日信工業のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日信工業 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 16件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 長野県平均 偏差値
平均残業時間(月) 28.4 28.3 49.9
平均給与(万円/年) 471.9 371.5 58.2
有給休暇消化率 86.3 40.3 63.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある長野県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日信工業の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

評価が曖昧なので、頑張っている人とそうでない人では給料はあまり変わりません。

voice

基本給が多く、福利厚生も充実していたので助かりました。

voice

基本給の少なさに加えて、業績給と加算給に分かれており、月収ベースでは少額で、退職金も実年収ベースでは少額です。

voice

ボーナスは高いが、基本給は普通か低いので、年収的には典型的な中小企業。

voice

通常の昇給者と昇給者では1000円の差しかないので、頑張っても頑張らなくても給料はそんなに変わらない。

voice

基本給が安く、夜勤手当がつくので、夜勤を気にしない方にはいいかもしれませんね。

voice

給与は上場企業の水準に比べて低い。

voice

と基本給が低いため、同業他社と比較しても年収は間違いなく低い。

voice

定期的に昇給があるのは良い点ですが、数は少ないです。

voice

役員ボーナスは増加するが、従業員ボーナスの月数は減少。

voice

ボーナスだけを見る限り、平均的なサラリーマンと比べても低くはないと思います。

voice

当時はボーナスが5ヶ月分以上あったので、上場企業だと思っていました。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日信工業の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

かつてはサービス残業や100時間以上の残業が当たり前だった。

voice

水曜日は基本的に定時上がりで、残業代を減らすためではなく、社員の私生活に配慮していると感じました。

voice

景気が悪くなってからは、残業時間の規制が厳しくなっているので、帰宅時間は妥当だと思います。

voice

残業に関しては、最近はコンプライアンスの関係でかなり管理が行き届いています。

voice

残業して稼いでいる人は多いけど、仕事を押し付けられている感じがしないので、精神的に病んでいるとは思えない。

voice

残業規制や有給休暇の取得義務がしっかりしているので、自分の時間を大切にすることができます。

voice

そのことを考えると、残業をしなければならず、結果的にワークライフバランスが悪くなる可能性があります。

voice

親会社の要請により、残業規制や有給休暇の取得を増やし、ワークライフバランスの確保を管理職の評価項目としている。

voice

ワークライフバランスは良いのですが、収入が残業に依存しているからといって、残業が少なくなってしまうと、結果的に収入が減ってしまいます。

voice

今でも100時間を超える部署もあり、36協定はどこへ行ってしまったのだろうか。

voice

残業代は35%、休日出勤手当は45%と高い。

voice

残業をすれば年収はそれなりに上がりますが、残業が抑制されるので、部署や業績によって給料は上下します。

voice

休みも取れないので、連休に出勤すると損した気分になりますよ。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日信工業はどうでしょうか。

voice

水曜日と金曜日は定時退社日なので、基本的には17時に退社できます。

voice

管理部門の方が定時に起きやすいと感じました。

voice

部署や勤務状況によっては22時帰宅の可能性もありますが、大抵は定時で帰ればプラス1時間程度、フレックス制の部署(技術部)は仕事の調整をすれば15時以降に帰れることが多いです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇を取得しやすい環境です。

voice

近年では、組合からの指摘が厳しくなったり、有給休暇の取得をグループ全体で目標にしたりして、有給休暇を取得しやすくなっています。

voice

部署によっては有給休暇の取得率が必ずしも高いとは言えません。

voice

暦の上では9連休とはいかないかもしれませんが、有給休暇が取りやすいので大型連休になることもあります。

voice

有給休暇も、上司から有給休暇を取るべきではないと言わないように教育されているので、取得しやすいはずです。

voice

有給休暇は20日間の取得が推奨されており、かなり優秀な部類に入ると思います。

voice

私の所属していた部署では、実際に2~3人が取得していました。

voice

リフレッシュ休暇として、オプションの連休が取れればもっと良いのですが...。

voice

ワーキングマザーが申請すれば産休・育休も取得できるのはいいですね。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

仕事が残っていて、それをして帰りたくても帰れないってどういうこと?時短勤務をハラスメントの元にしていませんか?

voice

ヒリヒリ感やカリカリ感はほとんどありません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

ここに書き込めないほど陰湿な嫌がらせを受けました。

voice

一昔前はパワハラやセクハラのようなものがありましたが、近年は管理職向けの研修やヘルプラインの充実、組合が機能しているためか、あまり聞かなくなりました。

voice

今のところはないと思いますが、セクハラがあったのは残念でした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

昔からの習慣のせいか、知恵と根性で乗り切ろうというスタンスから抜け出せていない。

voice

仕事がノルマに満たなくても働ける甘さ。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職を考える理由は給料の安さ。

voice

自分の裁量で精一杯働きたいと思い、退職しました。

voice

退職の根本的な原因は、会社の組織の研究や先行開発があまりにも薄かったことにあります。

voice

経理の離職率が異常に高いこともきちんと伝えておかなければなりません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。