リンクアカデミーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに リンクアカデミー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 44件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.8 29.7 48.4
平均給与(万円/年) 316.9 440.2 43.4
有給休暇消化率 23.6 50.1 42.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。リンクアカデミーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

毎日出勤前と出勤後に1時間程度の残業がありますが、残業代の申請は配属された教室を基準としているため、個別に申請することはできません。

voice

入社時に受けた研修の前に個別に勉強しなければならなかったのですが、朝出勤して残業して深夜近くに帰宅しなければならず、時間が取れませんでした。

voice

残業代も勤怠管理システムに入力された時間を元に計算されるため、みなし残業代以上の残業代は発生しません。

voice

給料が20万以下の人が多いので、連日深夜まで働いて年収を確保しても報酬が少ない。

voice

1年目は賞レースが多いので残業が多く、家で勉強する時間もあります。

voice

インストラクターになっても、授業中は明らかに仕事ができないので、休憩時間や残業、必要に応じて休みの日に時間を当てなければならず、ワークライフバランスが取れているとは感じませんでした。

voice

残業が多く、子供のいる女性でも毎日遅くまで働いている印象があります。

voice

上に行けば行くほど、みなし残業代以上の残業が必要になりますが、残業代を申請しにくい風土が根付いています。

voice

フレックス勤務なので、他の日の残業を減らすことができるかもしれません。

voice

サービス残業や有給休暇が実際には取れないままで、根っこの部分は変わらないと思います。

voice

その結果、勤務時間内に仕事が終わらず、帰宅してからも徹夜で資料作成に追われる日々が続いている。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

忙しくて有給休暇を取ることすら考えられない環境でした。

voice

適正な勤怠を申請した場合、限度額を超えていても上司が認めず、時間通りに行うように再提出を求めてきます。

voice

今はどうかわかりませんが、その日は有給休暇が全く取れませんでした。

voice

有給休暇でも残業でも、申請窓口に申請した時点で拒否されることは少ないのですが、申請前に上司から「申請させてください」という圧力がかかることが多いようです。

voice

有給休暇は取れないし、買い取り制度もないので、プライベートを充実させたい方には向かないかもしれません。

voice

申請書を提出するためのエアタイムがないので、残業代は出ないと思っておいた方が無難です。

voice

応募しようとしたら上司に「ふざけているのか」と言われたことがあります。と言われたことがあります。

voice

学生数が多いので土日は休みが取りにくいですが、それ以外は自由に決められます。

voice

通常の学校は日曜日が定休日ですが、一部のショッピングセンターは日曜日も営業しています。

voice

店長などの休みが少なく、なかなか休んでもらうことができませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

良い意味で上下関係が厳しくないので、上司に意見を言いやすい環境です。

voice

出店するのは明らかな間違いなのに、家賃が高かったり、ノルマが高かったり......。

voice

今はベネッセが経営していますが、昔はブラック企業で、パソコンの使い方がわからない人を説得して授業料を払っていたし、ノルマも厳しかったので、こういう小さなことでも良かったです。

voice

本社スタッフからのプレッシャーもありましたし、専務に怒鳴られたり、他のスタッフの前で叱られたり、数字が上がらないと大変でした。強かったと思います。

voice

上層部も無駄な体育会系が多く、たった数週間の研修でお客さんの前に出させるのはかなりのストレスです。

voice

2割が良くて8割が不満でもやる気力と根性があれば、長く続けられる。

voice

ゴールの根拠が曖昧で、「根性で頑張れ」という部分もありました。

voice

コースの切り替えなどのノルマがあり、それをクリアしないと本部の上司からプレッシャーをかけられていました。

voice

ノルマも罰則も給料も評価もなく、いかに授業料に見合った授業をするかということに集中する強さと大胆さがあれば、こんな仕事はありません。

voice

思ったよりも売上ノルマがキビシイですね。

voice

それは、新規獲得やコースレベルアップのノルマが厳しかったことです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。リンクアカデミーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料は非常に低く、給料の変動で下がることもあるので、我慢できる人しか残らない。

voice

いわゆる年4回のボーナスは、総合職の正社員でも他社に比べてかなり少ないと思います。

voice

一番安い人は200万円台で、強い営業マンは残り、頭はいいがコミュニケーション能力が低い人は給料が低く、すぐに辞めてしまう。

voice

景気が悪くてボーナスがなかったので30点!。

voice

入社を決めた理由は、正社員になれると思ったことと、前職よりも年収が上がると思ったからですが、入社してからは給料が減り、就業規則に記載されていたボーナスももらえませんでした。

voice

私は3ヶ月~半年のペースで10教室ほど転勤しましたが、勤務していた頃はどの教室ももちろん残業代は出ず、有給休暇は辞めた時に使われ、ボーナスも出なかったので、サービス残業になってしまいました。

voice

頑張って働いて副店長になっても役職手当は意外と少なく、他の人に責任を負わせるような仕事とのバランスが取れていない。

voice

階級によって給料が決まるので、「部下の方が給料が高い」という管理職は数多く存在します...。

voice

月給は営業成績に応じて変動し、半年ごとに基本給に加算される金額は、過去半年の営業成績によって5,000円~80,000円の間で変動します。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。リンクアカデミーはどうでしょうか。

voice

学生の能力や経済状況を全く無視してお金を払わせようとする姿勢には、ブラック以外の何物でもない。

voice

当時、アビバジャパンが倒産したばかりだったこともあり、労働条件は悲惨なものでした。

voice

時給制でも、過酷な労働環境のためか、離職率が高く、人手不足で定時から3時間後にも帰宅できないこともある。

voice

就業時間は個人の裁量に委ねられており、成績が良ければ規定時間内に終了しますが、そうでない場合はサービスを受けることになります。

voice

昔に戻れるなら、毎日出欠を書いて請求していたのですが、当時は精神的に追い詰められていたので、そうすることができませんでした。

voice

フレックスで17時に退社しても、ティッシュを手で包んだり、新入生を呼び込むためのチラシをポスティングしたりするので、時間通りに退社することができません。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、リンクアカデミーではどのような現状でしょうか

voice

1校あたり3~7人の少人数制なので、1人でも気に入らない人がいると大変です。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

お客様をカモにして、カウンセリングを装って契約を迫ることは、社内のパワハラと全く同じです。

voice

ノルマを守らない社員に「子供に食わせてもらっているのか(やる気がないのか)」と怒鳴る上司もいます。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

毎日お昼ご飯を食べながら前日の営業成績を見なければならないのと、中途半端なコースアップや学生への勧誘(スキルの低い年配の方にも同じことをしなければならない)が嫌だったのです。

voice

以前は毎日のように営業から電話がかかってきたり、会員になれないと罵声を浴びせられたりしていましたが、今はそんなことはないはずです(私が知らないだけかもしれませんが...)。

voice

教室のスタッフ同士の関係は良かったのですが、本部のスタッフに対する態度が高圧的だと感じることがありました。

voice

成績が上がると成績に反映されるので、やりがいはありましたが、正直、校舎の場所にもよるので、無理があったかどうかはわかりません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

部下へのプレッシャーが大きく、トップには営業が得意な人しかいないため、退職者が後を絶たない。

voice

退職金は勤続10年で2桁までとなり、退職金制度は廃止されます。

voice

とある理由で退職したのですが、何度も乗り換えすぎてしまいました!。

voice

給料に納得できなくて辞めましたが、良い仕事だと思っています。

voice

残業が多く、帰宅時間が深夜になることもあり、体に負担がかかることと、これ以上会社にいても退職金が出ないことから、退職を考えています。

voice

追加情報やプラン情報を教えていたのですが、生徒さんのために何をしているのか感覚がつかめず、辞めようと思いました。

voice

やはり、辞める理由は営業の大変さです。

voice

ノルマばかりで全然面白くないし、新入社員のほとんどが2年以内に辞めてしまうし、ちなみに私も去年辞めました。

voice

良い点にも書きましたが、将来性があるというだけで、現場の社員が疲弊してしまうシステムなので、新入社員の離職率が非常に高く、そこで働く社員は将来的に大変な思いをしています。

voice

退職して10年が経ちましたが、今でも何人かの元同僚や元教え子と交流があります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。