近鉄エクスプレスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 近鉄エクスプレス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 78件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 35.9 29.7 47.5
平均給与(万円/年) 524.2 440.2 54.5
有給休暇消化率 39.0 50.1 46.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。近鉄エクスプレスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

海外支店の業績は好調で、今後も成長していくと思われますので、それなりの給与が期待できるのではないでしょうか。

voice

給与はホームページに掲載されている固定給に加えて、住宅手当や残業手当なども支給されるので、新入社員でも納得のいく給与を得ることができます。

voice

50歳以上で管理職でない人は大幅な減給になると聞いています。

voice

ネットでは高給取りと書かれていますが、基本給が一般的です。

voice

給与やボーナスについては、在職中は青空残業代が支給されていたので、夜遅くまで仕事をしていても苦にはなりませんでした。

voice

一般的には給料は高い方だと言われていますが、福利厚生がないので、一般的なレベルとあまり変わらないようです。

voice

研修生としての給料は若干減りますが、住宅やその他の福利厚生はすべて支給されます。

voice

賃金基準が異なると責任や職務内容が異なるため、その違いに見合った賃金基準になっていない。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。近鉄エクスプレスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間は月30~40時間以上、朝から夜までフルローテーションで勤務してもOK。

voice

残業は月40時間程度を想定しており、必要に応じて深夜勤務、休日出勤、GW出勤、年末年始出勤もあります。

voice

上の人に気に入られれば、日中サボっても文句は言われないし、長時間残業している人も多い。

voice

私が入社した時は、残業時間が月50時間以上ありました。

voice

場所にもよりますが、月に60時間以上の残業があるところも多いと思います。

voice

夕方からの繁忙職だったので、残業時間が長く、特に独身の方は残業が多く大変でした。

voice

残業時間が多く、時短勤務の女性社員でも定時に退社できない。

voice

海外支店(中国)で働いていましたが、労働時間はそこまで厳しくないと思いますし、休日出勤もほとんどなく、残業があっても基本給だけです。

voice

ここ数年、全社的な時間管理運動を展開しており、残業時間の普及・削減が進んでいる。

voice

ノートパソコンが支給された人たちは、早朝や深夜、週末にサービス業務をしたいと考えている。

voice

東京では、個人で仕事をしていて残業が多い。

voice

平日は残業が多いので、せめて土日はバランスよく仕事ができるようにしたいですね。

voice

私が退職してからは、シフトの組み方を変えるなどして残業を極力減らそうとしてくれましたし、今は少なくなったと思いますが、そもそもフォワーダーで働いている以上、残業や激務は避けられないという論調なのではないでしょうか。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

今の時代だからか、有給休暇はとても取りやすいです。

voice

インフルエンザが流行している間は休むように指示され、また有給休暇を取るように指示した社員もいました。

voice

たまに子供の病気で休む人もいましたが、特に嫌がられることはありませんでした。

voice

有給休暇の取得率は非常に低いが、3年ごとに連休を取得できる制度がある。

voice

私の営業所では、営業チームであれば、チーム内で調整して、月1回の有給休暇制度に取り組んでいます。

voice

有給休暇の取得率も悪くない。

voice

有給休暇は場所にもよりますが、基本的にはテンプやアルバイトが多いので取りにくいと思います。

voice

有給休暇が取りやすいのはいいのですが、休んだ後に溜まる仕事の量が半端ではありません。

voice

福利厚生も良く、休暇や有給休暇も取りやすく、満足しています。

voice

毎日定時に退社するのは大変ですが、夏休みは7日間与えられており、お互いに協力し合って全日分を確保しようという雰囲気がありました。

voice

事業所やチームも積極的に有給休暇を取得させようとしています。

voice

同級生が有給休暇を取ったと聞いて、うらやましくて仕方がありませんでした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。近鉄エクスプレスはどうでしょうか。

voice

部署によって仕事内容は異なりますが、私が所属していた通関部門では、担当していた会社によっては定時で帰宅する人が数人いました。

voice

会社の認知度は上がったとはいえ、仕事柄、毎日定時退社するのは難しい状況でした。

voice

当時、私が所属していた部署では、決して定時ではありませんでしたが、仕事はやりがいがあって楽しかったです。

voice

変則的なプロジェクトが発生したときに、短時間であっても定時を過ぎて仕事をしている姿を見て、もう少し対策を考えるべきだと感じました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

他の社員(派遣社員)のことでグダグダ言っている人もいましたが、基本的には良好な関係でした。

voice

陰湿な対応をしてくれる人が各部署に何人もいて、若い人は鬱病で辞めていく人が多かった。

voice

働いていない派遣社員の女性がいて、私の陰口や噂話をしていました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

産休から復帰した女性社員が少なく、パワハラを問題視していない人が多いので、女性が働きやすい環境ではないと思います。

voice

セクハラで精神的に病んで人事部に行ったけど、なかなか辞められない人が多い。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

海外での売上が高いので、グローバル企業だと思って入社しましたが、昔ながらの体育会系の会社でした。

voice

男性は体育会系、関西弁の人たちで賑やかな雰囲気でした。

voice

新しいことをやろうとするのではなく、辛くても頑張ろうとする姿勢が評価されているような気がします。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

復帰した女性の中には、忙しさにかまけて家庭との両立ができず、退職を選んだ人もいた。

voice

退職にあたり、家庭の事情で円満に退職することができました。

voice

過度な受け身の環境にいるのが嫌で退職しました。

voice

退職後、数年働いてみたら、退職金がかなり違っていたことがわかりました。

voice

現在の経営者を見てみると、営業や海外での経験がないと経営陣に浸透することが難しく、そのための意思決定力や論理的思考力を国内の各支店で身につけることができないため、退社を検討しているとのこと。

voice

私は海外の現地採用者ですが、退職した理由は、社員を育てる社風がなく、現地採用者に昇給やボーナスを与えないからです。

voice

新入社員でここまで稼げる会社はなかなかないと退職後に実感しました。

voice

上記の理由で転勤延長をお願いしていたのですが、事後転勤を命じられ、退職を余儀なくされました。

voice

転勤のタイミングがバラバラなので、将来が不安で退職する人が多い。

voice

さすがに大企業だけあって、何事にも不満はありませんでしたが、部署によって残業の量が違い、それに圧倒されて辞めていく人もいたようです。

voice

業界最大手で給与や福利厚生も比較的良かったのですが、組織が大きかったのと、グループ会社への出向で希望の職種が見つからなかったため、退職しました。

voice

仕事の業種を変えたいと思い、退職しました。

voice

研修中は、その国で生活できるだけの給料をもらっていますが、日本の銀行口座にもお金が入っていて、帰国すると勝手に貯金が増えていくので、海外で価値観が変わったお金を持った社員が帰国時に出て行ってしまうという問題が起きていました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。