リンナイのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに リンナイ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 80件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 愛知県平均 偏差値
平均残業時間(月) 28.0 29.7 50.7
平均給与(万円/年) 454.7 398.3 54.0
有給休暇消化率 28.1 45.2 45.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある愛知県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

リンナイに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、リンナイと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。リンナイの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給は低いですが、ボーナスが5ヶ月分くらいあったので良かったです。

voice

売上と給料は関係なく、固定給が支給されます。

voice

頑張る人と頑張らない人では、給料が少ししか変わらないからといって、やる気が出ない。

voice

給料やボーナスも下がることなく、安定して長く働ける環境だと思いました。

voice

今の方が昇給しやすいので、金銭面では満足していると思います。

voice

総合職の多くの社員が給料の低さを嘆いていました。

voice

家賃手当も手厚く、生活に困らない程度の生活水準を維持することができました。

voice

メーカーにしては給料は過大ではないと思います。

voice

中には理不尽な要求もあるかもしれませんが、サラリーマンであることにこだわることができれば、一般的な給与よりも高い給与が期待できます。

voice

代替わりの給与はどの世代の大手と比べてもかなり少ないと思いますが、リストラとは無縁でコンスタントに働けるという点ではかなり良い位置にいると感じました。

voice

女性事務員の給料は高いと思います。

voice

ボーナスも民間企業より高いのではないでしょうか。

voice

正社員の製造部門の組立部門で働いていれば、よほどのことがない限り、ぬるい仕事でも高給取りになる。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。リンナイの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業は勤務先によりますが、営業で21時に帰れるところはないと思います。

voice

土曜日は手当をつけることができますが、上記のように50時間に組み込まなければならないので、月4回の土曜日(仮に7時間)を28時間残して、残りを通常の残業とする必要があります。

voice

朝早く出勤するとサービス残業扱いで大変でした。

voice

深夜のサービス残業で休みの日に体を癒すために使っています。

voice

残業代は平日の勤務時間数を上限に支給します。

voice

私が入社した当初は、残業が当たり前の会社から、残業をしない会社に変えようとしていたのですが、やるべきことを変えずに早く帰るという仕事にみんなで悩んでいました。

voice

仕事と家庭の両立ができているので、週末は楽しく過ごせています。

voice

残業に関しては、パソコンに無理やり怒られて改善されましたが、基本的な仕事内容は変わらないので、朝早くから出社して仕事をしなければならないなど。解決にはならない。

voice

評価は、基本的には逆らわず、所定の残業時間に多少の余裕があれば(それ以下ではない)、出世していくというものです。

voice

勤怠を入力すると月25~50時間分の残業代が申請でき、新入社員でもサラリーマンの平均年収を超えることができます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

勤務地によって異なりますが、平日の有給休暇が取りにくい場合があります。

voice

有給休暇は全社員が比較的自由に取得しており、子供や妻の病気などの突発的な理由での休暇にも寛大に対応しています。

voice

有給休暇が全く取れない環境で、とても残念でした。

voice

時間単位で有給が取れるのはいいですね。

voice

残業する理由を申請して、上司の許可を得なければなりませんでした。

voice

有給休暇の繁忙期でなければ利用しやすい会社です。

voice

有給休暇制度はありますが、営業職だとなかなか休みが取れません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。リンナイはどうでしょうか。

voice

カスタマーセンターや工場で働いている人は定時で終わることが多いようですが、営業職を目指している人は正直辞めた方がいいと思います。

voice

部署や時期にもよりますが、一般職(事務職)は基本的に定時で帰宅できます。

voice

繁忙期には毎日21時過ぎまでいる一般職もあれば、定時ですぐに帰る人もいます。

voice

10時から16時頃までできる作業、座ったままできるペンでパーツを塗る作業)なので、ライフワークバランスがとりやすいと思います。

voice

定職とは定時で仕事に復帰することを意味する、というのが会社の考えです。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

社員同士のいじめがあるような気がしますし、派遣社員の扱いも厳しいと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

工場や部署によって異なりますが、社内に浸透しているので、お世辞を言えばパワハラやセクハラを見て見ぬふりをしてくれるので、あなたへの評価が高くなります。

voice

パワハラが多く、毎年のように自殺者が出ているが、社員にも都合が悪いと箝口令を敷いて情報を隠蔽するので、社員からは信用されていない。

voice

上司にもよりますが、パワハラではないかもしれませんが、数字を埋めるために罵声を浴びせることもあります。

voice

全部とは言いませんが、ワンマンの上司はかなりの数がいるので、自他共にパワハラが多くて見ていられません。

voice

会社のパワハラの側面を把握していないという失敗を払拭できない。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

売り上げが悪い時だけ怒鳴られる上司もいました。

voice

人にもよりますが、製造現場に近づけば近づくほど罵声が聞こえてくるかもしれません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

そもそも、土日という概念が業界ではあまり知られておらず、知識や教養が高いとは言えないようで、マンパワーや根性、根性が最後に出てくる!しかし、縮小し続ける現代社会にいつまでマッチするのだろうか......。

voice

湯沸かし器を運ぶので、精神的にも体力的にも体力が必要です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

少なくとも私が働いていた頃は、結婚するには引退するしかなかったと記憶しています。

voice

定年退職の理由は結婚がメインですが、長く働く人は少ないように感じます。

voice

途中で正社員登用制度がなくなったので、仕事を辞めざるを得なくなりました。

voice

唯一子供がいた女性社員は、関連会社への転勤か、周りのことを気にして泣きながら帰っていったそうです。

voice

福利厚生が充実していて、特に社宅を貸し出しているので、給料に不満を持っている人が多く、会社にいた時に退職してしまった人もいましたが、生活は楽ではありませんでした。

voice

カウンセリングはあるのですが、結局...。将来的に働けなくなるという噂と、そこで働くことの難しさを家族に相談して、結局辞めてしまいました。

voice

とにかく覚えることが多く、電話が鳴りっぱなしでストレスが溜まっていたので、会社を辞めました。

voice

結婚・出産を機に退職する女性が多いため、制度ではなく経営方針としての女性活用を真剣に考えることが最大の課題となっています。

voice

コンプライアンスの厳しさから、業務上の不祥事には非常に厳しく、不祥事があれば減給ではなく解雇になる可能性もあるので、正々堂々と対処することが必要です。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。