日本経済新聞社のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本経済新聞社 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 30件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 39.0 29.7 46.3
平均給与(万円/年) 688.4 440.2 63.3
有給休暇消化率 51.9 50.1 50.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本経済新聞社の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

プロジェクトによっては、残業時間がとんでもなく長くなることもあります。

voice

少なくなっても残業や土日出勤は発生しますので、いわゆるワークライフバランスを重視する方には向いていません。

voice

残業もほとんどなく、ライフワークバランスがとても良かったので、労働時間に問題はありませんでした。

voice

残業という概念があるわけではなく、新聞の編集に合わせて生活リズムを整えています。

voice

勤務時間は15時~16時頃から深夜0時頃までとなっているので、健康面ではあまりお勧めできません。

voice

少し前までは、「若い頃は●時間残業が当たり前だった」などと声を大にして言う人が多かったのですが、最近ではできるだけ残業をさせないようにするための取り組みが行われています。

voice

仕事量が多いので、残業代が一定であっても多少の残業はしなければならない。

voice

記者も内勤者も残業を減らす動きがあるようだ。

voice

シフト制の職場では、早朝・夜勤があり、給料は良いが体調を崩す人もいる。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得率が90%以上と高く、社員が休みを取りやすい環境です。

voice

今、会社は社員に有給休暇の消化を促しているので、強制的に休みを取らせることができます。

voice

平均的な会社と比べても、有給休暇の取得率はまだまだ低いと思います。

voice

働き方改革で、有給休暇も取れと言われるようになりました。

voice

休暇はほぼ確実に日曜日と隔週土曜日。

voice

他の人とシフトを相談すれば、空いた時間に休めるし、長期休暇も取りやすい。

voice

販売店にもよるので一概には言えませんが、土日祝日、平日関係なく休みが取れるのはいいと思います。

voice

有給休暇も数日付与されており、とても良い会社だと感じました。

voice

給料も良く、有給休暇もあり、管理体制も良かったです。

voice

勤務時間はかなり長く、月に休む時間もあまりなく、体力的にもきついです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本経済新聞社の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

10年目くらいまでは年功序列で一律昇給。

voice

学生のアルバイトとはいえ、「奨学金」と呼ばれるボーナスが支給されるので、経済的にも余裕があります。

voice

ジャーナリズムという職業は給料が高いが、それには理由があって、命を削ってまで給料をもらっているからだ。

voice

給料が良いので、みんな余裕があるので、お酒を分けなくても大丈夫でした。

voice

財形貯蓄、ボーナス、昇給も少々あります。

voice

私がいたところでは、遅刻しても一ヶ月間一度も到着せず、遅配もなかった場合は、翌月一日の休みがありました。

voice

それでも、多くの人が文句を言うことはないと思いますが、少なくとも今までは、マスコミの仕事は給料がいいので、セイル・ドゥ・ユーには文句を言わないでしょう。

voice

残業代も10分単位で支給されていたが、記者や編集部には検閲手当が支給されていた。

voice

当時、学生アルバイトで週3日以上働いた人には、夏と冬のボーナスが支給されていました。

voice

当然、新しい俳優さんが入ってくると、その人たちの給料に反映されるので、短期間で稼ぎたい人、独立開業したい人などがいました。

voice

チラシ配布や販売の契約があれば給料に上乗せされていましたが、店舗によって異なり、かなり曖昧です。

voice

給料はそれなりに良いですが、基本的には早朝からの勤務なので、最初のうちは生活スタイルに悩むことになるでしょう。

voice

基本給は新卒で約24万ですが、東京では家賃手当3万(単身者はプラス3,000円)、勤務手当(想定残業代)約10万。

voice

ボーナスや給料は年々下がっていて、コスト削減のプレッシャーもあり、福利厚生などもかなり貧弱でした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本経済新聞社はどうでしょうか。

voice

ネタがない日でも、何かを仕上げて書かなければならないし、誰も読まない産業新聞をめちゃくちゃな量で埋めなければならないので、入稿のプレッシャーは強烈です。

voice

厳しい部署もあると思うので、一概には言えませんが。

voice

自分をうまく調整できれば、時間通りに出発することができます。

voice

男性のように頑張ろうと思わないと、かなり厳しい職場だと思います。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

女性だけの職場だったので、ギャップがあった時の上司の世間話や僻みがひどかった。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

私はセクハラやパワハラを経験したことはありませんが、会社で何人か問題を抱えている人を知っています。

voice

男性社員からのパワハラやモラルハラスメントも深刻です。

voice

給料に不満はないが、問題は忙しいところだし、とにかく怒鳴り散らす人が多いのがネックだ。

voice

上の立場(部長クラスなど)の人との間でトラブル(パワハラなど)があっても、別の部署の部長が対応してくれたり、思いやりのある人が多かったです。

voice

彼の女性へのセクハラ発言の数々にはうんざりしています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系にはとにかく結果だけを求める社風で、それが嫌な人には全く馴染まない。

voice

心の病を患っている社員が多いためか、無料でリワークに行けたり、復職前に定例会があったりする。

voice

職場ではかなり体育会系で、先輩と後輩の線引きがはっきりしていましたが、上の人を指導・教育しているのがよくわかりました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

正直なところ、金銭的な問題で、希望退職という名目で同僚2人が事実上のリストラを受けました。

voice

このような状況ではまともな教育ができるはずもなく、営業ができる人は早々に諦めて退職してしまいました。

voice

就職して自分のできることをやっていたが、このままでは成長できないと感じ、会社を辞めることにした。

voice

祖母の介護のために退職しました。

voice

定年後も75歳まではOB健保に加入できます。

voice

リストラで多くの保養所が閉鎖されてしまったのは残念です。

voice

年配の方(特に定年後の方)とスムーズに会話ができるとなお良いですね。

voice

頑張って働くような職場ではなく、のびのびと働ける職場で、仕事量もそこまで多くなかったので、個人的には物足りなさを感じて退職しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。