シー・アイ・シーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに シー・アイ・シー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 14件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 73.0 29.7 32.8
平均給与(万円/年) 414.7 440.2 48.6
有給休暇消化率 11.1 50.1 38.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。シー・アイ・シーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

縛られている時間分の残業代もきちんと支給されるべきだと思います。

voice

最低でも月60時間の残業ですが、それはあくまでも労働時間です。

voice

月に40時間以上の残業があり、ワークライフバランスが崩れていました。

voice

準備、移動、待ち時間、書類作成などの時間外労働は一切発生していません。

voice

残業代の付与方法は事業所によって異なる。ある事業所では、月に約5万円の残業代をもらっている人がいたが、ある事業所の所長は、総務担当者に通知する際に申請書の残業時間を偽っていたため、通常の残業代が支給されていた。

voice

私が退職する1年ほど前に、一部の営業所や上司がコスト削減のために「×時間から×時間への残業は認めない」と夜の時間帯の残業を続けていたことがありました。

voice

作業はその場で時間を決めているので、その間の残業代は一切出ません。

voice

残業も多く、朝4時まで働いて9時からまた働くのが一般的です。

voice

ゆるいところは残業が少ないですが、忙しいところは1週間以上帰れないことが多いです。

voice

深夜や早朝の激務を前にしては、同じように報われないし、面白くもない。

voice

職場にもよりますが、週に2~3日は深夜残業があり、家に帰れないこともありました。

voice

月曜の朝7時に出勤して、12時に帰宅して、片付けをして、報告書を仕上げて、1時過ぎに就寝。

voice

オフィスビルの場合は休日、飲食店の場合は閉店後の深夜など、現場と現場の間に待ち時間が多く、工事に時間がかかる傾向がありました。

voice

夜間・深夜の現場が多いため、拘束時間が不必要に長くなることが多い。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

事務処理で残業代が出ないのは違法だと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

でも、最近は事務員さんも増えてきていて、私の知り合いにも二人目の子供がいた人がいました。

voice

事務職であっても役職に就いて有給休暇を取得することは比較的可能であり、男性社員と比較すると格段の差があります。

voice

休日は日曜日のみですが、私用で有給休暇が取りやすいので、かなり融通がききます。

voice

個人の負担が大きく、実際には年間休日数が少なく、もちろん有給休暇の余裕もなく、過重労働になることもあります。

voice

1社内の休暇カレンダーを見てみると、一般的な会社と同じくらいの日数になっていますが、実際に働いてみると、お客さんや営業所の都合で急遽出勤しなければならないため、あまり休みが取れないことが多いようです。

voice

休みの日に急用で出勤しなければならなかったり、外出のために事前に報告しなければならなかったりすると、急に呼ばれて行けなくなると怒られてしまうことがあります。

voice

1つのエリア/物件を担当してしまえば、当月の頭に翌月の仕事の大半をスケジュールすることができるので、事前に希望すれば休みたい日に合わせてスケジュールを組むことができます。

voice

休みは決まっていますが、かなりバラバラになることもあります。

voice

入社前には「休みは必ず代休を取ってください」と言われていましたが、中に入ってしまえば何のことはありませんでした。

voice

仕事の性質上、なかなか休めないこともありますが...。代休は取れないし、有給休暇も当然取れないし、季節休暇という制度もあるのですが、配属先によってはそれも難しいですね...。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。シー・アイ・シーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給は高くはないが、忙しい営業所に配属されると残業代が加算されるので、手取りは悪くない。

voice

近年では残業代を全額支給しており、基本給の低さを大幅に補っています。

voice

基本給の上昇率が低いので微妙ですが、地道にコツコツと基本給が上がっています。

voice

時間がかかっても残業扱いになるので、働けば働くほど給料が上がる。

voice

ボーナスを含めた金額は平均的な給料なので、やりがいはあると思います。

voice

採用されなかった場合、中途採用では新卒レベルの給料しかもらえないという一律の制度があります。

voice

30歳を過ぎると給料に魅力がなくなり、管理職の上司によっては残業がほとんどなく、労働時間の割には収入が少ないことが多い。

voice

給与の設定が不明瞭なため、会社の気まぐれで給与体系が常に変化しており、面接時に聞かれたモデル給与には達していませんでした。

voice

10年以上前の話ですが、当時は寮があり、家賃補助も大きく、残業も多かったので、新卒の割には給料は良かったと思います。

voice

新卒や20代の社員にとっては、給料が多く感じるでしょう。

voice

給与以外にもインセンティブがありますが、配属開始時。

voice

上司の気分次第では、給料が急に減って家のローンの支払いに困っている人もいました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。シー・アイ・シーはどうでしょうか。

voice

会社の業績が悪化すると役員や幹部の報酬をカットするが、自分たちの給料をカットするのではなく、末端をカットするというブラック企業だ。

voice

労務管理が全くできておらず、同僚は肉体的にも精神的にも疲弊している。

voice

入社後、劣悪な労働条件、無価値な研修、あまりにもずさんな職場を見て、他の会社への転職を決意した。

voice

周りの上司や先輩の熱意もなく、心身ともに疲れ果てている社員が多いです。

voice

人だけを取って、生き残った人だけを使う会社にはブラックさがあります。しかし、年々社員数が減っても、次の年に新しい人を採用していれば、粗利の面では大企業のような気がしてくるので、上にも下にもたくさんのひょうたん型カーストがある会社です。

voice

定時で帰れることは稀なので、ワークライフバランスが全く取れていないと思った方がいいでしょう。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

もちろん、営業ができなければ、理不尽なものは譲渡することができます。

voice

東京では半年に一度、全国経営者会議が開催され、目標を達成できなかった営業所長には、反省文や膝立ち、罵声が浴びせられ、突然の解雇や降格が行われている。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

新入社員として入社しましたが、現在の学歴がないため、どこの会社に行っても通用する根性が身につきました。

voice

若い営業所が多く、圧迫感のある上下関係もあまりなく、比較的リラックスして働けます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

1週間以上会社にいるなど体力的にも厳しい仕事で、具体的な将来像が見えず、退職を決意しました。

voice

個人差はあると思いますが、私は現場に配属された時、研修で配属先に行った時に農薬を吸いすぎて体調を崩してしまったので、辞めることにしました。

voice

長期休暇を必要とする状況になった場合は、退職や解雇を勧告されることがあります。

voice

産休育休などの福利厚生は社内規定で定められていますが、総合職のほとんどが事務職に転職したり、退職したりしています。

voice

毎年約50名の新入社員を採用していますが、その半数近くがその年に退職しています。

voice

彼は仕事量に見合うだけの給料を得られなかったため、より住みやすい仕事を求めて退職することになった。

voice

毎年50名以上の新卒者を採用しているにもかかわらず、その50%が1年以内に、95%が3年以内に退職しています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。