株式会社Wizのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社Wiz について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 40件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 35.7 29.7 47.6
平均給与(万円/年) 333.8 440.2 44.3
有給休暇消化率 44.9 50.1 48.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社Wizはどうでしょうか。

voice

定時で帰れる=会社の行事だけで、全く意味がない。

voice

良い意味でアナログなので、知識がなくてもある程度の成果は得られるのですが、事業仕分けを間違えると悲惨な結果になることもあります。

voice

定時は17時30分だったので、予約が入っていた時は17時30分には帰れました。

voice

精神的に自信がないと続けられない、その厳しさを垣間見ることができました。

voice

時短勤務の人は時間通りに起きることができますが、それ以外は本当に時間通りに起きることは期待できませんし、課長以上の人は21時までは定時なので、家に帰って寝て、仕事をしての永久ループです。

voice

営業がうまくいかないと給料に反映されないのは、精神的にかなりきついからでしょうし、長く働いている人はアルバイトか派遣社員が多いですね。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社Wizの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

実働7.5時間と書いてありましたが、8時間で残業は当たり前。

voice

例えば、繁忙期には、長時間労働で誰もが疲れ果てています。

voice

残業はほとんど管理されていないと言ってもいいでしょう。

voice

急に休日出勤になったことはほとんどありませんでした。

voice

休日出勤など不可能なことはありませんが、数が足りないと自営業をしている人が多く、実質的には休めても休めないところが目につきました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

営業職であれば成績は上がらないでしょうが、有給休暇を積極的に取得できる雰囲気ではありません。

voice

有給休暇自体は前もって申請しておけば取得できますし、急に有給休暇を取りたくなっても承認さえ得られれば取得できます。

voice

当たり前のことかもしれませんが、住宅手当などは申請しないともらえません。

voice

誕生日休暇やリフレッシュ休暇などがありますが、実際には有給休暇しか取れないので、あまり魅力的ではありません。

voice

数字が悪いと、月末の土曜日に休みの日があっても出勤させられる。

voice

個人営業では、目標達成のために平日の休みに関わらず、土日に出勤する社員が多いです。

voice

私が担当していた時も、休みの日に電話がかかってきたことは一度もありませんでした。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社Wizの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

入社時のボーナスやインセンティブは少なめ。

voice

出世したからといって、必ずしも給料が上がるとは限らず、目標を達成できなければ、一般的な社員よりも給料が低く、仕事量も多くなる可能性があります。

voice

福利厚生は良いのですが、みなし残業が増えたり、案件によっては正社員よりも給料の低いポジションを与えられることもあります。

voice

それに加えて従業員やインセンティブも含めた基本給が一定額支給されるので、頑張りたい人にはいいかもしれませんね。

voice

商人によっては全く稼げない商人もいるだろうし、商人にとっては達成率が悪いと基本給が下がってしまうので、もう少し基本給を増やしてほしい。

voice

長時間労働の割には同年代よりも給料が高いと思います。

voice

一定の基準を下回ると給料が上がり、仕事内容も給料も聞いていたのとは違う。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラも日常茶飯事で、離職率が非常に高い。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

誰も理不尽に怒っているわけではありませんが、どうせなら毎日数字を追うべきだという根拠も論拠もない一点張りの意見があります。

voice

上司や上司の怒鳴り声に耐えながら頑張ろうという強い意志が必要です。強い意志がないと長続きしない。

voice

社内イベントは基本的に無料で参加できるものが多いのですが、実際は強制的に参加させられていて、参加しないとかなり冷たい目で見られたり、悪い人扱いされたりします。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

多くの人は、体育会系の社風や、成績不振や心身の不調を理由とした虐待を受けて退職しています。

voice

個人的には体育会系の雰囲気で大変でした。

voice

元光通信会社出身者が多く、体育会系の文化が色濃く残っているので、それについていけないと精神的に辛いかもしれません。

voice

全体的には、とにかく根性で解決しようとする。

voice

営業は技術ではなく、気持ちの問題であり、とにかくメンタリティの問題でした。

voice

営業会社らしい体育会系の会社で、上司の指示に従う社風だと感じています。

voice

社風に合うかどうかは個人の好みによると思いますが、かなり体育会系なので雰囲気に合わないとなるとそうではないですね。

voice

事前に知っていたことですが、仕事内容や社風が体育会系だったので、違和感はありませんでした。

voice

体育会系の社風で、営業が中心なので、社内での営業力は非常に強い。

voice

目標を達成するための具体的な戦略やそのような何かの方法ではあまりありませんが、行動への精神的な呼び出しの方が多いです。

voice

みんな気合の入った女性で、男性から見ても頼りになる存在です。

voice

勘で教育した社員が後輩に勘を養っていくので、どこかで営業教育の方針を変える必要があると思います。

voice

テレマーケティングは簡単で誰でもできると聞いていたので、何の準備もせずに入社した時には、そのメンタリティは通用しませんでした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職を考えてから相談しましたが、否定されることもなく、過度に我慢することもなく、不快な思いをすることもありませんでした。

voice

もうこれ以上は体も心も持たないと思い、退職を決意しました。

voice

いろいろな上司と話し合って、ようやく退職することができました。

voice

退職金もないし、ボーナスも雀の涙程度なので、しっかりした会社に行きたいと思っていました。

voice

退職時には人事との面談があると思いますが、自分の意思が固いと手のひらを返してくるので、Uターンは難しいと思います。

voice

上司に辞任をお願いしたので、自分で人事部に面談をお願いしたのですが、人事部に相談すると言っていたのですが、何も言われませんでした。

voice

苦労して昇格しても、3ヶ月連続で休んでいると容赦なく降格されてしまう。

voice

離職率について聞くと、会社が若すぎて出せないという口コミを見たことがありますが、一般的には2年以内に半数以上が消えているそうです。

voice

私は最低でも1ヶ月、人によっては1年以上電話営業をしていましたが、ほとんどの人が嫌になって辞めていきました。

voice

退職者が多く、随時募集しています。

voice

離職率が非常に高く、月に1人以上は必ず退社していました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。