千葉銀行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 千葉銀行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 143件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 千葉県平均 偏差値
平均残業時間(月) 23.0 27.6 51.8
平均給与(万円/年) 483.3 380.3 58.1
有給休暇消化率 80.5 47.3 59.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある千葉県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

千葉銀行に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、千葉銀行と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

会社全体で有給休暇の取得を推進しており、取得率も高い。

voice

基本的には上記の有給休暇は取得できますが、法人営業ではノルマがなかったり、支店によっては5連休しか取れないという雰囲気があります。

voice

繁忙期や週1で有給休暇が取りにくい雰囲気。

voice

女性は、年末までに取得しなければならない有給休暇を消化することができます。

voice

私の場合は、申請外の通勤にもかかわらず、労災扱いにしてくれたので、とても助かりました。

voice

支店や部署によっては難しいかもしれませんが、営業職であれば、一般的には休みたい時に休むことができます。

voice

個人経営の方がワガママで休むのは、テラーよりも簡単です(テラーはアルバイトや他の社内の休みを兼ねる必要があるため)。

voice

有給休暇は長期・短期の2種類があり、それ以外は1日単位で取得することができます。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。千葉銀行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

以前は毎日3~4時間の残業で疲れ果てていた時期もありましたが、10年ほど前から銀行業界全体がそうであったように残業が減り、昔に比べて格段に改善されています。

voice

残業は結構ありますが、全部は入れていませんし、一定時間以上入れると上司から「残業しすぎだよ」と注意されます。

voice

残業も減り、基本的には土日も休めるようになりました。

voice

残業はしっかりと管理されており、ワークライフバランスが取りやすい環境です。

voice

基本的には部署にもよると思いますが、私が働いていた部署は残業が少なかったので、自分の時間を持つことができました。

voice

ほとんどの社員が有給休暇を100%取得しており、残業時間に関しては、定時に帰れる日もあれば、残業時間を減らす努力をしています。

voice

残業も少なく、家庭との両立もしやすい環境です。

voice

部署にもよりますが、残業が少ないので定時で帰りやすい雰囲気があります。

voice

人員削減や残業時間の削減にもかかわらず、業務量は増加しています。

voice

目標という名のノルマがあり、残業も多く、辞める人の大半は辞めていくだけで、運良く本社に行かせてもらえた人は残っていく。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。千葉銀行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与水準は営業職も事務職も変わらず、ボーナスは年単位でほぼ一律。

voice

ボーナス:研修期間終了後、給与+評価で支給されます。

voice

支店長補佐になってからは、給料がすぐに上がって、やっと銀行員のような給料をもらえるようになったと感じました。

voice

3ヶ月分の給料がきちんと入金されているのを見て、「こんなにもらっているんだ」と驚いた。

voice

給料に関しては、若いうちは安いし、厳しいノルマをこなし続けて空っぽの殻になっても給料は減るよ。

voice

どんな職種でも待遇が良く、残業もほとんどなく、ボーナスもほぼ定額で、特定の担当以外は必ず土日祝日が休みになります。

voice

残業がない月はありません)仕事量が多すぎて、複雑すぎる割に給料が低すぎて、モチベーションが下がる。

voice

ボーナスは各支店の業績に左右されるため、個人の業績が良くてもボーナスが下がる可能性があります。

voice

1年目だったので給料は安いと思っていましたが、新入社員にしてはキツイ金額でした。

voice

営業職でも管理職でも男女差はなく、仕事内容が給与に影響するため、営業職や管理職になると給与水準が高くなります。

voice

同年代の友達と給料の話をしていても、「結構もらっているんだな」という印象でした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。千葉銀行はどうでしょうか。

voice

ノルマを達成することにやりがいを感じる人はいいかもしれませんが、親切で真面目な人は精神的に病んでいることが多いです。

voice

細かいことは気にせず、新卒者を大量に採用して殴り殺して、残った奴隷を使って儲けようという金融業界の風潮がある。

voice

顧客は銀行に威圧されていることが多いので、怒られたり不機嫌になったりすることが多いので、電話応対や窓口対応は精神的に辛く、やりがいを感じることはほとんどありません。

voice

家族の体調に合わせて定時出勤・退勤が可能で、家族を大切にする傾向が強かった。家族を大切にする傾向が強かった。

voice

定時帰宅を条件に正規の支店に配属されることが多く、育休明けに辞めてしまう人も少なくありません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

女性上司からはパワハラのような扱いを受けましたが、バイトが言ったことには対応してくれないので、転勤になるまで我慢していました。

voice

ここ数年、労働環境は大幅に改善され、セクハラは根絶されつつあります。

voice

当時は、いわゆるパワハラが当たり前の環境でした。

voice

当時は、セクハラやパワハラが厳しく取り締まられていませんでした。

voice

ハラスメントの扱いが厳しく、撲滅に向けての意識が強い。

voice

管理職になると男女差がないので、千葉銀行の伝統的なパワハラのような言葉を浴びせられる可能性が高くなります。

voice

小さな店舗でも比較的人数が多く、全体的にまとまっていない店舗では、お客様とのトラブルやパワハラなどが起こりやすく、仕事量が多いため、人間関係で辞めていく若手社員も多い。

voice

セクハラではありませんが、男性と親しくなると親しみを込めて呼ばれることもあるので、嫌な人は嫌かもしれませんね。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私は家庭の事情で退職しましたが、銀行は今後も成長の余地があると感じています。

voice

元々は地域に貢献したいと思って入行したのですが、今は違う道を模索しているため、退職を考えています。

voice

何も感じない人は残り、疑問を持った人は去っていくという感じです。

voice

最終的に退職を決意したのは会社の体質で、アルバイト制度があったので資格取得のために勉強していたのですが、結局は年齢のせいでダメになってしまいました。

voice

一般職では、退職をほのめかすと、より緩い部署への異動を条件に引き止められることが多いようです。

voice

今は定年退職しているのでわかりませんが、当時でも社員寮や賃貸マンションなどの制度が充実していたので、生活に困ることはありませんでした。

voice

退職したくなるまで戻りたくなるような会社です。

voice

女性に無理をさせることはできないし、若者の定年も近いので、最終的な負担は、子供がいて住宅ローンの支払いもあり、定年までのハードルが相対的に高い中間管理職にかかってくるだろう。

voice

一人一人の適性を判断できず、犠牲の文化を利用してコントロールしているため、退職者が後を絶たない。

voice

同じアルバイトをしていても、仕事のスキルや評価ではなく、最初に雇われた自治体によって時給が違うことを知り、これ以上続ける意味がないと思い退職しました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

受けなければならない資格が更新されて、上司がその資格を持っていない状況で上司に叱責されるのは腑に落ちません。

voice

絶対に参加しなければならないと言われているが、拒否権がなく、特に若い男性には強制参加という形になってしまう。

voice

女性管理職を積極的に増やしているため、女性の方が同じ役職で出世しやすいという印象が強く、ここ数年は理不尽な登用が続いている。

voice

繁忙期はさすがに忙しく、名指しで罵倒されることもありますが、基本的にはフラットな社風で、穏やかな人が多いです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

営業部長は体育会系の人が多いですが、バカばかりなので、ポイントを押さえて回れば楽になりますよ。

voice

営業現場の営業部長が旗手としての立場を示すために、純粋に体育会系の根性論で行動することが多い。

voice

非常に体育会系で上下関係のある組織です。

voice

ノルマは存在しないと言われていたが、言い換えただけの目標がある。

voice

営業所での営業は、不良債権やコンプライアンスの問題で挫折することも多く、強いメンタリティが必要とされます。

voice

保険や投資信託の販売ノルマ(銀行では目標と呼んでいる)は強制的な業務であり、本業である融資は副次的なもののようだ。

voice

ノルマを達成すると事務量も増えますが、ちょっとしたミスでも絶対に許されないので、ノルマを達成したとしても非常に神経を使います。

voice

ノルマは無謀にも課せられ、銀行員の間では顧客のために戦う緊張感がある。

voice

それ以外にも、仕事の性質上、精神的に病んでしまう人も多いと思います。

voice

毎月のノルマのために、やりたくない案件や支店のためにやらなければならない案件をやらざるを得ないことも多々あります。

voice

営業以外(ノルマがない人は働いていないのと同じ扱い)は、支店ごとに雰囲気が違い、あまりオープンではない支店が多いです。

voice

ノルマを達成することは非常に難しく、達成しても達成できなかった人との給料の差は大して変わらない。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

そのような人たちは、本当に評価されてはいけないし、罰せられるべきではない。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。