昭和産業のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 昭和産業 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 24件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 27.3 29.7 51.0
平均給与(万円/年) 447.0 440.2 50.4
有給休暇消化率 38.1 50.1 46.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

昭和産業に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、昭和産業と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。昭和産業の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

全体的には、管理部門の残業時間は少ないと思います。

voice

働き方改革もあり、残業は厳しく管理されるようになりました。

voice

早く出社して残業もしないのに、仕事量を減らす努力をしない上司だった。

voice

無駄な早起きや残業が減り、プライベートな時間が増えました。

voice

昼休み(休憩)も取れなかったのに、出勤簿を提出するたびに、出勤時間から1時間引かれ、さらに残業も減らされていました。

voice

企業は残業を極力なくそうと、いろいろな努力をしているように感じます。

voice

そもそも34時間以上の残業は禁止されており、特別な事情がある場合に限り、それを超えることはできません。

voice

組合員の残業は減りましたが、その分管理職の負担が増えているように感じます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

最終出勤日に有給休暇を取得することは難しいです。

voice

事前に申し込みをしておけば、問題なく取得できます。

voice

有給休暇も取得しやすく、年明けに有給休暇の日数を前もって計画する制度がありました。

voice

有給休暇は比較的取りやすく、時間外休暇などの制度もあります。

voice

有給休暇や夏休みも取りやすいので、ワークライフバランスは良いと思います。

voice

優しい社員が多く、女性も柔軟に対応してくれます(子供の体調不良による急な休みなど)、働きやすい環境です。

voice

仕事さえしっかりすれば、有給休暇も好きな時に取れる雰囲気でした。

voice

仕事自体は楽しいのですが、まだまだ頭の固い先輩がいるので、有給休暇が取りづらいし、働き方改革はあまり採用されていないように思います。

voice

(連休や夏休みに加えて、有給休暇を増やした10連休も可能でした)。

voice

ゴールデンウィークやお盆などの長期休暇は有給休暇で大型連休にすることができます。

voice

夏休みは一定期間内であれば自分のタイミングで取得できるので、仕事の予定や自分のスケジュールに合わせて休暇を取ることができます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。昭和産業の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

よく大企業に比べて給料が低いと言われますが、それ以上に多いと思います。

voice

20代の昇給率の低さは、若年層のモチベーションにつながっていない。

voice

冬のボーナスが少ない理由がよくわからない。

voice

インセンティブやボーナスは様々ですが、評価方法は部署やグループ内での相対評価に近く、優秀な人が多いグループでは高い評価を得ることは難しいです。

voice

年に2回ボーナスがあり、他社との差はあまりないと思います。

voice

社員のモチベーションに影響する部分だと思うので、ボーナスの割合をもう少し増やしてほしいと思う社員が多いです。

voice

昇給は基本的に年功序列に基づいて行われ、評価は年功序列に基づいて行われます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。昭和産業はどうでしょうか。

voice

通常の勤務時間は9時から18時までですが、開発業務の場合は朝一番に営業スタッフに食べ物を確認するため、7時前に出社することも珍しくありません。

voice

コンビニに関わる仕事とそうでない仕事では忙しさにかなりの差がありますが、基本的には開発スタッフが時間通りに起きることはほとんどありませんでした。

voice

本社での品質保証業務は、ほとんどが事務作業で、定時で帰宅できるので楽でした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

個人的には、「コンプライアンス」という概念が欠如しており、ハラスメントが文化として組織の中で許されなくなっていると感じました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

組合がしっかりしていて、労働基準法違反の過重労働を強要されても、相談すれば仲裁してくれる。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

のんびりしているが、上下関係や社員のしがらみ(社員旅行、組合など)にはうるさい。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

転勤も考慮してくれましたが、職場環境や人間関係、社風などに疑問を感じていたので、これを機に退職を検討しました。

voice

定年延長して歩合制で働いている人は、給料が激減してモチベーションが下がっているので、特に歩合延長2年目以降はOJTができない(1年目は地方税を払っているし、退職金もあるので何とかなっている)。先を見越して10年先を見据えた人材獲得が必要だと思います。

voice

産休・育休は名目上のもので、ほとんどの人が出産後に退職しています。

voice

現在、結婚や出産を機に退職される方も多いですが、制度が整っているので、女性が働きやすい職場だと思います。

voice

成長は必ずしも必要ではないと思いますが、社内の目標管理の問題が顕在化してきており、退職者が増えてきています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。