Dダイニングのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに Dダイニング について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 7件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 千葉県平均 偏差値
平均残業時間(月) 63.8 27.6 35.6
平均給与(万円/年) 416.0 380.3 52.8
有給休暇消化率 33.3 47.3 46.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある千葉県のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。Dダイニングの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

私がいた頃はサービス残業が当たり前の風潮があり、24時間営業の店舗ではほとんど夜勤の人がいて、私の場合は1ヶ月の間に昼間の仕事が何件あったか片手で数えられるくらいでした。

voice

今は24時間営業のお店が減ってきているそうで、残業も厳しくなってきているそうなので、改善しているのではないかと思います。

voice

残業は厳しいが、残業時間の請求は厳しく、仕事のフォローはかなり少ない。

voice

現実には、人手不足で自分の仕事に遅刻したり、アルバイトの欠勤や遅刻などで休日出勤したりすることがほとんどで、私生活が著しく制限されているのが実情です。

voice

物事の要点を押さえてテキパキと仕事ができる人は、極端に長時間労働にならない。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

店長に昇格した場合は、自分でシフトを作成して管理することができるので、平日の自由度が高く、有給休暇も取得できます。

voice

基本的には年2回の長期休暇があります。

voice

店舗第一主義を徹底しており、休日も電話や連絡は日常茶飯事。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。Dダイニングの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

会社の評価制度は、年に一度の昇給に関するものであり、短期的な評価制度はなく、1年サイクルでの評価となるため、慎重に検討する必要がある。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。Dダイニングはどうでしょうか。

voice

自分の上司や配属された店舗の環境にもよりますが、定時で帰れることはほとんどありません。

voice

どんな仕事でもそうですが、女性は体力や筋力が男性よりも劣っているので、資材の搬入や日々の肉体労働は少し大変かもしれません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。