日本製鉄のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本製鉄 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 163件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.6 29.7 48.4
平均給与(万円/年) 566.7 440.2 56.8
有給休暇消化率 61.1 50.1 53.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

日本製鉄に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本製鉄と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本製鉄の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

入社以来、毎月80時間以上の残業をしています。

voice

製造業、生産管理などは基本的に残業時間が長く、夜勤や休日出勤もあります。

voice

月80時間以上の残業が当たり前、パワハラが当たり前の社風。

voice

休日出勤はかなりありましたが、管理されていなかったので代わりに休むことはできなかったと思います。

voice

慢性的な人員不足と効率の悪い勤務形態のため、残業時間は月100時間を超え、もちろん休日出勤もあります。

voice

労働時間の控除制度がありますが、月40時間は個人の裁量で残業時間のカウントから除外できるため、36協定内に収めるためによく利用されています。

voice

そもそも残業時間が長く、体力的にも負担が大きいため、ライフステージの変化を考えると、総合職として働き続けることは非常に難しいのが現状です。

voice

働き方改革や労働基準法の改正により、残業は法令通りに厳格に執行されるようになりました。

voice

徐々に労働時間が短縮されているのは事実ですが、ワークライフバランスへの取り組みが弱く、法定労働時間内であれば残業しなければならないように設計されています。

voice

シフト勤務の人は、早出や残業で欠勤した人の穴埋めをしなければならないことが多く、疲れてしまいます。

voice

残業時間が長いので、トータルの給与は他社よりも高いと思います。

voice

残業時間が長い(150h/m)など。社員数の問題もありましたが、情報を共有していなかったこともありました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本製鉄はどうでしょうか。

voice

今後、使い捨ての精神が根付いたらどうなるか心配です。

voice

本社からの指示は絶対的なものであるが、中間管理職が現場の状況を全く知らずに精神的に病んでしまうケースは後を絶たない。

voice

上級職の人たちは、そのような(あるいはそれ以上に)厳しい仕事をしてきたので、職場環境を改善する動きが遅すぎたと感じています。

voice

休みの日に変なことに突っ込むことが多く、一人のリーダーの趣味に付き合わされて悲惨な目に遭うこともしばしばでした。

voice

年ほど前に労基署からの指導がありましたが、状況は全く変わっていません。

voice

教育制度については、入社してから悲惨なギャップを感じました。

voice

用事を済ませて定時で帰れるのは再雇用で上司だけ。

voice

ワークライフバランスを保つためには、かなりの労力が必要だと思いますし、上からの命令に鈍感になる精神力も必要だと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇や各種休暇は権利として認められており、取得しやすいので、繁忙期でなければ確実に取得できます。

voice

年間の有給休暇日数を会社が設定して管理していることもあり、年休は取得しやすいです。

voice

部署や上司にもよりますが、有給休暇は取得しやすいです。

voice

有給休暇は取得しやすく、未消化分は翌年への繰り越しや育児休暇として扱うことができます。

voice

ワークライフバランスを謳っているが、有給休暇の取得率は年5日以下と非常に悪い。

voice

年休は取りやすいので、辛い時はちゃんと休みますと言えないと、どこかでつまずいてしまいます。

voice

会社が指定するのは年末年始のみですが、有給休暇は比較的取りやすく、特に夏季(8月のみ)は、部署によっては3日に1回は休めるので、ワークライフバランスは非常に良いと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本製鉄の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは年収に占める割合が高く、業績連動型であることから、ボーナスは年収に占める割合が高い。

voice

お給料は毎年上がっていくので、急な昇給はありませんが、毎年上がっていくので安心してください。

voice

平成22年の給与・ボーナスは53~54歳で、一般社員としては妥当な水準の給与・ボーナスを確保できたので満足しています。

voice

私は5年間そこにいましたが、残業代未払いで2回の労務監査を受けました。

voice

総合職の給料は、メーカーの中でもトップレベルの給料だと思います。

voice

大企業だからかもしれませんが、仕事で利益を出しても、ボーナスや給料に反映されることは少なく、モチベーションを維持するのは難しいです。

voice

真面目な人ほど、優秀な人も怠け者も給料はほぼ同じで、結果が給料に反映されないので、モチベーションを維持するのが難しい。

voice

年功序列で給料が上がるので、仕事があまり変わらなくても給料が上がる。

voice

新入社員は給料が少なく、給料アップのために長く勤務しなければならない。

voice

社員数よりも仕事量が圧倒的に多いのが問題ですが、残業代も多く、給料の底上げになっていると思います。

voice

言いたくはないが、何もせずに勤続年数を増やせば、それなりに給料は上がるだろう。

voice

仕事は簡単ではなく、長時間の勤務になりますが、残業代は全額支給されるので、結果的に給与は抜群に良いものになります。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、日本製鉄ではどのような現状でしょうか

voice

産業医に診てもらうことができたが、休職や退職を余儀なくされるほどのうつ病に陥った従業員も多く、それだけでは済まない。

voice

当時の上司が「人間的に能力がなくて部下を鬱にしている人だけが出世している」と言っていたのを聞いて、絶望的だと思いました。

voice

私の周りには、うつ病で休職している人が4人います。

voice

事務所にもよりますが)何かあった時には資料を作らなければならず、半年間同じ内容を作らなければならないこともあります......。そうすると、ノイローゼになったり、病気になったりする人もいます。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

一般社会人の女性には「いじめられっ子だから頑張りすぎ」と言う人が多いですが、仕事で困っていると助けてもらえません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

中高年男性社員が中心で、セクハラはひどいが、周囲に注意する雰囲気はない。

voice

男女比の問題なのかもしれませんが、ある程度のハラスメントコメントを笑って許せるメンタリティがないと厳しいと思います。

voice

パワハラやセクハラが非常に多く、特に女性のセクハラや新入社員や若手社員のパワハラが横行していました。

voice

法外なサービス残業や上司のパワハラ的な対応に耐えるのは無意味だと感じました。

voice

パワハラで会社を辞めさせるのではなく、積極的に異動を申し出るようにして、逃げられるようにした方がいいと思います。

voice

私は熟練した立場で入社しましたが、現場のオペレーターは一般的にパワハラを受けることが多いです。

voice

男女平等とはいえ、セクハラがあるところもあるので、何とかしてほしいですね。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

お昼休みに無理やり付き合ったり、話しかけたりしなければ、後で注意されます。

voice

上司が理解してくれる仕事に就いた方が、理不尽なことも少なくて済む。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

古い会社なので、昭和の価値観を持った人が多く、お酒を飲んだり、ゴルフをしたり、上下関係を鍛えられます。

voice

現場の仕事は、飲み会や運動部活動が多く、体育会系の雰囲気が強く、インドアな性格の人には難しいかもしれません。

voice

仕事以外の就業中は上下関係を要求される職場なので、それが嫌な人は無理かもしれません。

voice

体育会系的な要素もあり、場合によっては反論の余地なく玉突きされることもある。

voice

メンタルヘルスに問題を抱えている人は多いです。

voice

現場ごとに仕事内容や環境が全く異なるため、現場間での不満や葛藤、上下関係がある。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

以上の理由から、長期的には続けられないと感じ、退職を考えました。

voice

退役軍人の引退に伴い、この10年で大きな世代交代が起こるだろう。

voice

一般職への転勤制度がないため、総合職の女性は全員が退職・転職を検討している。

voice

今のところ退職を考えているので、退職した時に何が良いのかはまだわかりません。

voice

大きな会社なので、ずっとそこで働いていれば、給料も高く、退職金も出ます。

voice

キャリアパスで就職した人でも、夫の転勤で離職を余儀なくされるため、継続できない。

voice

技術力があったのは過去の話で、技術力のある人はほとんどが引退しています。

voice

カーボンファイバーなどの代替品も出てきており、将来を見越して退職しました。

voice

個人的には、社内政治的なスキルしか身につかず、個人として評価されない人間になる前にキャリアチェンジしたいと思い、退職を決意しました。

voice

ラインの仕事だったのですが、単調な仕事にやりがいを感じず、辞めることにしました。

voice

私はつまらなくなって辞めましたが、安定を求めるなら良い職場です。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

集中力を切らさずに作業をしても、安全に作業をしないと品質のミスや怪我の原因になります。

voice

中国の鉄鋼会社が粗悪な鋼材を増産すると、すぐにペタペタした粗悪な鋼材が国際市場に氾濫し、価格が急落して業績に影響を与える傾向がある。

voice

自己実現に割り切れる人だけが生き残れる会社なので、覚悟して入社する必要があります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。