キッコーマンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに キッコーマン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 23件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 千葉県平均 偏差値
平均残業時間(月) 16.4 27.6 54.4
平均給与(万円/年) 526.1 380.3 61.4
有給休暇消化率 70.0 47.3 56.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある千葉県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

キッコーマンに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、キッコーマンと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。キッコーマンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

退社時間がバラバラなので、残業量はかなり多いです。

voice

労働組合がしっかりしているため、総合職や営業職を除いて基本的な労働時間は残業少なめ。

voice

最近では、特に不要な残業についての厳しい話が多いようですが、それもなくなったようです。

voice

残業時間も職場によりますが、同業他社に比べればそれほど長くはないと思います。

voice

部署によっては長時間の残業を常時強いられている人も多く、忙しさや業務量には部署間でかなりの差がある面もあります。

voice

基本的に一般職での残業はあまりなく(部署によっては残業が必要なところもありますが)、有給休暇はほぼ全て使えます。また、給与は1000万円に達するほど高くはありませんが、その8割程度までは支給されます。

voice

残業代も残業とみなされますが、もともとその多くが給与に組み込まれていたことが影響しているのかもしれません。

voice

残業が少ないので、自己啓発には良い会社だと思います。

voice

クライアントにもよりますが、仕事量の増加に伴い、土日祝日の出勤は避けられないと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年休取得率が高く、年末には年休取得を奨励しています。

voice

年次有給休暇、半日有給休暇、時間有給休暇など様々な制度があり、有給休暇の取得を「許可を得る」のではなく「申告する」という考え方が確立されており、非常に取得しやすくなっています。

voice

年休は比較的取りやすく、お盆や年末年始には数日の休みがあります。

voice

年に数回、人事部から有給休暇の取得を勧められているので、その点では優れていると思います。

voice

原則として土日休みで、休日出勤はほとんどありません。

voice

休みは、仕事をしていなければ、とても取りやすいとされています。

voice

内職の方が楽だと思いますが、営業の場合は休みの日でも携帯に電話がかかってくることがあるので、それと割り切る必要があると思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。キッコーマンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスも年末に一時金として支給されますが、その年の会社の業績に左右されるため、年によって大きく変動するのが気になるところです。

voice

給与・ボーナスは業界でもトップクラスで、満足のいくものです。

voice

女性社員の多くは、給与やボーナスがほぼ満額支給され、2年間の休暇も充実しているため、育児休業も取得しています。

voice

給与は業界内でも遜色なく、福利厚生や手当も手厚く、いわゆる目に見えない給料となっています。

voice

給与明細には表れない部分で「見えない収入」が多い会社です。

voice

給与などは実力主義のように構築されていますが、ほとんど年功序列のようなものです。

voice

大学時代の友人よりも給料水準が高く、土日休みや有給休暇も取れるので、良い会社だと思います。

voice

営業手当、住宅手当、スーツ手当など、いわゆる目に見えない給料で生活はかなり安定しています。

voice

給与やボーナスは毎年定期的に昇給があり、業績に関係なく安定して変動しないため、家計の管理がしやすく、景気に左右されにくいのが特徴です。

voice

上位組織の組合行事への出席は、実質的には出勤と同じ扱いであり、職場を離れた日の賃金には影響がない。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。キッコーマンはどうでしょうか。

voice

とにかく誰もが知っている大企業なので、私の部署では劣悪な労働条件や労働法に抵触するようなことはありませんでした。

voice

週1回のノー残業デーがあり、社員はその日の終わりに退社します。

voice

社内の雰囲気は、定時で仕事を終わらせる雰囲気なので、基本的に定時で帰宅し、残業はほとんどありません。

voice

仕事内容が明確で、定時で上がれる日が多かったです。

voice

アルバイトと上司の間に挟まれて、精神的に大変なことになっています。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

学歴不問」「実力主義」「実力主義」「年齢に関係なく昇進できる」などと言っている企業とは対照的に、昔の日本企業のような文化なので、妙にギクシャクした感じや殺伐とした感じはありません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

現会長の政治力、経済力は圧倒的。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

頑張って結果を出そうとしましたが、何の指導も受けられず、疲れ果てて退職することになりました。

voice

実家の問題で退職しましたが、また働きたいと思っています。

voice

郡外に出る必要があったからですが、何も残す理由がなかったので、とても良かったです。

voice

理由は、ビジネスが非常に簡単で、給料が良いので、誰も辞めないからです。

voice

当時、女性社員は一度配属されると動かず、結婚して退職しそうになるまで一つの部署で終わることが多かったのですが、自分がいた部署の仕事が新しい部署に移ることで面白くなってきたこともあり、もっと仕事を覚えたいと思い退職することにしました。

voice

夫の転勤やアメリカへの転勤で退職する人も多いので、対策が必要。

voice

私がいた "病院 "は、その病院の看護師さんたちと関係を持っていて、結婚を機に退職しました。

voice

人間関係の良さやネームバリューには多少悩みましたが、自分のやりたい仕事がしたかったので辞めました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。