TOKAIコミュニケーションズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに TOKAIコミュニケーションズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 31件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 静岡県平均 偏差値
平均残業時間(月) 32.4 29.8 48.9
平均給与(万円/年) 456.2 384.8 55.3
有給休暇消化率 52.1 40.4 53.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある静岡県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。TOKAIコミュニケーションズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

トップが詰まっている感があり、今のところポジションが上がっている人は少ない。

voice

昇給は少なく、入社後も手取りは減り続け、30歳になると寮費が約6万。

voice

同社は複数の業種で事業を展開しており、事業部の業績に関わらず年5ヶ月程度のボーナスを支給しています。

voice

ある意味、給料は低いが安定している。

voice

彼の初任給は他の常勤ブロードバンドスタッフよりも高かったが、5年近く勤務しても昇給はなかった。

voice

売り上げの数で給料やボーナスが変わるわけではないので、地に足の着いた人はリラックスして適当に仕事をしなければなりませんでした。

voice

住宅手当などの手当が充実しているので、年収の額面より少し上の生活水準に到達することが可能です。

voice

仕事として割り切ってしまうと、給料があるからいいけど、ビジネススキルが伸びない。

voice

住宅手当が給料に上乗せされ、子供がいても給料に上乗せされる点が気に入っています。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。TOKAIコミュニケーションズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間が月70時間を超え続けていた場合は、上司がタイムカードを改ざんしてフォローアップ報告をしていました。

voice

個人的には、早退して他の日に残業代を調整するよりも、残業をしてその分の給料をもらっていた方が嬉しかったです。

voice

仕事はそれほど大変ではなく、残業はあまりなかったと思います。

voice

部下が苦しい時も助け合い、残業しがちなプロジェクトにも率先して残業してくれる人が多かったです。

voice

バックオフィス部門では、残業は月末の月初以外は概ね1時間/日程度でした。

voice

残業代が出ないのだから、その下の1級(一般職)よりも年収が低いのは当たり前。

voice

残業が多く、自分には合わない仕事だったので、転職を考えました。

voice

システム開発なので、基本的に繁忙期であり、慢性的な残業があります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

土日を含めて7日以上連続して取得するのは申請が必要なので難しいかもしれません。

voice

計画的な有給休暇があり、年次有給休暇の取得日は毎年決定することができます。

voice

有給休暇・残業代の取得・支払いはかなり厳しく(年間7日以上の有給休暇取得が義務付けられています)。

voice

申し込み方法がもう少しわかりやすく、簡単だといいですね。

voice

評価制度では、有給休暇の取得率も評価対象となっており、積極的に有給休暇を取得するように言われているので、ワークライフバランスが取りやすいです。

voice

責任感のある人ほど、労働時間が長くなり、有給休暇が取れないと感じているようです。

voice

上司にもよると思いますが、休みが取りやすい日と取りにくい日があると思います。

voice

知名度が低いのと、申し込み方法がわかりにくいので、実際に利用している人はあまりいません。

voice

ワークライフバランスを奨励しており、有給休暇も取得しやすく、福利厚生面でも非常に社員に優しい会社です。

voice

退職するまでは、私生活の時間を確保するために長期の休みを取ることができませんでした。

voice

早めに休みを宣言しておくと、連休が取りやすくなります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。TOKAIコミュニケーションズはどうでしょうか。

voice

当時はコンプライアンスが今ほど厳しくなかったため、プロジェクトによっては長時間の残業が横行し、肉体的にも精神的にも疲弊していました。

voice

毎日ほぼ定時で働いているプロジェクトもあれば、月に300時間稼働しているプロジェクトもありました。

voice

始業時間が遅いため、定時退社後は自由に過ごす時間が少ない。

voice

ブラックな部署もあるので、良い部署に配属された方が良いでしょう。

voice

近年では、週1回の退社日やプレミアムフライデーを導入するなど、ワークライフバランスの推進に積極的に取り組んでいます。

voice

極端にホワイトな部署もあれば、ブラックな部署もあり、努力しても仕事の内容的にはなかなか改善されないのが現状です。

voice

当時は厳しいプロジェクトに参加していたので、いつも仕事でした。

voice

部署やプロジェクトにもよると思いますが、本社から見るとライフワークバランスを大切にする姿勢が見て取れます。

voice

元請けを目指している会社なので、開拓者精神のある方にはピッタリの職場です。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

風俗好きの上司に当たってしまうと、徹夜でキャバクラに行かない(もちろん自費)とか、後々陰口を叩かれて大変な思いをすることになりますよね...。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

まだパワハラ体質の会社なので、一度上司に注意されると評価が激減するので、この働き方はどこの会社でも変わらないかもしれませんが、改善されることを期待しています。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

多少の理不尽さ(持ち株会社への強制参加、意味不明な理由でボーナスが決定した場合のランクダウンなど)を飲み込めれば、良い会社だと思います。

voice

傷病者の処遇も厳しくなり、復職しても一定期間無給で働かされたり、医師の許可があってもリストラのために休職を余儀なくされたりするケースが蔓延しています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

会議は体育会系のノリで、役員が怒鳴り散らしたり、首を吊るのが当たり前のようになっていた。

voice

ほとんど実力主義で、ノルマをこなせる人には好きなようにやらせてくれるので、自分には合っていました。

voice

営業職ではない私でも、個人から部門レベルまでのノルマ管理に苦労し、役員からお叱りの手紙をもらったり、別室の上司に呼び出されて長時間過ごすこともありました。

voice

販売ノルマが高い方だと思います。

voice

もちろん、ノルマを達成するのは大変なことですが、達成した時の感動や優越感があります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

上司に辞表を提出したのですが、先に辞められてしまい、自分の辞表の話が曖昧になってしまいました。

voice

10年以上同じ仕事をしている先輩が定着しないのを見て、このままでは成長できないと思い退職を決意した。

voice

パワハラが原因で停職や退職になったという話も時々耳にします。

voice

新卒の退職率は6割以上と聞いていますが、実際に私の配属先では6人の新入社員のうち4人が半年も経たずに辞めています。

voice

私も体調を崩して仕事をクビになりましたが、当時よりも今の方が労働環境は良いのではないでしょうか。

voice

私生活の時間が取れなくなったので退職しました。

voice

そういう意味では、給与水準はわりと良いのですが、お店によってはコスト的にクビになることが多いです。

voice

会社自体は上場していて安定しているようですが、通信業界自体が先細りしているような気がして退職しました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

正直なところ、期待していた仕事は静岡だけで、東京では基本的に常駐先の事務所で下請けの仕事をしていたので、ちょっと気が重くなりました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。