関彰商事のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 関彰商事 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 18件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 茨城県平均 偏差値
平均残業時間(月) 37.4 27.1 45.8
平均給与(万円/年) 354.7 376.8 48.3
有給休暇消化率 32.3 43.9 46.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある茨城県のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。関彰商事の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

全社的に労働時間の適正化に取り組んでおり、人事部ではノー残業デーなどワークライフバランスの実現に向けた取り組みを行っています。

voice

もちろん、仕事が残っていれば残業もあるかもしれませんが、上司に嫌味を言われてなかなか帰れないという状況はないと思います。

voice

部署によっては、勤怠簿をつけるなど、残業や休日出勤が適切に管理されていないところもあり、改善の余地があります。

voice

会社が古いからか、休日出勤や残業が当たり前だと思っているのかもしれません(配属先にもよると思いますが)。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は取りやすくなりましたが、仕事量は変わらないので、有給休暇を取っても仕事の電話がかかってきてしまいます。

voice

平日に有給休暇を取得したのですが、何度も電話がかかってきて休みが終わってしまいました。

voice

働き方改革を推奨しているため、以前のように休む理由を聞かれることがなくなりました。

voice

サービス業でも役職がある人は大変でしたが、困ったことがあれば上の人が助けてくれるので、後日休むことができました。

voice

特別有給休暇などの制度は、他の中小企業に比べて充実しているのではないかと考えています。

voice

福利厚生については、基本的に特筆すべき点はありませんが、有給休暇が取りにくい印象があります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。関彰商事の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業代はきちんと出るが、ボーナスは少なく、年収は年々下がっている。

voice

若手は年収が低く、いくら仕事ができなくても会社は解雇しないので、社員は勤続年数が長く、やる気のない人が多いので、年功序列の給与体系で我慢できる人にはお勧めの会社です。

voice

同じ業者の他の会社よりも給料が良かった。

voice

管理職になると福利厚生が手厚くなり、年収も安定してきます。

voice

ノルマを達成してもインセンティブや昇給がほとんどないので、モチベーションを維持するのが難しい。

voice

社内には様々な部署があり、他部署の製品をPRするために社内イベントを開催することがありますが、これらのイベントノルマ達成に伴うボーナスや昇給などは一切ありません。

voice

利益の出る部門と目標達成ボーナスがあれば、かなりの金額になります。

voice

人事評価に影響を与え、ボーナスや給与の減少につながります。

voice

優秀な成績を収めた者には、評価制度に応じてボーナスや昇格などの報奨があります。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社内では人間関係を重視していますので、上下関係や営業・管理部門などの立場を意識する必要があります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。