ブリヂストンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ブリヂストン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 155件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 29.3 29.7 50.1
平均給与(万円/年) 611.8 440.2 59.2
有給休暇消化率 62.3 50.1 53.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

ブリヂストンに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ブリヂストンと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ブリヂストンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業は月150時間以上とかなり多く、36協定以上の申請は難しい。

voice

残業規制が厳しくなったことで、ログインやログアウトの時間が管理されるようになりました。

voice

私がいた頃は、残業は4時間単位でした。

voice

職種によって労働時間は異なり、残業時間が40時間程度の職種もあれば、10時間程度の職種もありますが、職種にとらわれない仕事は均等に配分されるので、残業時間を平準化した方が良いと思います。

voice

当時は残業代を全額請求することが難しく、休憩時間の調整など時間調整が行われていたのが非常に残念でした。

voice

裁量労働手当には20時間以上の残業代が含まれており、深夜の残業代はかなり少なく、上乗せ分しか支給されません。

voice

残業時間が長く、体調を崩して退職しました。

voice

全社的には労働時間はそれほど多くありませんが、総合職の場合は部署によってはかなりの労働時間が必要になることもあります。

voice

裁量労働制を採用しており、残業が少ない部署であれば時給が高くなります。

voice

残業も年間を通して固定されており、上司が調整してくれます。

voice

私は新入社員としてフレックスタイム制から裁量労働制になりましたが、唯一変わったことは、自分の役割や実績に応じて給与が支払われる代わりに、残業代がほとんどもらえなくなったことです。

voice

業務量が多く、時間も長いが、入社6年目くらいから裁量労働制を採用しているため、残業代は出ない。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年休はとても使いやすく、取得しないと組合や総務から連絡が来るほど徹底しています。

voice

担当の上司にもよりますが、有給休暇はかなり自由に取得できました。

voice

部署にもよりますが、残業は比較的少なく、有給休暇も取りやすいです。

voice

部署にもよると思いますが、私の部署は有給休暇だけでなく、お盆休みやゴールデンウィーク休暇も取りやすい環境にあります。

voice

私がいた部署は、有給休暇が比較的取りやすく、自由に休暇を取ることができました。

voice

年初に立てた計画通りに仕事が進んでいれば、年休も自由に取得でき、仕事と家庭の両立も比較的しやすい環境です。

voice

私の部署では、特別な事情がない限り、いつでも有給休暇を取得することができ、働いた時間分の残業代をすべてつけることができています。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ブリヂストンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業や早出、休日出勤は必ず給与に反映され、ボーナスもそれなりにあるので、一般的な製造業の会社としては年収は高いと思います。

voice

シニアポジションに上がるまでは残業代を全額しっかりと請求できますが、シニアポジションになると裁量労働になり、年収が下がってしまう人が多いようです。

voice

社内で話をすると、給料が安くて安いと言います。

voice

以前は給与やボーナスが比較的低かったのですが、年々、上場企業の中でもトップクラスの水準になるように給与やボーナスを改善しています。

voice

基本給とベアがもっと増えれば、夜勤をしなくても平均年収に到達できるので、改善が必要だと考えています。

voice

基本的に若い時は給料が低く、年を取るとそんなに悪くないように思えます。

voice

ボーナスは普通に貰えるとかなり高いと聞いたことがあります。

voice

利益が一定以下になったら⇒一緒に我慢しましょう!昇給はありません!

voice

入社前に思っていた以上に給料が良い。

voice

残業はほとんどありませんでしたが、多少の残業代は支給されますし、新入社員にはしっかりとしたボーナスもありますので、給与以外にものんびりとした企業体質だと思います。

voice

社内では、もっと上の会社を見て「少ない」と言っている人もいますが、ここ数年の業績の良さがボーナスに反映されているので、十分すぎるほどだと思います。

voice

同年代の人よりも年収が高く、仕事の仕組みもしっかりしていて、以前は残業が多かったのですが、今は改善されています。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

仕事の難しさを理由に退職するようになり、今後のキャリアに不安を感じていました。

voice

団塊の世代の定年退職に伴い、詰め込み教育があった。

voice

派遣社員だったので、契約終了時に退職しました。

voice

退職の最大の理由は、大量生産型のものづくりが自分には向いていないと感じたからだという。

voice

辞任の理由は、上司の要求に応えられないことに気づき、我慢できなくなって辞職したから。

voice

大量採用と退職の繰り返しで社員の定着ができず、既存社員の「気概と気概」に頼って乗り切らなければならない時期もありました。

voice

体力には自信がありましたが、それでも限界が来たので引退しました。

voice

辞めた理由としては、より良い給料で働けたからです。

voice

海外を拠点にキャリアパスを描いていた社員が、将来のキャリアに不安を感じて離職するケースが増えています。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ブリヂストンはどうでしょうか。

voice

サービス残業、ずさんな管理、劣悪な労働条件が蔓延しています。

voice

部署によっては定時で帰れるところもあるのに、なぜこんなに残業しなければならないのか、という不公平感が強かったです。

voice

イエスマンだけが出世する会社で、人件費削減で成果を出すために子会社の人間の待遇の悪さは言わずもがな。

voice

時間に余裕のある部署の人は休憩をたくさんとって定時で帰れたので、不公平だと思います。

voice

職場の雰囲気は肉体労働者の雰囲気なので、極端に人見知りでなければ、すぐに打ち解けることができるでしょう。

voice

労働時間の短縮や定時退社の流れは良いのですが、一部の部署や中堅社員に仕事が偏っているため、根本的な解決にはなっていないと思います。

voice

水曜日や金曜日など、定時退社を徹底するために労働組合と連携している企業もあります。

voice

定時で帰れるので、家庭との両立もしやすいです。

voice

定時出勤ができたので、社内外を問わず、みんな授業や部活に積極的に参加していました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

クリーンな会社で働きたいと思っていましたが、うつ病で休職していた社員が復帰した際に、あからさまなハラスメントを目の当たりにしてしまいました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

例えば、コンプライアンス体制、セクハラ、パワハラ、情報漏洩など。

voice

工場の労働者の中には、男性優位の考え方を持っていて、セクハラに等しい行為をしていた者もいました。

voice

トップダウンとボトムアップの押し付け、声の大きい者勝ち、パワハラが未だに横行している、小さな会社が大きくなりすぎたと感じている、転勤が多すぎる、女性優遇が多すぎる、女性は結婚・出産しても転勤しないが、入社した社員が全員女性であるため、男性の転勤が異常に増える、株主第一主義 Principle.

voice

最近では、正社員の社員が準社員にタイヤを投げつけてパワハラをしたことがニュースになりました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

最後は出向で出向させられ、会社での成績が良くなると営業マンとして慌てて会社を追放された。

voice

私が所属していた部隊では、課長レベルの叱責があまりにも厳しく、短期間で何人かが辞めてしまいました。

voice

大企業には色々な人がいて、理不尽な人もいますが、そんなに難しいことではないと思います。

voice

業績不振で上司にクビになったり、叱責されたりすることがないという安心感。

voice

私の部署では、上司の理不尽さに耐えられず、短期間で2人が辞めてしまいました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

基本的には体育会系なので、製造技術系の部署に配属された場合、特に体育会系の不合格者は難しいでしょうね。

voice

技術が競合他社より劣っていて、情報が公開されそうにない他社に対する優位性を維持するために、政治的な圧力を利用しているようだ。

voice

財閥であれば上下関係はもっと厳しくなると思いますが、さすがに創業者のことをあだ名で呼べるような率直さがあります。

voice

上下関係はあまりなく、雰囲気が良く、派遣元の方とよく飲みに行っていました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。