マクニカのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに マクニカ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 57件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 神奈川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 35.1 30.1 48.0
平均給与(万円/年) 568.6 431.9 58.2
有給休暇消化率 41.1 47.6 48.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある神奈川県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。マクニカの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤務時間が確認され、残業が少ない場合は警告されます。

voice

上下関係はあまり厳しくないと思いましたが、労働時間が長く、休日出勤も多く、入社前に聞いていた印象とは違っていました。

voice

男女共通ですが、少ない人手で大量の仕事をこなさなければならないため、残業が多く、他の企業に比べてワークライフバランスが取りづらい傾向にあります。

voice

一般的に営業では残業が多く、バックオフィス部門も他社に比べて残業が多いようです。

voice

もちろん残業がなかったわけではありませんが、それでも自分の効率で減らせるものであって、無茶な仕事を任されたことによる残業ではありませんでした。

voice

入社前は30時間以内と言われていたのですが、直帰後の残業時間がどれくらいあるのか会社側が把握していなかったので矛盾していました。

voice

定時を過ぎてしまうと、お客様のところに行って本社に帰ってはいけないというルールがあり、残業を強いられているように感じました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

女性が体調を崩した時にも休みを取りやすい環境が整っています。

voice

有給休暇が100%取れるのは全く問題ないし、むしろ自然な雰囲気があります。

voice

有給休暇を取得していても、夕方には普通に仕事をしている人がほとんどです。

voice

有給休暇は使いやすいのですが、部署や拠点の環境、クライアントによっては繁忙期には取りにくい印象があります。

voice

体調が悪い時は、休み明けに半日から1日かけてメールの処理をしている人もいます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。マクニカの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与面では、事前に60時間の残業を想定した給与体系になっているので、残業代は出ませんが、深夜・休日出勤については、追加で手当が出るので、満足しています。

voice

給料が良ければ、安定した生活が送れます。

voice

他社に比べて給料も良く、仕事にも満足しています。

voice

時給を考えると、自分がもらっている金額に不満があるのではないでしょうか。

voice

社宅や寮がないので、単身者や地方出身者には厳しいかもしれませんが、ボーナスや給料はある程度カバーしてくれます。

voice

若者の給料アップは、そんなに良いものではないと思います。

voice

今はどうかわかりませんが、どんなに営業成績が良くても、4年目まで給料は上がりませんでした。

voice

給与は同業他社の中では特に悪くないと思います。

voice

昔は「新横浜の不夜城」と呼ばれていたそうですが、残業が多い代わりに給料がもらえるという激しい働き方のようです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。マクニカはどうでしょうか。

voice

ブラック企業と言われていますが、どこの企業でもここまで酷いものなのでしょうか?

voice

海外メーカーと直接やりとりしている人たちも、メーカーの通訳としての仕事をしているだけで、それが楽しければそれでいいのですが、メーカーから奴隷のように扱われるのは、ちょっと違うような気がしました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

新入社員の頃は、ミスが当たり前のように受け入れられ、理不尽に叱られることもなく、新入社員を育てようとする会社の気概が感じられました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

飲み会は頻繁に行っていますが、若い体育会系の人たちと合わないと合わないですよね。

voice

ノルマはありませんが、上昇志向の強い営業マンにとっては非常にやりがいのある職場です。

voice

社員の意見をしっかりと聞いてくれたのはとても良かったのですが、営業ノルマが厳しかったので、結果を出さないと厳しい目で見てくれるので、ある程度のメンタリティを身につけることができました。

voice

顧客に採用されたとしても、顧客への提案→サンプル納品→顧客先での試作→量産という長いプロセスを経ているため、販売ノルマは厳しくありません。

voice

若手社員にも大きな権限が与えられていて、担当者一人一人が経営的な視点を持ち、人件費などを考慮して、担当した顧客や商品からどうやって利益を出すかを考えるというのは、ただノルマを達成するのとは違っていて、とても面白いと思いました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

個人的には、これ以上ここにいても昇進できないし、年を取るだけだと思ったので、辞めることにしました。

voice

今後のキャリア形成や社会・会社への貢献を十分に検討した上で、退職を決意しました。

voice

商社の仕事はメーカーの代表として、お客様とメーカーのために価値ある仕事をするにはどうしたらいいのかと悩んだ末、退職を決意。

voice

営業仲間時代は技術や知識を吸収していたが、元々技術畑だったため、営業の仕事を続けるのが苦痛になり、退職した。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。