ジェイ・エス・ビーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ジェイ・エス・ビー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 26件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 京都府平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.1 30.1 51.9
平均給与(万円/年) 372.7 397.2 48.3
有給休暇消化率 28.3 43.2 45.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある京都府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ジェイ・エス・ビーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

月曜に家を出て日曜に帰宅することも珍しくないこの時間帯は、睡眠時間が2.3時間程度しか取れないため、事故が多発するほどの忙しさです。

voice

繁忙期には、朝早くからチラシを配ったり、夜遅くまで仕事をしたりと、体調を崩しやすい時期もありました。

voice

繁忙期以外はそうでもないのですが、子持ちの女性は給料の割に残業が多くて働き続けるのが難しいと感じました。

voice

ハイシーズンは月に2日しか休みがなく、早朝から深夜まで働く日が多い。

voice

朝早くから夜遅くまでチラシ配りの仕事をしていて、1ヶ月近く休めないこともありました。

voice

深夜まで翌日の配布用のチラシを折ったり、昨日作ったチラシを翌朝早くに配ったりと、体力的にも限界でした。

voice

上場して仕事が増えるのはいいことだし、部下が残業や休日出勤をしているのに見て見ぬふりをしている。

voice

サービス残業が当たり前の時代で、多くの社員が辞めていき、毎年2月には送別会がありました。

voice

繁忙期には残業もありました。

voice

賃貸営業をしていると、特に繁忙期はストレスが溜まりやすいので、チームを引っ張って契約件数を達成するだけでなく、現場全体を見渡してフォローするヒューマンスキルが絶対に必要だと感じています。

voice

上の人はサービス残業が当たり前で当たり前だと思っているので、当面改善されることはないと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

溜まった休暇をオフピーク時に積極的に消化しようという雰囲気があるようです。

voice

有給休暇の日数を知らされずに、有給休暇が消えてしまった人がたくさんいて、そういう意味では、その部分をバカにしている。

voice

部署や配属先によって、有給休暇の取得のしやすさは異なります。

voice

有給休暇の取得が奨励されている地域とそうでない地域があります。

voice

宅建&仕事を3年以上取得して申請すれば、セパレートに昇格することができます。

voice

通常の残業では残業代の申請ができず、イベントなどの特別な日の残業としてしか扱われませんでした。

voice

有給休暇やフリータイム、21時以降の残業ができるかどうかは、配属先の店舗の忙しさや上司の考え方や能力によります。

voice

5月にはすっかり落ち着いたので、ゴールデンウィークに長期休暇を追加することができました。

voice

繁忙期(特に12月~3月)は土日の休みはないと思っておいた方がいいでしょう。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ジェイ・エス・ビーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

去年は繁忙期手当と夏のボーナスが一緒に支給されると言われましたが、それぞれの内訳がわからず、金額も前年とあまり変わらず、嫌な会社だなと思いました。

voice

査定は年に2回行われますが、これは給与やボーナスとはほとんど関係がありません。

voice

成績はボーナスに反映されることが多く、店舗の業績が良ければボーナスもアップします。

voice

2回ほど夜中の3時頃に起こされて対応しましたが、効果は小さく、精神的なプレッシャーが大きく、満足な休息も取れませんでした。

voice

基本給が低いので総合職には総合職手当がつきますが、一般的な業界ではまだまだ低いです。

voice

新入社員の基本給は14万円程度で、そこに住宅手当や資格手当が加算されます。

voice

給料もボーナスも多いし、社費も荒いお偉いさんが多い。

voice

上司に会った時に、仕事量に対して給料が減っていることを伝えたので、給料を上げるか、それが無理なら仕事量を見直すようにお願いしたのですが、どちらもしてくれませんでした。

voice

もっともっと実績を積みたい、役職や収入を増やしたいという方には物足りないかもしれませんが、今振り返ってみると、安定した給料がもらえていたので、良い会社だったと思います。

voice

在職年数を増やすための制度だが、給与はほとんど変わらず、責任だけが重くのしかかる。

voice

部署によって仕事量が違うのに、給料は役職だけで判断されているので、上がることはないでしょう。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ジェイ・エス・ビーはどうでしょうか。

voice

やむを得ない絶対的な理由がない限り、多忙な部署が規定の時間に退社して参加しなければならないのはこの時だけです。

voice

専門学校が多いお店は一年を通して忙しいようなので、ライフワークバランスは部署によりますね。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

社風としては、産休などの休暇を取得しても嫌がらせを受けることはありません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

若いからこそ、パワハラに近いことが起こることもありますが、きちんと断る勇気があれば大丈夫です。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

ノルマがないので仲が良く、全社的なイベントに参加するのも楽しかったです。

voice

先輩後輩の関係はとてもフランクで、体育会系ではなくクラブ系の雰囲気です。

voice

社員は気さくなので、ゆるく、ノルマもほとんどありません。

voice

ノルマがなく、給料が変わらない場合、忙しい店舗に配属されるのは損をした気分になることもあります。

voice

未経験者をどんどん採用しているのは、根性さえあれば不可能ではない仕事だからです。

voice

ノルマはなく、各店舗でチームワークを大切にしているので、目標を達成した時のやりがいがあります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

若いうちだけでは、この環境で働くのは難しいと思い、退職しました。

voice

勤続3年未満では退職金はもらえません。

voice

正社員になろうと思っていたのですが、8年間同じ会社に勤めていたので、そろそろ別の世界を見たいと思い、退職しました。

voice

支店によって方針が微妙に違うのは理解できるし、周りの支店と比べて自分の支店の待遇の悪さに嫌気がさして辞めたのかもしれない。

voice

退職に至った人間関係や給与面での不満は特にありませんでした。

voice

具体的なことはわかりませんが、私の印象では、管理職であっても、それに納得できずに辞めていく人が多いような気がします。

voice

退職者や現役社員との距離が近く、時々連絡を取り合うようにしています。

voice

女性は結婚を決めたら自主的に退職していると思います。

voice

ここ数年、結婚しても仕事を続ける女性社員が増えていますし、産休・育休を取得している社員も増えているので、結婚や出産後も本人の希望がなければ仕事を続けることができます。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

もちろん、この採用はいわゆる "ぶら下がりサイン "であり、私が入ったポジションが得られるはずもなく、研修を装って、事務員とはいえすぐに正社員に異動させられてしまいました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。