NTTデータSMSのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに NTTデータSMS について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 68件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 23.0 29.7 52.7
平均給与(万円/年) 527.1 440.2 54.6
有給休暇消化率 71.2 50.1 56.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。NTTデータSMSの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

シフト勤務以外の残業も多かったです。

voice

勤務時間は不規則で残業も多い。

voice

残業時間は代理店によって異なるので、案件にもよりますが、月に20~30時間程度が目安だと思います。

voice

三六協定に引っかかることを懸念して、45時間以上。

voice

シフト勤務の現場では基本残業はありませんが、それ以外の現場では残業が多いです。

voice

配属先にもよると思いますが、私の部署では月40時間以上の残業が当たり前で、多くても月80時間以上の残業が何ヶ月も続きました。

voice

総労働時間はしっかりと管理されており、残業も少ないので、時間を有効に使いやすいのが魅力です。

voice

労働時間については、部署にもよるので一概には言えませんが、基本的にはそこまで残業はしないようです。

voice

残業はほとんどありませんので、夜勤ができる方、ワークライフを優先したい方にはぴったりかもしれません。

voice

残業は他のIT企業に比べて少ないので、仕事が終わった後の自由な時間が多いと思います。

voice

月に7~9回の夜勤が多く、夜勤が終わっても夕方まで帰宅できず、翌日の午前中に出勤しなければならないなど、体力的にも厳しい環境でした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

この場合、年休に加えて5日間の休暇を取得することができます。

voice

正社員は2年目から年間20日の有給休暇が付与されます(初年度の付与日数は、正社員となった月によって異なります)。

voice

6月から9月までの5日間は夏季休暇を取得することができ、休暇の利用率が高いようです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。NTTデータSMSの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料はあまり高くないと思いますが、残業代は出ると思います。

voice

基本給が低いので、残業がない部署にいると給料が減る。

voice

ボーナスは年2回(基本給×6.×月)、住宅手当や食事手当も支給されるので、年収的には正社員の方が良いと思います。

voice

給料が低いので、福利厚生を維持するためなのかな。

voice

ボーナスはありませんでしたが、未経験の割にはかなりの残業代がもらえたと思います。

voice

残業代や夜勤手当が含まれていない場合は、給料を上げる方法がほとんどないので、資格などを取得してアピールする必要があります。

voice

勤続年数が長いとあまり昇給がないという話はよく聞くので、あまり期待しない方がいいと思います。

voice

契約社員の場合、月収は交渉制ですが、正社員の場合はランクが決まっていて、基本給が固定されています。

voice

良くも悪くも量が多すぎて、お金を払えばいいのにと思うこともあります。

voice

若い人の給料が上がることはほとんどありませんが、ある時点で給料が爆発的に上がることもあるようです。

voice

基準が1倍(C)だとすると、Aランクのボーナスは1.6倍となり、年収ベースではかなりの開きがあります。

voice

契約社員だったので、ボーナスはありませんでした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。NTTデータSMSはどうでしょうか。

voice

労働時間は案件によって異なり、案件によってはほぼ定時で働ける時もあれば、40時間前後の残業が発生する時もあります。

voice

人間関係:同じ関連会社からの出向が多いですが、お客様との間にはマスター/スレーブ関係があります。

voice

夜勤なしでほぼ毎日定時に帰れる部署に配属された場合、30歳を過ぎても年収400万円は無理だと思います。

voice

無駄な残業は見られず、基本的にはよほど重い案件でなければ定時で帰れるので、私生活との両立もしやすかったです。

voice

お客様のほとんどがNTTグループの方なので、コンプライアンスを重視しているため、過重労働が発生することはありません。

voice

運用現場で問題がなければ定時で帰るように指示されているので、家族との時間が取りやすいと思います。

voice

稼働率が高く、ライフワークバランスを保つのは大変でしたが、クライアントとの交渉やプロジェクト管理、難しいコンサルティング業務を経験できたことにとても満足しています。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、NTTデータSMSではどのような現状でしょうか

voice

派遣会社なので、私の勤務先では派遣社員なのですが、パワハラをしていた上司がうつ病になり、出社できなくなるのを見て危機感を覚え、退職を決意しました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

昨今のセクシャルハラスメントやパワハラが問題となっている中、コンプライアンスの徹底が図られています。

voice

プロペラの社員は優しくて優しい人が多かったのですが、まれにパワハラともとれるような行動をする人がいました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

仕事内容は社員と同じで、1~2年後にはスーパーバイザーになって責任者になれるのですが、給料が上がらず、理不尽な感じがします。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

転職したいと思い、退職することにしました。

voice

昨年の春闘で定年が60歳から65歳に引き上げられ、定年から65歳で年金を受け取るまでの間、安定した収入を得ることができるようになった。

voice

プロジェクトをやりたい、成長したいと思っていたので退職しました。

voice

会社で働くことに意義を感じなくなったので、退職して転職することにしました。

voice

当時、上司によく転勤を求め、メールで上司に伝えていたにもかかわらず、自らの意思で転勤を辞退し、先行きの見えないまま退職してしまった。

voice

そのような特別な事情がない限り、残業さえしていれば、この会社でもそれなりの収入を得ることができるような気がします。

voice

会社全体に危機感がなかったため、退職を決意しました。

voice

正社員の場合、ちょっとしたトラブルがあっても退職ではなく転勤になるので、そこまで厳しくはありません。

voice

良い点としては、福利厚生が安定しているので、安定した生活を送りたい人は辞めない方が良いでしょう。

voice

ライフイベントによる退職が多く、復職する人はあまり聞かない。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。