荘内銀行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 荘内銀行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 36件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 山形県平均 偏差値
平均残業時間(月) 13.3 28.8 56.1
平均給与(万円/年) 358.2 326.7 52.8
有給休暇消化率 61.4 38.2 56.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある山形県のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

荘内銀行に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、荘内銀行と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。荘内銀行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

数字を追う者は残業し、仕事をこなす者は定時で帰る。

voice

そもそも残業はしない方針で、周りから「帰れ」と言われているので、なかなか残れない。

voice

有給休暇の取得日数が増加し、残業時間の規定が強化されたことにより、残業時間が減少しました。

voice

私生活と仕事の両立で何に満足しているかという点では、担当する支店や部署、仕事の忙しさや残業の有無、年齢や性別によっても異なると思います。

voice

土日は電話当番がありますが、サービス残業に該当します。

voice

ノー残業デーを謳っているが、部署によっては残業しなければならないところもあるのに、一方的に残業代を払ってくれない。

voice

多くの管理職は、伝統的な文化であるため、残業を美徳と考え、怠惰に仕事をしているのが現状です。

voice

残業管理がしっかりしているので、私が配属された店舗では残業はほとんどありませんでした。

voice

残業はありますが、支店によっては比較的早く帰れるところもあります。

voice

良い人ばかりで残業もほとんどなく、働きやすい職場だと思います。

voice

残業時間は部署によって異なり、残業する人が特定されています。

voice

年々残業が減る傾向にあり、年に数回しか出勤していないような気がします。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は少ないが、連休は年7日/年の強制。

voice

支店にもよると思いますが、有給休暇は取りやすかったです。

voice

制度休暇以外に有給休暇を取得するのは難しい。

voice

正当な残業代を請求する人は左翼扱い。

voice

連休取得前には、引き継ぎのため残業が発生します。

voice

有給休暇を取得しても、仕事の連絡が絶えないので、休む気になれない。

voice

上司にもよると思いますが、有給休暇を充実させて、誰もが公平に取得できるようにした方がいいと思います。

voice

冠婚葬祭など、よほどの理由がない限り受けられない雰囲気があり、自由でゆったりとしたワークライフバランスのためには受けにくい。

voice

残業代は支給されますが、申請手続きの関係で残業時間は15時間分しか申請されません。

voice

自分のキャリアをイメージできるので女性も働きやすいと思いますし、子供がいる人には有給休暇もあまりうるさくなかったイメージがあります。

voice

有給休暇はいつでも消費することができますし、育児休暇を取得して職場復帰する女性も多いです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。荘内銀行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料がそれなりに高ければ仕方ないと思いますが、ボーナスが周りの友達よりずっと安くて、研修費を装って2~3万引かれてしまうのであれば仕方ないですね。

voice

よっぽどのことがない限り、収入が上がることは少ないですが、うまくいっても昇給は少ないです。

voice

ボーナスも1ヶ月単位とはいえ年2回あり、新入社員には嬉しい金額です。

voice

給与やボーナスが役職の責任を大きく逸脱している。

voice

ボーナスは年に2回あるが、成績の良い人と悪い人の差はあまりない。

voice

給与については、同業他社に比べて少し低いようです。

voice

春先の回答は、ここ数年と同じ「現状を踏まえて見送り」で、昇給の見込みすらない。

voice

母体店では明らかに激務であるにもかかわらず、給料は小規模店と同じ。

voice

同僚の一人(私と同じ日に入社した契約銀行員)は、新規支店開設の準備期間に部屋(部署ではなく部屋)に配属され、仕事もなく毎日半分遊んでいたと言っていましたが、なぜか良い評価を受け、その結果、私よりも数万円も多いボーナスを貰っていました...。

voice

増収増益を繰り返しているにもかかわらず、同業他社と比較して給与が低く、投資に対する見返りが得られていないのが実情です。

voice

給料が上がるスピードが遅く、長く働いた人が有利になる仕組みの中で、給料の上昇を実感できるのは役に就いてからでしょう。

voice

住宅手当の一部が給与に上乗せされているので、帰宅手当を含めて住宅手当の有無は、同職の従業員と表面上の従業員では年俸に約50万の差が出ます。

voice

以前は家族手当がありましたが、年収に反映されるため廃止されました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

アルバイト女性にもノルマがあるので、軽い気持ちで入っていけるポジションだと思います。

voice

預金金利とローン金利の差が縮小しているため、投信や保険の手数料収入のノルマが厳しく、最も力を入れている印象を受ける。

voice

"目標達成必至 "のスローガンの下、何があっても期末までに目標を達成しなければならないという雰囲気です。

voice

とにかく投信生保の枠が大きくて、毎日プレッシャーと戦っています。

voice

他のクレジットカードや定期預金にも軽いノルマがあります。

voice

ノルマが大きく、苦しいところもありますが、契約が取れた時の達成感はあります。

voice

個人ノルマはありませんが、支店ごとに目標があり、最終的にはその目標を達成しなければならないので、ノルマがあるのと何ら変わりはありません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。荘内銀行はどうでしょうか。

voice

倍返しの精神で仕事ができる人は、ライバル線に負けない精神で仕事ができる。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラはどこの会社でもあることですが、私は我慢できずに退職しました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

支店にもよると思いますが、飲み会などの強制的な雰囲気はなかったと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

低賃金にしがみつく理由がなかったので、失業給付を受けるための条件を満たすためだけに1年間頑張って退職しました。

voice

すると驚いたことに、上司ではない女性役員が直接私のところに来て、退職理由を聞いてきて、「正社員にするから辞表を待っていてくれ」と言われました。

voice

上司からは正社員になれるように頑張れと言われ、正社員よりも早く資格を取得して実績を上げていましたが、一向にたどり着きませんでした。

voice

若手労働者は有能な労働者から退職し、今後も働き続ける労働者は負担増にもかかわらず賃金が上がらない。

voice

結婚や出産を機に退職する人もいれば、後から戻ってくる人もいます。

voice

結婚・出産を機に退職した社員が、子育てを終えて再入社を希望する場合の制度を設けています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。