富士ゼロックスシステムサービスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 富士ゼロックスシステムサービス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 83件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.6 29.7 49.3
平均給与(万円/年) 598.9 440.2 58.5
有給休暇消化率 45.5 50.1 48.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

富士ゼロックスシステムサービスに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、富士ゼロックスシステムサービスと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私の場合は、部署が閉鎖されて辞めざるを得なくなったのが現実です。

voice

あくまでも個人的な意見ですが、私が会社を辞めた理由は、職場の環境が原因でした。

voice

辞めた理由は、他にも興味のある仕事があり、働きやすい職場だったからです。

voice

早期退職や30代の大量離職により、勤続年数の少ない社員が大幅に増加しています。

voice

退職金制度が充実していて、定年まで勤めていれば大企業並みの退職金がもらえました。

voice

人間関係は良かったのですが、残念ながら私は契約社員でしかなく、当時は最長5年までしかいられず、そもそも体調を崩す前に辞めなければならなかったのですが......。

voice

グループ会社が多かったので、グループ内での就職や退職後の就職の機会を得られたことに今でも感謝しています。

voice

普通の会社なら「来ないでくれてありがとう、クビです」と言うでしょう。

voice

上に嫌われると、どんどん環境が悪くなって、引退することになった。

voice

私が契約社員として働いていたのは、お客様の現場で仕事をしていたからで、元々は契約期間が最長5年で1年ごとに更新されていたので辞めていました。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。富士ゼロックスシステムサービスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

時間はゆっくりと流れますが、瞬間的な忙しさと不規則な残業があります。

voice

残業は会社によって制限されているので、プライベートの時間もたっぷり確保できます。

voice

就業時間内に残業をしないことを重視し、管理・推進しています。

voice

公共部門(市区町村)。残業はありませんが、勤務時間中の自由度はなく、昼休みや5分休憩など、すべてが時間割で決められています。

voice

配属先にもよると思いますが、基本的には残業がないのでスケジュールが立てやすかったです。

voice

残業代の発生状況は部署によってばらつきがあり、一部の部署では過重労働となっていることが判明した。

voice

ノー残業デーが制度化され、徹底されているため、プライベートの予定を事前に立てることが比較的容易です。

voice

良い点は、面接時に伝えられた通り、残業があまりないこと。

voice

その前は制作会社で働いていたので、深夜の仕事でも問題なく受け入れられる体力と気力はあったのですが、体力を使い切ることなく、普通の職場として参加することができました。

voice

残業時間は勤務地によって異なるので、残業がある勤務地に行けばしっかり稼げます。

voice

人員確保ができた時は、仕事の分担ができ、契約社員のほとんどが定時退社ができたので、主婦や家庭のある方も働きやすかったのですが、相次ぐ退職で人手不足が続いていたため、個人差はありますが、かなりの残業を求められることもありました。

voice

近年では、週休2日制のノー残業デーや20時以降の残業時間の削減、有給休暇の積極的な取得など、ワークライフバランスの徹底を推進しており、以前に比べて大幅に改善されています。

voice

契約社員が残業などを管理してくれていたので、残業については事前に相談にのってもらえたし、残業手当もしっかりと出ていた。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

その結果、予定外の残業が増え、有給休暇を取りづらい雰囲気になってきたので、退職することにしました。

voice

先輩が先に有給休暇を申請していた場合、有給休暇を与えることができないなど、暗黙のルールがありました。

voice

夏季休暇や有給休暇があり、私の部署では実際に取得できる環境で取得していました。

voice

有給休暇は自由に取得できるので、お子さんがいる方にはとても助かります。

voice

有給休暇に加え、フレックスタイム休暇が5日あり、繁忙期以外は休みが取りやすい環境でした。

voice

上司にもよると思いますが、有給休暇はとても取りやすいです。

voice

親会社の福利厚生のほとんどが受けられるので、有給休暇が取りやすく、午前・午後の休みも申請しやすいです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。富士ゼロックスシステムサービスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは非常に大きく、やや低めの給料をカバーしているように感じました。

voice

仕事の内容に比べれば、月々の給料はそれなりに貰っていると思うのですが...。でも、いくら仕事をしてもしなくても給料は変わらないし、全然評価されないんですよね......。

voice

ボーナスが低いので、もう少しボーナスの見直しをした方が社員を引き止めることができるのではないかと感じました。

voice

最近は業績が伸び悩んでいるため、業績連動でボーナスが小さくなっているが、それでも数%程度。

voice

派遣社員だったので、給料も上がらず、やる気もあまりありませんでした。

voice

家庭を優先したいのであれば、家庭と仕事の両立はそれなりの給料でできるかもしれませんが、契約社員としては安定していません。

voice

私が入社を決めた理由は、単純作業で給料が良かったからです。

voice

入社を決めた理由は、契約社員としては給料が良い(18万円、交通費別途)、昇給が年1回ある、遅刻・早退・欠勤がなければ(有給休暇は除く)、半年ごとにインセンティブが支給される(勤続1年ごとに金額が上がる)、福利厚生が広告の通りだからです。でした。

voice

契約社員にもかかわらず、ボーナス制度がありました。

voice

勤続年数が一定以上の人はこの点数以上の点数をもらってはいけないとトップが決めていたようで、努力が給料に反映されず、日々のモチベーションを維持するのが大変でした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。富士ゼロックスシステムサービスはどうでしょうか。

voice

差別化を図るのは難しい部分もありましたが、決められたことをやるだけというメンタリティに押し付けられない自由がありました。

voice

昨年まではゼロックスらしさがあり、自由な雰囲気がありましたが、ニュージーランドの事件以降、富士フイルムは強く干渉してきてブラック企業になってしまいました。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、富士ゼロックスシステムサービスではどのような現状でしょうか

voice

休職中も役職を外されることなく、帰る場所を確保できたのはとてもありがたかったです。

voice

出産や結婚を機に退職する人が多く、精神的なストレスから休職する人も多かった。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

パワハラやいじめについて、現場の人たちにもっと教育すべきだと感じました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

一昔前よりもパワハラになっているような気がします。

voice

パワハラやセクハラに厳しく対応するために、グループ全体が必要以上に過敏になっているのではないでしょうか。

voice

研修は多いですが、○○の防止(セキュリティ違反の防止、パワハラの防止など)についての研修が多いです。

voice

ハラスメントにも対応していますし、社内にも相談窓口がありますので(確か)、そちらもご安心ください。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

経営陣の文句を声高に言ったり、制度を批判したりしている姿を見て、この会社は一筋縄ではいかないと思いました。

voice

当時の事業部長との月1回の報告会は、いわば「仕事が取れない営業マンの場」となっており、声が小さいだけで罵声を浴びせられるなど緊張感がありました。

voice

事務職ということで応募したのですが、実際は受付の仕事だったので、クレームというか、理不尽な人が来ると大変でした。

voice

公的機関に配属されたため、2週間ほど本社での研修がありましたが、実際に現場に行ってみると、覚えることが多く、お客様も多く、よく怒られるお客様もいたので、想像以上に大変でした。

voice

毎月の報告会には、当時の土木部長が出席し、成果が出ないときはもちろん、「静かにしすぎた」などと大きな声で叱責されることもありました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

面接してくれた人事の方はとても紳士的でスマートな方でしたが、実際に配属された土木部はパワハラや深夜残業が当たり前の軍隊のような感じでした。

voice

ライバル企業が政治力を行使することは、政治力がないことに等しいので、何が起こるかわかりません。

voice

その目標を達成するためには、並々ならぬ努力と根気が必要です。

voice

厳格な上下関係があり、非常にビジネスライクな職場でした。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。