東京ガス不動産のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 東京ガス不動産 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 12件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 8.4 29.7 58.5
平均給与(万円/年) 586.4 440.2 57.8
有給休暇消化率 77.4 50.1 57.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が少ない会社です。残業少ないランキングで上位20%以内に入る企業ですね。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。東京ガス不動産の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

仕事中にもかかわらず、タイムカードを先に切るように命令され、仕事が終わるまで無給残業をすることが多い。

voice

残業時間は部署によって異なりますが、私の場合は月10時間程度で、全て申請可能です。

voice

フレックスを導入することで、残業した日は家族との時間を持ち、それ以外の日は早退することが可能になります。

voice

基本的には、残業しないと終わらないような内容ではないと思います。

voice

部署によって上司の残業に対する考え方が異なる。

voice

残業代は全額支給されますが、何時間までならOKというガイドラインがあり、それを超えてしまうと経営陣に怒られてしまいます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇はできるだけ多く取得することを推奨しており、ゴールデンウィークなどの長期休暇も取りやすい環境です。

voice

残業代は支給されますが、申請が必要で、認められないと残業できないので注意が必要です。

voice

上司から有給休暇を取れと言われるなど、社員を大切にしている会社だと思います。

voice

最近は働き方の変化で休みが取りやすくなったと思うので、気にする必要はないと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。東京ガス不動産の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは充実しており、仕事のノルマがほとんど反映されていないので、満足のいく金額を受け取ることができると思います。

voice

残業はそれほど多くなく、実際に働いた時間に対する給与は満足のいくものです。

voice

その結果、社員のモチベーションを上げる仕組みがほとんどなく、個人のモチベーション以外には、経済の自由化で何が起こるかわからないので、社員のモチベーションを上げるものがないと感じています。

voice

会社の福利厚生も良く、年収に加えて住宅や賃貸住宅の補助金もあり、実質年収は900万円近く。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、東京ガス不動産ではどのような現状でしょうか

voice

介護休業制度があり、将来の親の介護を考える際の精神的な負担を軽減しています。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

年収アップが難しいという理由で辞めていく若手社員が増えている。

voice

クライアントへの担当変更の説明、後任者の選定(といっても同行していた後輩に)、業務内容の再確認を行い、退職の2ヶ月前には退職の意思を伝えました。

voice

多くの社員が会社の将来性に満足しており、離職率は非常に低いようです。

voice

専門性の狭さ 退職後に知ったのですが、これは社内でしか使えない専門性だそうです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。