デコラティブシステムのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに デコラティブシステム について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 4件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 47.5 29.7 43.1
平均給与(万円/年) 380.0 402.8 48.6
有給休暇消化率 36.7 43.5 48.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。デコラティブシステムの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業することを良しとしない人がほとんどで、当時はタイムカードを押して時間が来たら残業する人がほとんどでした。

voice

普段はそれほど忙しくはなかったのですが、年度末は繁忙期で残業が多い社員もいました。

voice

残業や休日出勤をしている人が非常に多く、残業代が支給されれば年収が上がる。

voice

残業代は22時以降のみ支給。

voice

残業している人の方が評価されるので、会社はまず残業をしなければならない。

voice

との声が聞こえてきますが、実際には上司(特に営業)のほとんどが土日に仕事をしているのが現状です。

voice

その頃の管理職は、必要のない時はずっと喋って残業して、元々アシスタントの仕事ではないような細かい仕事までやらされて、夜10時まで残業が終わらないと、「なんで終わらないの?なんで22時まで仕事を終わらせないの?

voice

昔ながらの人が多い会社では、残業が美徳で、営業よりも内勤営業に力を入れる傾向があります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

会社全体では補欠は十分にあると考えているため、職種によっては比較的有給休暇が取りやすい環境です。

voice

とりあえず、会社は土日祝日はお休みのはずなのに、ほとんど土曜日に出勤しないと仕事にならない。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。デコラティブシステムの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給以上の手当は期待できません。

voice

翌年の昇給が少ないので、給料が上がるまでには何年もかかることになります。

voice

個人の業績に関わらず、ボーナスはほとんどありません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。デコラティブシステムはどうでしょうか。

voice

営業担当者は昼夜を問わず現場にいなければならず、休みの日でもお客様から電話がかかってくるのは大変だったようです。

voice

時間を守り、時間通りに仕事に戻る文化を作る必要があります。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

朝礼は長いが、訪問回数だけがノルマとして課せられている。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

毎月何人もの退職者が出ているので、社員は何とも思っていませんし、「まあ、そんな会社なんだな」と思っていることでしょう。

voice

社員を枠でしか見ていない上司が多く、退職者が多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。