Olympicのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに Olympic について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 10件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 21.3 29.7 53.3
平均給与(万円/年) 308.0 440.2 42.9
有給休暇消化率 23.0 50.1 42.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。Olympicの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

副店長になると、仕事量が一気に増え、残業も多くなります。

voice

店舗によっては、アルバイトやパートの従業員がいないため、残業が発生することもしばしば。

voice

残業した場合は1分単位での支給となります。

voice

売り場の人はわりと自由で、残業はほとんどありませんでした。

voice

と言って、残業代を全部払うわけにもいかず、タイムカードを切られても時間通りに終わらない仕事をしなければならないと上司に思われていました。

voice

転職してしばらくは店員をしていましたが、毎日残業していました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年休は自分の希望が反映されやすいので良かった。

voice

もちろん、まとまった休みが取れない担当者は、5年ぶりに家族旅行に行ったとか、そんな話をしていました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。Olympicの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業はあまりできないし、みなし残業代は給料に含まれていません。

voice

ことはありませんし、安い給料で会社員になりたい人にはお勧めです。

voice

昇進しても給料が上がらず、家族が増えても福利厚生は同業他社に比べて低く、95%が30歳までに退職している。

voice

年収300~350万円の制度で、年を重ねるごとに収入は下がっていきました。

voice

同業他社と比較してボーナスの水準が低すぎる。

voice

一般の食品部門では、給与が上がるような評価基準は特にない。

voice

生鮮部門では、技術の評価に応じて給与が上がる仕組みがある。

voice

創業者の息子であり、大学中退、ワンマン組織であり、まるで帝王学を勉強したかのように振る舞っていたが、技術は全くなく、ゴルフが趣味で、ゴルフに行く前に早朝に近所の店のゴルフショップに行き、お金を払わずにゴルフボールを持っていくなどしていた。ケチだと評判で、もちろん給料もかなり低かったそうです。40歳、50歳になると、30代の頃と同じような給料になっていることに気がついて退職した。

voice

それと鑑定評価ではお給料にあまり影響しない独自の評価制度で、モチベーションが上がりにくい。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

責任の所在によっては、基本的には下の人間のせいで、パワハラのようなことをしている人もいます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

管理職になると残業代が全く出ない、給料も正社員より低い、というのが当たり前のように聞かされていました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。