ジーネットのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ジーネット について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 17件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 21.4 29.7 53.2
平均給与(万円/年) 372.4 402.8 48.1
有給休暇消化率 39.7 43.5 48.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ジーネットの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤務時間は職場にもよりますが、基本的には毎日22時くらいまで残業していました。

voice

残業は部署にもよると思いますが、あまりなかったと思います。

voice

夜遅くまで残業がなく、休日出勤もほとんどないので、仕事量に見合った給料だと思います。

voice

サラリーマンであれば、時期にもよりますが、残業はほとんどありませんでした。

voice

20時退社を明言して19時には社内システムがシャットダウンするなど、残業ができない環境が整っていることや、年に数回の休日出勤が発生した際には必ず代休や代休を取得できる環境があることは魅力的だと思います。

voice

(28歳まで・独身)最近、勤怠管理システムを変更し、残業代を1分単位で支給するようになりました。

voice

見積もりや発注など、ネジ1本から数百万円の機械まであるので、どうしても残業が増えてしまいます。

voice

営業所ほど徹底していないのが現状ですが、今後は残業規制が厳しくなることが予想されます。

voice

当時は、労働時間の短縮化の動きが強く、不要な残業をしない傾向が強まっていたように思います。不必要な残業はしないという風潮が強まっていたように思います。

voice

今はわかりませんが、当時は残業もほとんどなく、今思えばとても働きやすい環境でした。

voice

今のところ、朝早くから出勤している人もいましたが、会社としても朝早くから出勤させない方向に動いており、長時間労働を改善しようと本気で取り組んでいるのが感じられます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ジーネットの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

独身寮の資格がなくなってしまうと、家賃の負担が一気に襲ってきて、手取り額がそこまで上がっていないのに手取り額が下がってしまうこともあります。

voice

毎月の給料に満足しているとは言えませんが、ボーナスでなんとかレベルになっていると思います。

voice

私が働いていた頃は昇給が少なく、新入社員と中堅社員の給料の差はあまりなかったように思います。

voice

今は改定されたのかもしれませんが、当時はかなり給料が低く、昇給も少なかったように思います。

voice

給料は安いですが、難しい仕事はなく、安定した給料を得たい方には向いていると思います。

voice

昇給幅が小さいので、昇格しても手取りはあまり変わらないかもしれません。

voice

安定した配当政策をとっていますので、景気が悪くても貯金からボーナスを受け取ることができます。

voice

入社時の基本給と比較してみると、昇進しない限り大きくは増えません。

voice

会社が払いたくないわけではありませんが、利益率が他社に比べて非常に低いため、給料や業績がなかなか上がらないのが現実です。

voice

会社全体の平均的なボーナスについては、まず組合と会社で話し合って決定します。

voice

業績に関係なくボーナスを支給する方針だったので、業績に左右されることなく安定して働くことができ、安心して働くことができました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇も取りやすく、退職前から使い切ることができました。

voice

正直、部署の雰囲気にもよると思いますが、個人的には入社してから趣味で海外に行くために有給休暇が取れたり、連休を作ることでワークライフバランスが取れている仲間が多いようです。

voice

時差出勤や有給休暇があり、子供の送り迎えがしやすいと思います。

voice

最近では、有給休暇を1時間単位で取得できるようにするなど、従業員の労働環境を改善するために制度を変更しています。

voice

土日休みが当たり前の会社なので、プライベートも充実させることができます。

voice

営業部門は慢性的に人手不足で、なかなか有給休暇が取れない。

voice

従業員との連携がうまくいかないと店長も休みが取れないので、アルバイトの育成が必要になります。

voice

部長にもよるが、比較的休みが取りやすく、出産休暇も取得できた。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ジーネットはどうでしょうか。

voice

時短といいますが、仕事量が減るわけではありませんので、自分の都合に合わせて補っていくしかありません。

voice

会社では定時退社を推奨しているが、仕事量や訪問時間を考えると、営業マンが定時退社することは不可能である。

voice

事務系を除けば、営業職の女性は本当に困ると思います。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

ちょっと体育会系のノリがあるので、苦手な人はちょっと苦手かもしれません。

voice

基本的にノルマは上司が設定しているので、営業の意見は反映されません。

voice

営業なのでノルマはありますが、担当エリアや客層によっては無理なノルマを課せられることもあります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

親会社での新しい研修や教育を受け、このままでは自分がダメになってしまうことに気付き、退職を決意しました。

voice

辞めるタイミングといえば、出産を機に辞める人が多いですね。

voice

体調を崩して数年で退職し、今は別の業界で働いていますが、職場環境から形まで全てがズレていたと今でも感じています。

voice

出産を機に退職した女性も多いですが、今はどうでしょうか。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。