Olympicグループのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに Olympicグループ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 34件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 35.0 29.7 47.9
平均給与(万円/年) 344.8 440.2 44.9
有給休暇消化率 18.9 50.1 41.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

Olympicグループに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、Olympicグループと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。Olympicグループの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

棚上げや荷降ろしの際に深夜まで仕事をしなければならないこともありますが、休日出勤はあまりありません。

voice

残業が増えると上司がきつくなるので、タイムカードを切ってサービス残業をする人もいます。

voice

基本的に残業はほとんどなく、定時で仕事を終えることができます。

voice

サービス残業を強要することはありませんが、それをしない場合は、店舗が運営できないシフトで1日2~3時間働くことを覚悟しなければなりません。

voice

朝8時に閉店するお店もあれば、深夜1時まで営業しているお店もあり、働く環境は全く違います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

サービス業全般に言えることですが、有給休暇を取りにくい環境だと思います。

voice

シフトで休みをコントロールすることはできますが、有給休暇はそこまで取れないので、他社と同じように自分の時間を作ることは期待しない方がいいでしょう。

voice

残業の申請は当日にしなければならなかったのですが、残業の申請は隠されていて、その時は21時閉店だったのですが、売上予算がないと「予算が出るまで閉店しません」とか無茶苦茶なことを言われてしまいました。

voice

最近では有給休暇も取得している人が多いようです。

voice

現在、夏休みと冬休みをそれぞれ5日間ずつ取ることができます。

voice

基本シフト制、週休2日制、個人休暇(10日)、その他有給休暇、年間合計110日。

voice

万が一休めない場合は、日給として休みを買ってくれます。

voice

年末年始などの繁忙期はオフシーズンでもお休みが取れるので、ブラック企業ではありません。

voice

求人情報などに頼るのは、休日の補填や有給休暇が全く取れないので、あまりお勧めできないと思います。

voice

ほとんどの人が夏休み・冬休みがないこと。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。Olympicグループの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

昇進しても昇給はほとんどなく、年間昇給もほとんどありません。

voice

ボーナスは3.8ヶ月、残業時間は最大20時間、年金前払いなどを合わせて3.8ヶ月分。

voice

小売業でこれほど給料が安い会社はなかなかありません。

voice

給与は他社とそんなに変わらないと思いますが、ボーナスに上乗せされたり昇給につながるわけではないので、前年よりも頑張ろうというモチベーションにはなりません。

voice

ある時、少し年上の社員の給料を見てもらったのですが、その金額に正直愕然とし、「この会社で長く働いてはいけない」と痛感しました。

voice

給与・ボーナスともに満足しています。

voice

年に一度の昇格がないので、店長になれなければ新入社員とほぼ同じ給料です。

voice

基本給は決して高いわけではありませんが、主任になった時には実績に応じて評価されるという点ではまともです。

voice

売上の高い部署(家電製品など)に配属されない限り、給料は少なめです。

voice

先輩や上司は「給料が低い」「昇給しない」と嘆いていました。

voice

月給重視の人事制度のため、業績が良くても年収が上がらない。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。Olympicグループはどうでしょうか。

voice

社長との打ち合わせで、今まで社員を大事にしてこなかった会社なのに、突然、残業時間を減らすとか、早帰りするとか、変形労働時間制にするとかの話が30分も続き、どうしたものかと思っていたら、過労死があったらしく、ニュースにもならなかった。に闇を感じて退職しました。

voice

残業が多い上に、一度食品部門に入ると過労で有給休暇が取れない。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

転勤は多かったですが、周りも同じような人が多かったので、いじめられているなどと感じたことはありませんでした。

voice

どんなに頑張って売上を上げ、お客様からの信頼を得ようとしても、上司や周りの人から激しくいじめられました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社会人としてノルマがあるのは当たり前で、私たちにもノルマがあります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

には住めないので退職しました。

voice

仕事量の多さに精神的に参ってしまい、退職を決意。

voice

転職することにしたので、何日か職場を離れることにしました。

voice

辞めると決めたわけではありませんが、人事異動が多すぎるのではないかと疑問に思うことがあります。

voice

職場環境や人間関係も良く、続けようと思いましたが、最終的には退職することにしました。

voice

自分のやりたいことが見つかったので、辞めました。

voice

長時間労働のため、社員のモチベーションが下がり、早退する社員もいた。

voice

発展途上の若手が辞めなくても、チーフから店長までの大黒柱が辞めてしまったらマイナスだと思います。

voice

退職を意識したのは、仕事にマンネリを感じていたからです。

voice

月に数日しか休めない人が多かったのですが、主任がいい人だったので週休2日になりましたが、長年働ける環境ではないと思い退職しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。