総合資格のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 総合資格 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 76件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 51.2 29.7 41.4
平均給与(万円/年) 552.5 440.2 56.0
有給休暇消化率 19.6 50.1 41.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。総合資格の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業代は分単位で支払われると言われていますが、実際には1時間の残業は残業前の休憩として暗黙のうちに取られ、残業とはみなされません。

voice

朝から夜まで毎日、プライベートの時間が極端に短く、残業や休日出勤はシフト制で月9日休みが当たり前。

voice

営業職でも教職でも適正な人数以下の人数で仕事をしていたので、残業時間(休日出勤含む)が月100時間を超えることも珍しくなく、実質的な年間休日日数は100日を切っていたと思います。

voice

前夜に残業や休日出勤を宣告されることもあり、女性が長くキャリアを形成するのは難しい。

voice

今はどうかわかりませんが、ワークライフバランスに関しては、かなりムラがあり、定時で帰れる雰囲気が全くなく、残業が多いため、22時過ぎに退社することも珍しくなく、終電になることもしばしば。

voice

時短勤務や計画的な有給休暇、残業なしなど、いいことを言っていても、実際には出勤してサービス残業をしなければ仕事にならないのが現実です。

voice

残業代は全額支給されますが、パソコンの電源を切ってから打ち合わせをしていたので、実際の労働時間はかなり拘束されています。

voice

相対的に時間がかかることや休日出勤などを考えると物足りないですが、慣れてしまえば好きなことができる場所です。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

権利(休暇)を主張したいなら、義務(予算)を果たせ!が合言葉です。

voice

私は入社7年間、有給休暇を1日も使ったことがありませんでしたが、それは上司が私に有給休暇を使わせたくないという意図があったからです。

voice

計画有給休暇と呼ばれる3ヶ月に1回の有給休暇を取得させようという動きがありますが、そもそも有給休暇の定義が間違っているのではないかと思います。

voice

有給休暇は3ヶ月に1日だけ取得できる「計画的有給休暇」という制度がありますが、上司の気分次第です。

voice

残業代は全額支給されますが、全額申請できるかどうかはご想像にお任せします。

voice

有給休暇を使うのであれば、その分売上が上がるまで待つ、という感覚でいいのではないでしょうか。

voice

休日出勤は当たり前で、ゴールデンウィークやお盆、お正月もありますが、そこに1ヶ月丸ごと休みを持ってくる形になります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。総合資格の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

完全歩合制ではなく、基本給(私の年齢でも25万近く)、残業代は分単位で支給されていたので、販売会社特有の「給料のバラつき」はあまりなかったと思います。

voice

基本給は世間並みですが、インセンティブはしっかりしているので、誰でも入社1年目から年収700万円を目指すことができますし、これくらい稼げないと続かないですよね。

voice

基本給は悪くないが、基本給にしがみつくような態度では長続きしない。

voice

給料は20万以上の固定給なので、結果が出なくても食っていけるが、やる気や能力がないとクビになる。

voice

年にどれだけ売れるかという基準があったので、売れていない人と売れている人ではボーナスの金額にかなりの差があり、社歴は関係ありませんでした。

voice

会社への貢献度を適切に評価し、同年代の平均以上の給与を支給します。

voice

資格手当もついていますし、建設業の経験があれば、一度取得してしまえば給料も上がります。

voice

研修部長に「うちはやりがいのない会社だから、ニンジン(高給取り)をぶら下げておけ」と言われたそうですね。

voice

繁忙月の売上を反映した繁忙月の金額は、少額のボーナス程度。

voice

繁忙期は歩合制で稼げるので給料は良いですが、閑散期は新卒社員と同じ給料になることもあります。

voice

責任者クラスはボーナスギャップがある場合があります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。総合資格はどうでしょうか。

voice

私が3年間の在職中に身につけた最も重要なスキルは「精神力」だと断言できます。

voice

営業マンの方が厳しそうだったけどね。

voice

女性が産休を取得して定時で帰れる職場だと思います。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

部長や部長レベルの人たちが常にストレスを抱えてギスギスしていて、それを下の人たちに八つ当たりしているような部署がありました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

同僚の中には触られたことがある人もいますし、言葉によるセクハラは日常茶飯事です。

voice

には有給休暇はもらえませんし(役職にもよりますが)、支店長以上になると、そう簡単には辞めてくれないと思っているので、数字を落とした途端に大きな権力を握られると思っているので、役職を取りたがらないのです。

voice

パワハラやモラルハラスメントは、それぞれの学校で、どこに配属されるかで運命が決まる。

voice

パワハラが常態化しているので、改善してほしいですね。

voice

支店長以上のレベルになると、給料が下がる、残業が増える、休日出勤が増える、休日報告が義務化される、上司からのパワハラが増える、会議に不必要な出張が増える、部下から責任を奪われる......などなど。この会社には、出世したいと思う社員がいない。

voice

多くの拠点があり、中には日常的にパワハラを受け、離職率が高い拠点もあります。

voice

関西地区の営業所では典型的なパワハラがあり、同期は絶対に辞めると言っていました。

voice

パワハラ><セクハラ><残業時間80時間以上><中途入社定着率10%>というハードルを乗り越えようとする意欲のある方のみ採用を検討してください。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

私のケースを書くと、直属の上司は、私の机を蹴ったり、オフィスの床で罵ったり怒鳴ったり、家で寝る代わりに書類の作成を命じたりと問題のある社員でした。

voice

上司が常に部下の前で怒鳴ったり唸ったりするような環境では、社員と管理職の関係は必ずしも満足のいくものではありませんでした。

voice

1年以内に30人近くが入社したが、ワンマンで高圧的な社風のために解雇され、退職した。

voice

上司から「早くお金を入れてくれ」と怒られたり、プレッシャーをかけられたりして、学生の気持ちを無視して、自宅や職場にお金を取りに行くことがよくあります。

voice

現場では、気まぐれな上司の下にいると理不尽に怒る。

voice

経営者以上の人は、マーケティングも経理も何も知らず、怒鳴り散らすだけ。

voice

悪い上司(転職しても他社から嫌われる人)は、電話でアポイントを取らないと上司から理不尽な評価を受けることが多い。

voice

プレゼン&社長の説教を聞かされて終わることが多いと思いますが、良い話が聞けて良かったです。

voice

営業は商品力があるので、無茶なダンピングや地道な営業は必要ないが、建築士の需要が高まっているにもかかわらず、候補者が減っている。

voice

今はどうなっているかわかりませんが、私が働いていた頃は、日曜・祝日出勤が義務化されていて、週に1日は休めるようになっていたのを覚えています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

パチンコ店で働くことが好きで根性がある人なら、この環境と収入で満足できるはずです。

voice

残業代も出ますので、営業力でガッツリ稼ぎたい方、体育会系が好きな方にはピッタリのお仕事です。

voice

面接では、結局、結果が出たら給料がホカホカになると言われ、典型的な営業マンの体育会系の話し方でした。

voice

上司と部下の関係が良いというよりは、軍事的な、上からの指示に絶対服従するという感じでした。

voice

仕事のレベルの割にはとても良い待遇だと思いますが、休みの日数や残業時間、在宅勤務のプレッシャーを考えると、体育会系の会社には合わない人が多いと思います。

voice

支店長になれば、営業からは外れますが、支店全体のノルマを達成する責任があるような気がします。

voice

ロールプレイや電話、上司からの叱責、重たい雰囲気の中で黙々と仕事ができるメンタリティを身につけることができました。

voice

社内政治が得意な人は残れるが、志の高い人は仕事への取り組み方がマンネリ化してしまう。

voice

ノルマが異常に高いので、マインドコントロールができないと大変です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私はもう10年近く前に退職しているので、今とは違うかもしれませんが、当時は支店で働いていたので、有給休暇はおろか、週休2日制もまともに取れていたのが夢のようでした。

voice

辞める理由としてよくあるのは、現場によっては昔ながらの上司がいるので、そのような人がいる現場に行くとすぐに辞めてしまうというもので、例えばヒモや金目当てのハスラー、仕事場についてきてサボってしまうような人などがいます。

voice

業績不振で支店長を辞任することに執拗に干渉され、退職しました。

voice

役員や役職者には自分の考えがなく、自分の考えを行動に移そうとすると、勤続10年以上の人でも後先考えずに退職に追い込まれてしまう。

voice

残りの約1割は結婚による退職という形でもありますので、社員はほぼ男性です。

voice

かなり遅い時間になっても、電話で迷惑をかけざるを得ない雰囲気で、1年も経たないうちに仲間の半数が退職してしまいました。

voice

営業職に女性は一人もいないのではないでしょうか?管理職も子供ができたら基本的には退職している。

voice

結婚して遠方に引っ越すために退職しました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

ワークライフバランスを考えているというが、実際は数字の問題であり、数字がなければ休めるわけがない。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。