することができます。

voice

生産現場で働く人たちがロボットのように扱われているため、退職者が続出しており、会社自体の成長が遅れているように感じます。

voice

老後資金は自分で積み立てていく必要があるので、しっかりと投資していく必要があります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。