リソー教育のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに リソー教育 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 106件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 27.2 29.7 51.0
平均給与(万円/年) 526.4 440.2 54.6
有給休暇消化率 48.7 50.1 49.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

リソー教育に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、リソー教育と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。リソー教育の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

夕方と夜がメインの時間帯なので、お昼に出勤して夜遅くに帰宅する時間帯が多く、そのバランスが良いかどうかはその人次第なのです。

voice

長時間の残業や休日出勤が当たり前で、結果が出ないのが悩みの種です。

voice

残業が少ないので、プライベートも充実できる環境だと思います。

voice

学習塾という職場の性質上、夜遅くまでの勤務となります。

voice

サービス業、特に教育業界は休日や残業が少ないところが多いと思いますが、当社はとても厳しいです。

voice

なぜなら、この時期は試験が目白押しで、先生の忙しさも他の時期ほどではないからです。しかし、この時期を除けば、自分と生徒の時間さえあれば、休みも取りやすく、残業も少ないので、プライベートの時間も確保できます。

voice

残業代は30分単位でしか支給されないので、30分単位で退社してしまうと、思ったよりも手当が少なくなってしまうことがあります。

voice

一人でできる仕事が少なく、他の人が関わっていたため、想像以上に時間がかかり、残業が多くなった月もありました。

voice

もちろん残業もありましたが、どうしても外せないものがあるときは、同僚に相談して柔軟に対応してもらいました。

voice

以前は無制限の残業を強いられていましたが、今は残業もなく、時間管理も厳しく、賞金もなくなったので、現場の士気やモチベーションが下がったと聞いています。

voice

私の性格上、残業したり、早く出勤して仕事をしようとする傾向があるのですが、この会社はそれをよく思わない風土があるようで、基本的には自分のシフトで仕事をしていました。

voice

上司からは「残業は極力しないように」と言われていたので、仕事が終われば時間を無駄にしないようにしていました。

voice

残業も多いし、システムの無駄も多い。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

粉飾疑惑の後はどうなったのか知らないが、当時は残業代の申請は2ヶ月に一度の全社朝礼でしかできなかったと記憶している。

voice

冠婚葬祭で思いがけず有給休暇を取らなければならなくなった時は、仕方がないとはいえ、申し訳ない気持ちになりました。

voice

交通費は申請すれば確実にもらえるようになっていました。

voice

私の職場では、有給休暇の取得が難しく、申請するのも気が引けるような雰囲気がありました。

voice

同じ業界にいた友人の話を聞く限りでは、塾業界の人よりも有給休暇が取りやすかったようです。

voice

福利厚生面では、上司にもよると思いますが、有給休暇は取りやすかったと思います。

voice

福利厚生はしっかりしていて満足できるものでしたが、タイムカードがなく、自分で出勤申請をしなければならないため、残業代を請求しづらい雰囲気がありました。

voice

新しい会社で働き始めた当初は、有給休暇の取得や定時退社が難しかったのですが、慣れてくると同僚と仕事を分担して調整できるようになったので、すぐに慣れてそういう環境を作った方が楽になりました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。リソー教育の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料に関しては、それなりに満足しています。

voice

教育業界にしては給料もボーナスも高いと思います。

voice

とにかく給料を稼ぎたいと思っていて、そのために私生活のほとんどを省いてもいいと思っているのなら、それは論点にならないと思います。

voice

各校舎ごとにレベルの高い中高一貫校にどれだけ入れたかを競い合い、上位の校舎の社員はボーナスが多く支給されていた。

voice

年齢に関係なく、役職や実績に応じて給与は大きく変動します。

voice

にはボーナスとしてカウントされますし、MVPアイテムとして高級時計などを選ぶと勝手にボーナスから買われてしまうので、その分が当然のように年収に加算されます。

voice

すぐに給料に反映されるような報酬は期待しない方がいいと思います。

voice

仕事自体はやりがいを感じていたが、残業や長時間労働が多く、仕事に見合わない給料の安さを理由に転職を検討した。

voice

頑張れば頑張るほど評価が上がり、給料も上がるのでやりがいがあります。

voice

教育に熱心で、例えば「先生にタダで教えてもらおう」などと考えていては、一生お金はもらえません。

voice

営業経験を重視するのではなく、精神力のある方には満足のいくお給料などの待遇を得られる環境です。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。リソー教育はどうでしょうか。

voice

正社員がアルバイトから出てくることはないので、使い捨てのイメージは間違っていません。

voice

過ぎ去る喜び、拒絶の悲しみ、年々自分に八つ当たりすることの少なさは身をもって知っていますが、正直に言葉をため込んでいた人は精神的に参ってしまうかもしれませんね。

voice

裁量労働やブラック企業という言葉もまだ公には出回っていなかった)。

voice

教育というよりも、どうやって生徒を入学させるか、ということに重点が置かれているので、教育の高貴な精神を持った人にはあまりお勧めできません。

voice

担当以外のクラスに入れるかどうかは教務スタッフが聞いてくるので、自分を抑えられればブラックではありません。

voice

管理職はヒット&ミスが多いので、全く管理職に向いていない上司の下で働いてしまうと悲惨なことになります。

voice

入社前の面接や採用通知など、会社を格式高く見せるために見事に行われていたのですが、勘違いして入社してすぐにブラック企業だとわかりました。

voice

定時退社が難しい会社もあると聞いたことがありますが、私の周りではそんなことは感じませんでした。

voice

自分の能力だけでなく、体力や精神力にも自信があれば、それが報われます。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、リソー教育ではどのような現状でしょうか

voice

退職する前に、上司や同僚をはじめ、多くの人が相談に乗ってくれて、休職扱いにならないか本当に考えてくれました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

最悪だったのは、上司が嫌がる社員のいじめ。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラを気にしすぎて講師には何も言えないため、面接などで出てくる生徒の情報は講師には内緒にしている傾向が強い。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

正直、「なんで塾業界に入ったんだろう」と理不尽な文句を言われ続けると、「なんで塾業界に入ったんだろう」と思ってしまいます。

voice

授業の準備を熱心にしている他の生徒と、何も考えずに時間を浪費しているだけの生徒とでは、給料に差がないのは理不尽だと感じました。

voice

社員の中には、講師の大学生に対してかなり高圧的な態度をとる人もいるので、気をつけた方がいいかもしれません。

voice

1ヶ月で営業マンはゼロでしたが、朝礼や帰宅前の恐ろしさはハンパなかったです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

非常に軍事的にコントロールされた組織だと思います。

voice

まともな人は辞めていくし、詰め物のFAXが回ってきても気にしない精神力(図太さ)のある人は生き残っていく。

voice

研修や会議は、洗脳的に会社の方針を教えるためのものでしかない。

voice

学校にもよると思いますが、授業前に講師全員で飲んで気合を入れることもありました。

voice

ノルマというか、目標を与えられて、上司からは、思いっきり搾り取られています(笑)。

voice

年々ノルマが厳しくなってきているが、上司もそうだ。

voice

営業にはノルマがあって、そのノルマに応じて受講生がどれだけの金額を受講できるかが決まっていると、元社員から聞いたことがあります。

voice

ノルマが厳しいので、ノルマを達成するのは難しいでしょう。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

会社自体に未来がない、未来がないと感じて退職しました。

voice

事務職は仕事量に見合った給料が支払われないため、早々に退職している。

voice

成績を上げることを重視した教室と、生徒の気持ちに寄り添った教室があると思いますが、自分が行きたいと思うようなスタイルではなかったので、退塾を考えました。

voice

私がいた教室は生徒数が少なく、明るい雰囲気を出すのが難しく、自分の思い描いていた教室ではないと感じ、退塾を考えました。

voice

関わっていくうちに、また教える立場になりたいと思い、タイミングよくそのように働ける場所への異動のオファーを受けて、退職しました。

voice

保護者に危機感を持たせ、多くの科目を受講させ、月謝を上げるという営業手法は、本質的な教育とはかけ離れたもので、本人は失望し、退学に至った。

voice

私が退職した理由は、徹底した利益追求型の社風だったからです。

voice

この度、教室経営を引退することになり、生徒に直接教えたいと思いました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

女性の働きやすさという点では特に問題はなく、お客さんとなる親御さんにも好評だったようです。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

予算を達成したように見せるために細かいことは言えないけど、犯罪スレスレをやってる会社だから、毎年IRで売上目標を達成したとか発表してるんだよね。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。