株式会社コジマのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社コジマ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 41件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 栃木県平均 偏差値
平均残業時間(月) 26.5 29.7 51.2
平均給与(万円/年) 384.6 366.4 51.4
有給休暇消化率 23.1 40.3 45.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある栃木県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

株式会社コジマに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社コジマと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社コジマの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

以前は1日の労働時間は12時間(残業含む)が一般的でしたが、最近は残業が認められていないため、各シフトごとに6時間、8時間、10時間の労働時間を設定し、各シフト終了時には全社員が一斉に退社するようになりました。

voice

例えば、残業時間は月40時間という明確な上限があり、それを超えた場合には、管理職や副管理職は人事部から是正勧告を受けることになります。。

voice

早く帰れるというメリットはありますが、残業はほとんどなく、給料に影響します。

voice

法律に則った残業はあまりありませんが(というか強制でほとんどないのかもしれませんが)、あるときはあるときはあるときはあります。

voice

残業は基本的に本社で管理しており、サービス残業はありません。

voice

休日出勤で仕事が終わらない社員が大半を占めています。

voice

従業員の仕事量が増え、残業したくても日中に終わらせることができない。

voice

残業すればなんとかなる収入ですが、最近は残業規制が厳しくて普通に生活するのは難しいですね。

voice

仕事量も多く、残業も多いですが、基本残業代が出るのでブラックな印象はありません。

voice

今でこそ改善されたと思いますが、当時は残業や休日出勤が多く、思うように休むことができず、家での予定も立てづらかったです。

voice

店舗の移動もありましたが、移動前は朝早くから夜遅くまで残業が続き、本当の意味で家は寝るだけの場所になっていました。

voice

残業時間も本社から減らされることが多く、家庭を持ったり、マイホームを買ったりして辞めていく人が多いようです。

voice

給料を上げるためには、残業するか出世するかしないといけないのですが、お店が忙しくて残業が増えてしまいます。

voice

もちろん、残業するかしないかは自分では決められないので、上司の指示に従って退社しなければなりません。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

従業員は時間に余裕がなく、喧嘩が多かったのを覚えています。

voice

年を追うごとに社内環境がぎこちなくなってきているような気がします。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は計画的な有給休暇という形で年に2回もらえますが、それ以外は誰も取得しておらず、取得できる環境ではありません。

voice

昔は有給休暇も取れなかったのですが、今は繁忙期以外は比較的取れるようになりました(お店や上司によっては全く取れない場合もあります)。

voice

有給休暇はほとんど消化できない。

voice

在職中は有給休暇を全く消化できませんでした。

voice

公休と合わせて4連休などの取得も可能です。

voice

有給休暇はありますが、管理者次第でした...昔は有給休暇の買い取り制度があったような気がします。

voice

有給休暇はほとんど取れないので(ビックカメラグループになってからは半年に一度は強制的に取らされていますが)、もっと取りやすい環境を作った方がいいと思います。

voice

働き方改革の結果、以前はほとんど取得できなかった有給休暇が取得できるようになりました。

voice

有給休暇は年間2~3日しか取れないので、あまり期待できません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社コジマの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

昇給はほとんどないので、10年働いても10年働かなくても、入社時とほとんど変わりません。

voice

売上ノルマはなく、大きな売上を上げてもボーナスや昇給はありません。

voice

給料は安いけど大丈夫!やりがいがある!?結婚したら確実にできないお給料です。

voice

今では役職にもランクがあり、徐々に給与に反映されています。

voice

ボーナスは以前よりも若干増えたとはいえ、残業代はヘリコプターの年収に換算すると減っています。

voice

非常に厳しい状況であったにもかかわらず、夏のボーナスは手元に7万ほどありました。

voice

契約社員であれば、何年いても給料は変わりません。

voice

私が入社した時は電気屋さんが少なく、給料もボーナスももちろん支給されていました。

voice

家族手当があっても、残業しなければ手取り17万弱、有給休暇は年20日と、基本的な手当が取れる環境ではありません。

voice

給料は安いですが、お店の雰囲気は割と良いです。

voice

ボーナスや定期の給料が低すぎて、家族を養っている人なら共働きになってしまう。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社コジマはどうでしょうか。

voice

精神的なプレッシャーも他社に比べて低く、働きやすい環境です。

voice

店舗単位では一致しているように見えても、上の人によって全然違うので、常に上司の意見を聞くように精神的に追い込まれていました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラに屈しない根性があれば、どんどん降格されても頑張れると思います。

voice

上司にもよりますが、バレるとパワハラを受けたりと、かなり可哀想な人もいました。

voice

女性のパワハラやセクハラがないように会社が一丸となって取り組んでおり、働きやすい職場だと思います。

voice

セクシャルハラスメントなどの本部への通報窓口も設置されています。

voice

店舗によってはパワハラをする上司もいたので、上司とうまくいかないと辞めていく人もいたし、人事も左遷されていました。

voice

女性がお客様からのセクハラの被害を最も受けやすいからです。

voice

残業に反対しているわけではありませんし、それが自分の地位向上につながるのであれば楽しいのですが、残業の内容は担当者にもよりますし、自分の仕事を後回しにしがちですし、自分の仕事の不備を指摘されるのはパワハラのような気がします...。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

私が在籍していた頃は、営業から商品の発注、商品陳列、外回りの仕事(納品、設営)まで全てやらなければならなかったのですが、売り場に立つ時間がなく、「これ以上売上を上げるな!」と怒鳴られていました。

voice

大企業だからこそ、理不尽な考え方をする上司に遭遇することもあるでしょう。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

ノルマがないので、時間に余裕を持って対応できたのも良かったです。

voice

ビックカメラの軍隊式教育方針を採用されたら大変なことになりそうですね。

voice

店長は組織的にはそれほど大きな立場ではなかったので、一般の従業員は上下関係が比較的少なく、のびのびと仕事をしていました。

voice

精神的に強い人は慣れればいいと思いますが、アルバイトをしていた人は気が狂いそうになって辞めてしまうかもしれません。

voice

教育自体は、いわゆる軍事教育ではなく、普通の教育であった。

voice

他のカメラ量販店では、大きな声で挨拶をしたり、軍隊のような雰囲気の社風がありますが、コジマにはそれがありません。

voice

私が入社した頃は上下関係が固かったのですが、最近はそのような人たちがいなくなり、上司と部下が仲良くなり、目標はあるがノルマはない。

voice

他の電気屋さんと比べてもノルマはほとんどありませんでしたが、無線のイヤホンを持っていると怒られる店長さんもいました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

赤字になるのは仕方がないと理解していますが、会社が傾いているというイメージが払拭できず、上司からの愚痴も多くなり、退職を考えています。

voice

アルバイトスタッフにも言えることですが、不安を抱えたまま現場に立たされることはストレスが溜まり、離職率の高さにつながっていると感じています。

voice

会社が大変な状況であることは十分に理解していますが、昇進や退職金など、今後の生活に不安があります。

voice

リストラはありませんが、急な転勤や非常に厳しい転勤条件で自己都合で辞めていく同僚が多いのが現状です。

voice

それと同時に、業界でのキャリアの評判が悪くなったために退職しました。

voice

当時のスローガンは「自分の健康は自分で守ろう」でしたが、それができずに退職しました。

voice

キャリアアップとポストが詰まっていたため、退職を決意。

voice

それも色々なところでやっていれば分かると思うのですが、私の場合は、時間に耐えられなくて辞めてしまいました。

voice

表面化する前に諦めて辞めてしまう人が多いと思っていました。

voice

退職理由は、とにかく基本給が安いことと、本社からの指示で意図がわからない雑務が異常に多く、営業に集中できなかったことです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。