株式会社リコーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社リコー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 108件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 19.4 29.7 54.1
平均給与(万円/年) 612.8 440.2 59.2
有給休暇消化率 57.9 50.1 52.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

株式会社リコーに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社リコーと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社リコーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

景気の悪化に伴い、残業規制で労働時間が規制されています。

voice

時間や月単位で休んだり、残業をしたり、その逆で遅く出社して早く帰ることもできます。

voice

会社の残業時間は部署によって異なりますが、全社36時間協定では53時間を特別条項として、最大80時間までとしています。

voice

確かに残業は多かったですが、自分のやりたいことができる環境と引き換えに、やむを得ないことだったと思います。

voice

36時間労働協定を遵守しており、従来のような100時間を超える残業はありません。

voice

同じ部署でも、有給休暇が100%の人と10%程度の人、残業が0時間の人と30時間の人など、様々です。

voice

2008年から?月曜日もノー残業デーになったようです。

voice

私が辞めた時は、残業がかなり規制されていたので、むしろ早く辞めないといけないと思っていました。

voice

残業は原則として認めていませんので、自分の時間を持ちたい方、自己啓発に充てたい方には良いと思います。

voice

残業しにくくなってきたので年収は多くないが、時給は悪くない。

voice

例えば、業績が悪い時には残業禁止にすることもありますが、その場合、残業しているのは現場の数人だけで、誰が本当に残業する必要があるのかが明確になってきます。

voice

月の最終日と月の最初の5日は営業事務として夜9時くらいまで残業することもあります。

voice

週2日のノー残業デーがあり、上司の許可を得て残業する必要があります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

今回の休暇は、全社的に休みを推奨しており、みんなハイテンションでした。

voice

有給休暇も問題なく取得でき、年1回5連休を取得できる制度もあります。

voice

有給休暇の取得を奨励しており、ほとんどの社員が大型連休前に有給休暇を取得することができ、長期休暇となっていました。

voice

有給休暇の取得を促進するために様々な制度がありますが、設立後1年目には積極的に公表され、各部署がフォローしていますが、時が経つにつれて消えていきます。

voice

仕事の調整ができれば、WEBで上司に申請して問題がなければ承認されて取得できました。

voice

年間20日までの有給休暇があり、比較的休みが取りやすく、家族手当もあり、長期勤続者へのご褒美のようなものがあるのはいいことだと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社リコーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

例えば、製造業でシフト制の給料をもらっている場合は、それに応じた給料がもらえるかもしれませんが。

voice

管理職は残業代が出ないので、残業代が出る課長職は3ランクの中で1番給料が高いランクになります。

voice

給与やボーナスは他社よりも少し良いと思います。

voice

基本給は割と良いのですが、福利厚生はあまりなく、全体的な収入は低いです。

voice

労働組合はありませんが、昇給・ボーナスは同業他社とのバランスを考慮して決定されるため、特に低いということはありません。

voice

基本給が少なく、ボーナスの比重が高い給与体系です。

voice

確定申告を怠ると遡って支給されませんのでご注意ください)ボーナスは年2回あります。

voice

営業会社の中ではトップクラスの成績を収めていても、本社で普通に仕事をしている社員と比べると、年収やボーナスに差が出てしまうことがあります。

voice

同じ規模の会社に比べて給料が低く抑えられているので、残業なしで働くのは厳しいというのが本音です。

voice

肉体労働なので、それに見合った給料とボーナスが出るようにしたかったのです。

voice

基本給はあまり満足できるものではありませんが、開発部門では多少の残業は避けられないので、なんとかなるものです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社リコーはどうでしょうか。

voice

事務職やその他の内職は、ビジネス街からの無理な要求がなければ定時で帰宅できます。

voice

精神的に参ってしまい、メンタルヘルスを受けようとしたのですが、上司の許可が必要で全く意味がありませんでした。

voice

他の部署では、毎日定時で帰宅できるなど、一部の部署やキーマンに集中できるように負荷が高くなっています。

voice

部署にもよりますが、私が所属していた会社では、定時後の17時には帰宅でき、趣味や好きなことに好きなだけ時間を使うことができました。

voice

育児については、フレックスタイム制を採用しており、定時退社や上司と相談の上、自分の都合の良い時間に退社することができます。

voice

同じフロアのスタッフの退社が早く、定時から30分以内に9割が退社してしまいます。

voice

創業者の三愛精神(人を愛する、国を愛する、仕事を愛する。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

会話は明るく楽しく盛り上がり、上司や同僚の陰湿な発言はほとんどありませんでした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

管理職や部長は特にスキルや見識があるわけではありませんが、人柄が良く、パワハラやモラルハラスメントもほとんどなく、とても居心地の良い会社だと感じました。

voice

私は法人営業を担当していたのですが、当時はパワハラをしていました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

タバコを吸わない人と吸う人の給料に差がないのは理不尽だと思うこともある。

voice

当然、話を聞いてもらえず、訪問のタイミングで忙しいと理不尽に怒られることもありましたが、神経質になってしまったのは確かです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

営業キャリアのある管理職は体育会系の糊口で、在職経験者が多いので、玉石混交が当たり前なのかな?

voice

世の中には女性管理職が増えている傾向がありましたが、どちらかというと体育会系の男性社会の影響が強いですね。

voice

経営者にはいわゆるバブル世代の人が多く、精神的にも根性的にも性差別的な人が多い。

voice

営業職なのでスキルは身につきませんが、対人関係やメンタル面でのスキルは身につきます。

voice

営業マンにノルマがあった覚えはありません。

voice

上司と部下の間には、上下関係のない雰囲気がありました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

30歳前後で退職した人が多いように見えるからかもしれません。

voice

退職理由は、できるだけ長く働きたかった(70歳以上)ことと、会社や職場に不満がなかったからです。

voice

初期の希望退職者も年齢別に分かれていた。

voice

円満な退職で、退職後も同僚や先輩と連絡を取り合っていたので、この会社で働けてよかったと思っています。

voice

希望退職であったため、退職金は少額であった。

voice

早期退職制度には、退職金の上乗せ制度や再就職支援制度があり、それ自体は評価できる。

voice

退職理由は、肉体労働が辛く、会社との関係がうまくいかなかったため、自主的に退職した。

voice

正社員になりたかったのと、契約期間が切れたので退職しました。

voice

周りがあまり取っていないので、自分が取れるようなトレンドではなかったので、退職するまで貯金していたのですが、消化できませんでした。

voice

今の会社の経営を見ていると、トップの人たちが定年まで経営しているので、先が見えない。

voice

私が退職する少し前に退職した先輩社員も、「スキルアップをさせてくれなかった」「戦略的なことを仕事に活かせていなかった」と言っていました。

voice

早期退職支援制度を利用して退職しました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

時代や他の会社の制度と比較しても、当社だけが悪いとは言い切れません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。