ニッセイ情報テクノロジーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ニッセイ情報テクノロジー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 72件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 37.7 29.7 46.8
平均給与(万円/年) 507.4 440.2 53.6
有給休暇消化率 56.3 50.1 51.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

ニッセイ情報テクノロジーに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ニッセイ情報テクノロジーと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ニッセイ情報テクノロジーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

1年目から月平均80時間以上の残業をしている仲間が何人もいて、心が折れそうになりました。

voice

さらに、本人は、減らされた時間帯に残業をしていたことを理由に、上司に反省文を書いていました。

voice

36協定を遵守しているかのように見せるために、実際の残業時間と勤務管理表との間に不一致がある。

voice

残業はある程度発生しますし、裁量労働制を利用できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

voice

労働環境については、部署によって異なりますが、深夜残業や休日出勤が一般的な場合もあります。

voice

専門職に上がると裁量労働になるので給料が下がるし、深夜残業以外は何もつけられない。

voice

契約社員として入社しましたが、残業はせいぜい月30時間以下。

voice

1年のほとんどは朝9時から夜10時までのシフト制(それだけ「やらなければならない」仕事が多かった)で働いていましたが、仕事の中断やかなりのプレッシャーに対応しなければならないときには、深夜や休日出勤もあり、結果的に体を壊してしまいました。

voice

多少の残業(私の場合はほぼ終電までほぼ毎日+休日出勤)を覚悟していれば。

voice

36協定については、表面上はコンプライアンスを遵守しているように見えるが、裏では社員が日常的にダミーとして出勤し、働いているのが実情である。

voice

残業100時間以上、休日出勤あり(申請すれば代わりに休んでもらうので、サービス業が当たり前)。

voice

土日の午前0時から日曜日の午前中に勤務した場合、1日の勤務で2日分(8時間程度)の時間外労働が発生します。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ニッセイ情報テクノロジーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

退屈な部署で、業績の悪い社員もいますが、給料に大きな差はなく、ほとんどが年功序列です。

voice

ほとんどの社員は5年目までは順調に昇給し、残業代を含めると年収600万弱にもなります。

voice

年功序列のため、良くも悪くも年を重ねるごとに徐々に給与が上がっていきます。

voice

年率では他社よりも良いが、裁量労働制の福利厚生を含む。

voice

他の業者よりも給料が高かったので気になりませんでしたが、もう少し低かったらかなりのストレスになっていたかもしれません。

voice

ボーナスは1年目の夏から一部支給され、普通の仕事をしていれば5年目で500万くらいは狙える。

voice

給与やボーナスが安定しているのが一番だと思います。

voice

私の周りにいた人の中には、定期的に資格を取得してボーナスレベルで報酬を得ている人もいました。

voice

ボーナスはその年の事業部の業績によって多少前後しますが、前年の半分ももらえなかったし、全くもらえなかったこともありませんでした。

voice

年に一度の評価管理がありますが、評価が良くてもボーナスが出るのはわずかな差に過ぎません。

voice

入社後数年は、昇給のハードルが低く(比較的簡単な資格取得など)、誰でもある程度スムーズに昇給を得ることができます。

voice

売上や利益の目標達成が給与やボーナスに影響することはほとんどなく、待遇に不満を感じて退職する人が多い。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年間20日の有給休暇が与えられますが、消化率が非常に低いと感じます。

voice

5年間勤務しましたが、毎年夏季休暇(夏季特別休暇1日+有給休暇4日)と年末年始(有給休暇)を取得することができました。

voice

ここ数年の傾向としては、社員にITスキルの習得を義務化することが挙げられます。

voice

有給休暇は年間20日程度あり、社内では月1回の取得を推奨しているため、比較的休みが取りやすいと感じています。

voice

最近では、月1回の有給休暇取得を奨励する動きもあります。

voice

部署によって違うかもしれませんが、月1回の有給休暇取得を奨励しています。

voice

社員が理解して身につけやすい雰囲気だと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ニッセイ情報テクノロジーはどうでしょうか。

voice

昼間は打ち合わせをしていて、定時後は普通に仕事をしているようでした。

voice

最近では、ライフワークバランスや働き方改革を推進する部署が設置され、5年前や10年前に比べて、職場環境が格段に改善されています。

voice

夜10時のオフィスでは、妊娠する気力がありません。

voice

時間通りに帰ることを止めることはありませんが、確かに余裕があると見られる傾向があり、優秀な人ほど仕事が忙しくなる傾向があります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

休暇は月に1回というルールがありましたが、若い社員以外は取得できず、年を重ねるごとに仕事量が増え、同じ部署でも社内で他のチームの悪口を言われるなど、職場環境はあまり良くありませんでした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

私が配属された部署では、パワハラが強かったです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

一日中部下を叱責し、誰も聞いていないのに失敗の言い訳をする嫌な上司の下で働いていたため、嫌な気持ちになり、毎日の仕事に慣れてしまい、マンネリ化したまま転職を決意。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

親会社の体育会系の雰囲気が蔓延しており、部署によってはパワハラのようなものが行われている。

voice

親会社で働く部署であれば、切磋琢磨して売上ノルマに追われる心配はありません。

voice

先輩・後輩の上下関係はやや厳しいですが、面倒見は良いと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

彼らの多くは、私が在職中でも、私と同じ理由で退職を考えていました。

voice

自己都合で退職しましたが、続けていて良かったと思える会社でした。

voice

長時間労働でキャリアアップのための時間が取りづらく、このままでいいのだろうかと考えていたところ、個人的にはタイミングが良かったので退職しました。

voice

結婚や転職を理由に入社5年で退職する女性が多い。

voice

人間関係は良いようですが、ワークバランスの悪さや繁忙期のシステム変更など、会社全体の効率性に疑問を感じて退職しました。

voice

退職時には、外販もあっという間に伸びていた。

voice

入社して3年も経たないうちに、仕事内容や転職活動中に聞いていたことが原因で辞めてしまいました。

voice

根本的な人手不足(知識人の退職など)により、若者には非常に責任のある仕事を任されやすく、自然とハードワークになっている。

voice

資格重視になってきているので、情報処理試験(ハイレベル)を受けられないと昇進すらできないし、受けても受けないと年収は変わらないし、役職によっては降格することもあります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。